ベンガル猫の販売価格や餌代などお金まとめ

ベンガルは、野生のヤマネコと短毛種のイエネコを交配して誕生したアメリカ原産の猫です。唯一、イエネコの中でロゼット(2色の異なるカラーを持ったスポット)を持つ猫としても有名ですね。

ワイルドな外見をしていますが、明るく社交的でいつになっても甘えたがりな性格をしているギャップが多くの人を惹きつけていますよ。

この記事ではベンガルの販売価格や餌代など生涯にかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ベンガルの販売価格と年間かかる餌代は?

ベンガル

子猫の価格

  • 20万円

年間の餌代

  • 6万円程度

ベンガルの子猫の価格は20万円前後です。

人気がある猫種なので、ブリーダーさんは日本全国にいらっしゃいますよ。ショータイプの場合は30万円近い値がつくこともありますが、ペットタイプであれば15万円ほどで販売されていることもあります。

また、里親の募集もされていますよ。年齢など気にならなければぜひ検討してみてくださいね。

 

年間の餌代

猫は体重によって与える餌の量が決まります。餌代はキャットフードの種類によっても変わりますが、「カナガン キャットフード」で計算すると3~5kg前後のベンガルであれば年間で約5.7万円かかります。

餌以外におやつを与えたりすることも考えて、年間6万円ほど見積もっておいた方がいいですよ。

cat1_canagan

『カナガンキャットフード』の購入サイトへ

 

ベンガル、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ベンガル猫_2匹

準備しておくもの

  • ケージ
  • キャットタワー
  • 食器類
  • ケア用品
  • トイレ用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • おもちゃ

ベンガルの飼育に必要なものは「ケージ」「キャットタワー」「食器類」「ケア用品」「トイレ用品」などです。総額で3~4万円前後で揃えられますよ。

 

ケージ

ケージは病気療養の時や多頭飼いをしている場合にあると便利です。ドアを常に開けたままの状態にしておけば、出入り自由な寝床としても使うことができます。1~1.5万円ほど購入できます。

 

キャットタワー

驚くほど活発で跳躍力にも優れるベンガルには、上下運動に最適なキャットタワーも忘れずに用意してあげてくださいね。

1本柱でも問題ないですが、安定感のある2本柱タイプで高さが130~180cm程のものがおすすめですよ。10000~15000円ほどで購入できます。

 

食器類

食器類は100円ショップで販売されているものでも問題ないですが、ヒゲが当たるとストレスになるので大き目のお皿が向いていますよ。

水飲みは留守番中でも倒す心配のない給水ボトルタイプがおすすめです。価格は1000円程度で購入できますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のコーム」「シャンプー」「爪とぎ・爪切り」なども用意してくださいね。

短毛種なので被毛の手入れはコームを使った1週間に1度程度のブラッシングと1~2ヶ月に1回程度のシャンプーで大丈夫ですよ。

コームは1500円程度、シャンプーは1500円程度、爪切り・爪とぎは1500円程度で購入できます。

 

トイレ用品

猫用のトイレはシステムタイプやトレータイプなど様々な種類の商品が販売されています。

猫砂も猫によって好みが違うので、様々なものを試してみて最適なものを選んであげてくださいね。トイレは3000円程度、猫砂は一袋500円ほどで販売されていますよ。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーケース」「おもちゃ」などです。

キャリーバッグは病院へ行く時や災害時の避難に必要ですし、3000~5000円ほどで販売されているので用意しておくと安心です。

好奇心旺盛で飼い主さんと遊ぶことが大好きなので、ボールや追いかけられるおもちゃもおすすめです。5000円程度で複数購入することができますよ。

 

ベンガルの飼育はどのくらいお金がかかる?

ベンガル猫_Black

飼育にかかる合計費用

  • 約164万円

ベンガルの飼育にかかる初期費用は「子猫価格」「飼育環境の整備」を合わせた24万円ほどは最低でも用意しておかなければなりません。

また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費(ワクチン代など)」「ケア用品」を合わせて10万円程度かかります。

ベンガルの寿命は14年前後なので、生涯費用は164万円ほどかかると見積もっておく必要があります。健康的な猫種ですが、万が一のことを考えてペット保険への加入も検討してあげてくださいね。

 

充実した生活を送らせるためには見積もりは不可欠!

ベンガル猫_人間
ベンガルとの生活をより充実させるためには、飼育前の見積もりを欠かさない事が大切です。

何かがあったときに最善策を選択できるように、万全の状態で飼育を始めることが愛猫の為とも言えますよ。