ピクシーボブの販売価格や餌代などお金まとめ

ピクシーボブは野性的な外観をしていますが、犬のように投げたボールを取ってきたりリードをつけて散歩ができるともいわれているアメリカ原産の猫です。

社会性があるので他のペットや小さな子供とも仲良くできますし、穏やかで飼い主には忠実な性格をしているので初心者の人にも飼いやすい猫ですよ。

この記事ではピクシーボブの販売価格や餌代など生涯にかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ピクシーボブの販売価格と年間かかる餌代は?

ピクシーボブ1出典:www.yorkshirepixiebobs.com

子猫の価格

  • 40万円

年間の餌代

  • 8万円程度

ピクシーボブの海外での子猫の価格は7万円(600~800ドル)前後が多いです。

ペットショップで販売されることは滅多に無く国内にブリーダーさんも見当たらないので、飼育を考えているのであれば海外から輸入する必要がありますよ。

海外から輸入する場合は、手数料などを含めて猫の販売価格に30万円を余分に見積もっておくようにしてくださいね。

 

年間の餌代

猫は体重によって与える餌の量が決まります。餌代はキャットフードの種類によっても変わりますが、「カナガン」で計算すると6~8kg前後のピクシーボブであれば年間で約7.6万円かかります。

餌以外におやつを与えたりすることも考えて、年間8万円ほど見積もっておいた方がいいですよ。

cat1_canagan

『カナガンキャットフード』の購入サイトへ

 

ピクシーボブ、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ピクシーボブ2出典:www.vetstreet.com

準備しておくもの

  • ケージ
  • キャットタワー
  • 食器類
  • ケア用品
  • トイレ用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • おもちゃ

ピクシーボブの飼育に必要なものは「ケージ」「キャットタワー」「食器類」「ケア用品」「トイレ用品」などです。総額で3万円前後で揃えられますよ。

 

ケージ

ケージは病気療養の時や多頭飼いをしている場合にあると便利です。ドアを常に開けたままの状態にしておけば、出入り自由な寝床としても使うことができます。1~1.5万円ほど購入できます。

 

キャットタワー

ピクシーボブは運動が大好きな猫なので上下運動にも最適なキャットタワーも忘れずに用意してあげてください。

1本柱でも問題ないですが、安定感のある2本柱のタイプの高さが130~180cm程のものがおすすめですよ。10000~15000円ほどで購入できます。

また、爪を使って高い場所へ上るのが好きなのでロープを巻いたキャットツリーなどでも代用は利きますよ。

 

食器類

食器類は100円ショップで販売されているものでも大丈夫ですが、ヒゲが当たらない大きさで重さがある浅いお皿が向いています。

水飲みは留守番中でも倒す心配のない給水ボトルタイプがおすすめです。価格は1000円程度で購入できますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のコーム」「シャンプー」「爪とぎ・爪切り」なども用意してくださいね。

被毛は絡みにくいですがダブルコートなので、皮膚疾患を防ぐ為にも週1~2回程度しっかりとブラッシングと月1回程度のシャンプーをしてあげてください。

コームは1500円程度、シャンプーは1500円程度、爪切り・爪とぎは1500円程度で購入できますよ。

 

トイレ用品

猫用のトイレはシステムタイプやトレータイプなど様々な種類の商品が販売されています。

猫砂も猫によって好みが違うので、様々なものを試してみて最適なものを選んであげてくださいね。トイレは3000円程度、猫砂は一袋500円ほどで販売されています。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーケース」「おもちゃ」などです。

キャリーバッグは病院へ行く時などに必要ですし、3000~5000円ほどで販売されているので用意しておくと安心ですよ。

また、飼い主さんに遊んでもらうことが大好きで、ボールが好きな子が多いといわれているのでおもちゃを用意しておくとコミュニケーションを深める道具としても使えますよ。複数揃えても5000円程度で購入できます。

 

ピクシーボブの飼育はどのくらいお金がかかる?

キャプチャ1

飼育にかかる合計費用

  • 約210万円

ピクシーボブの飼育にかかる初期費用は「子猫価格」「飼育環境の整備」を合わせた40万円ほどは最低でも用意しておかなければなりません。

また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費(ワクチン代など)」「ケア用品」を合わせて12万円程度かかります。ピクシーボブの寿命は14年前後なので、生涯費用は208万円ほどかかると見積もっておく必要があります。

純血種特有の遺伝疾患は知られていませんが生き物である以上何があるか分からないので、医療費を抑えるためにも「ペット保険」への加入をおすすめします。

 

珍しい猫種だからこそ、万全の態勢を整えておこう!

キャプチャ
日本で見かけることが少ないピクシーボブの飼育を考えているのであれば、万全の態勢を整えてから飼育を始めることが大切です。

掛かりつけの病院や、飼育のアドバイスをしてくれる人などをしっかり見つけてからピクシーボブとの生活を楽しんでくださいね。