コアジサシの特徴は?生態や分布、鳴き声は?

コアジサシはカモメ科アジサシ属に分類される野鳥です。日本には春から夏の繁殖期に渡来してくるので、「夏鳥」として知られていますよ。アジなどの魚を水上から刺すように捕まえることからアジサシ(鯵刺)という名前がついたといわれていますよ。

この記事ではコアジサシの特徴や生態、分布、鳴き声についてまとめました。

 

コアジサシの特徴は?

コアジサシ

大きさ

  • 28cm

外見の特徴

  • 淡い灰色の羽色
  • 白い額
  • 先端が黒い黄色いくちばし

コアジサシの大きさは28cmほどで、ちょうどスズメとハトの中間くらいの大きさですよ。オスメスともに羽は淡い灰色をしています。のどや胸など体の前面は白色で、足はオレンジです。

頭部は頭頂とくちばしから後頭部にかけて黒色が帯状に広がっています。くちばしはほとんどが黄色で、先端だけが黒くなっています。

コアジサシは夏と冬で体の色が少し変化します。冬になると頭部の額から前部が白くなり、くちばしと足が黒くなりますよ。

成鳥と幼鳥でも体の色が異なります。幼鳥は頭頂と羽が褐色になっていますよ。

 

コアジサシの生態は?

コアジサシ

生態

  • ダイビング
  • コロニー

 

ダイビング

コアジサシは海岸や川などの水辺に生息し魚を餌としています。水上でホバリングしながら獲物を発見すると、急降下して頭から水にダイビングします。

水上からモリで突いたかのような様子からアジサシ(鯵刺)とよばれるようになりました。同じ理由からアユタカ(鮎鷹)という愛称もつけられています。

 

コロニー

コアジサシは埋立地や砂浜に集団でたくさんの巣を作りコロニー(集団)を形成します。コロニーで繁殖することで外敵の侵入に備えていると考えられていますよ。

産卵時には地面にくぼみを作って2~3個の卵を産みつけます。卵の殻とヒナの体色は、外敵から身を守る迷彩服のようにまだら模様になっています。

 

コアジサシの分布は?どこに生息している?

コアジサシ

コアジサシは春から夏にかけて、繁殖のために日本の本州以南にやってきます。海岸や河川、河口、湖沼といった水辺に生息して、魚を捕食します。

ユーラシア大陸の中緯度地域で繁殖しますよ。秋になると越冬のため日本を飛び立ち、アフリカからオーストラリアにかけての沿岸部に向かいます。

 

コアジサシの鳴き声は?

コアジサシは「キリッ、キリッ」「クリィッ、クリィッ」と鋭い声で鳴きますよ。繁殖期である4~6月あたりによく聞くことができます。

 

繁殖地の保護、整備が行われている野鳥

コアジサシ 素材

公園の池など、身近な環境でも姿をみることができるコアジサシですが、繁殖環境の減少にともない近年個体数も減少傾向にあります。

環境省の「レッドリスト」にも掲載されており、都道府県によっては絶滅寸前や絶滅危惧種との判断がされています。コアジサシが飛来する地域では繁殖地の保護や、繁殖環境の整備が行われている現状です。