ミニチュアピンシャーの販売価格やおすすめドッグフード、餌代などお金まとめ

ミニピンという愛称で親しまれているミニチュアピンシャーは、ドイツ原産の愛玩犬です。

見知らぬものに対して攻撃的になることもありますが、飼い主には忠実で甘えん坊な性格をしているので飼いやすいですよ。

この記事ではミニチュアピンシャーの販売価格や餌代など生涯でかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ミニチュアピンシャーの販売価格は?

ミニチュアピンシャー

子犬価格

  • 15万円

ミニチュアピンシャーの子犬の販売価格は、15万円前後です。

ショータイプの場合は20万円を超えることもありますが、一般的なペットタイプであれば10万円前後で販売されていることもありますよ。ペットショップやブリーダーさんなど様々な販売経路で入手できるので、お気に入りの子を見つけてくださいね。

販売価格は、総額表示している場合とその他経費が別にかかる場合がありますので、目先の表示価格だけでなく「総額はいくらになるのか」をしっかり確認してくださいね。

入手の際の注意としては、親からの遺伝病である「レッグパーセス病」を患っていることもあるので親や兄弟を見せてもらうことをおすすめします。

また、里親の募集もされていますよ。年齢などにこだわりがなければ、里親制度も利用してみてくださいね。

 

ミニチュアピンシャーにおすすめのドッグフード、年間の餌代は?

ミニチュアピンシャー

ミニチュアピンシャーは小柄ですが運動量が多く、とても活発な犬種です。脱臼や関節疾患を引き起こしやすいので注意が必要です。なかには治療が困難な病気もあるので、予防のために「グルコサミン」「コンドロイチン」「カルシウム」「ビタミンD」などの関節や骨格をサポートする成分を含んだドッグフードを与えることをおすすめします。

また、ミニチュアピンシャーは消化系が弱く軟便になりやすいです。犬が消化できない穀物や粗悪な原材料を多く含んだドッグフードは避けましょう。

そんな気になる点をおさえたのが、カナガンドッグフードです。新鮮なチキンを50%以上も使用しており、「グルコサミン」や「コンドロイチン」、さらに消化系を助ける「セイヨウハッカ」や「コロハ」を豊富に含むドッグフードです。まさにミニチュアピンシャーに最適なドッグフードですよ。

もちろん、穀物を一切使用していないグレインフリーですので、安心して与え続けることができます。

『カナガンドッグフード』の購入サイトへ

 

年間の餌代

年間の餌代

  • 約8万円

体重5kg前後のミニチュアピンシャーの1日あたりの給餌量は約100g、1ヶ月では約3㎏です。カナガンドッグフード(2kgあたり3,960円)を与えると想定して算出すると、餌代は1ヶ月で約6,000円、年間で約8万円です。

 

また、しつけのご褒美になる「おやつ」は、普段あげているドッグフードをそのまま使うことをおすすめします。おやつに慣れてしまうとそればかりを欲しがり、飼い主もつい多めに上げてしまいますよね。

そうなると、総合栄養食であるドッグフードの食いが悪くなってしまうのです。

 

ミニチュアピンシャー、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ミニチュアピンシャー

飼育に必要なグッズ

  • サークル
  • 床材
  • 食器類
  • トイレ用品
  • ケア用品
  • 首輪・リード

ミニチュアピンシャーを飼育するためには、「サークル」「床材」「食器類」「トイレ用品」「ケア用品」「首輪・リード」などが必要です。総額で3万円で揃える事ができますよ。

 

サークル

サークルは、犬が安心して生活できる空間を作るためにも大切なので必ず用意してあげてください。

跳躍力があるミニチュアピンシャーには、1万円程度で販売されている屋根があるタイプがおすすめです。60×90cmサイズは1万円程度で購入できますよ。

 

床材

ミニチュアピンシャーは膝蓋骨脱臼になりやすい犬種なので、フローリングの床などで滑らないように「絨毯やコルクマットをひく」「滑り止めのワックスを塗布する」などの対策をしてあげてください。

ワックスは1万円前後で販売されていますよ。

 

食器類

食器は100円ショップで販売されている物でも問題はありませんがプラスチック製だと傷がつきやすく不衛生なので、傷がつきにくい陶器製や金属製がおすすめです。

水飲みは、衛生面を考えて給水ボトルタイプがおすすめです。床にお皿を置くタイプだと足を入れたり、水をひっくり返したりする可能性がありますよ。

どちらも1000円で購入する事が出来ます。

 

トイレ用品

トイレはトレータイプのものが3000円程度で販売されています。トイレシーツは1袋1000円前後で販売されていますよ。

トイレトレーはメッシュの付いた物がおすすめです。ペットシーツを破いて遊ぶ癖がついてしまうと大変だからです。

 

ケア用品

ケア用品としては「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー&リンス」が必要です。

短毛種であるミニチュアピンシャーには、ラバーブラシと獣毛ブラシを使った週1回程度のブラッシングと1~2ヶ月に1回程度のシャンプーで十分ですよ。

日常のケアは固く絞ったタオルで拭いてあげるようにします。爪が伸びたままにすると立ち姿勢が悪くなるのでこまめに切ってください。たれ耳の子の場合耳の中が蒸れやすいので注意してくださいね。

アイルオブドッグス No10
おすすめのシャンプーはこちら↓↓

Amazonで商品を確認する

アイルオブドッグス No50
おすすめのリンスはこちら↓↓

Amazonで商品を確認する

 

首輪・リード

首輪はハーネスタイプの方が扱いやすいです。3000~5000円程度で様々なタイプが選べますよ。

 

ミニチュアピンシャーの飼育はどのくらいお金がかかる?

ミニチュア・ピンシャー_大人

生涯かかる合計費用

  • 161万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

ミニチュアピンシャーの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約18万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。小型犬の医療費は年間3万円ほどなので、年間費用は11万円になります。

ミニチュアピンシャーの平均寿命は13年ほどなので、生涯費用は18万+11万×13年=161万円ほどになる計算ですよ。

関節系の病気や「耳介辺縁皮膚症」に気をつけたい犬種なので、ペット保険への加入を検討しておくようにしてくださいね。

 

小型犬でもしっかりと見積もりをしておこう!

ミニチュア・ピンシャー_運動
ミニチュアピンシャーとの生活を楽しむためには、しっかりと見積もりをしてから飼育を始めることが大切です。

飼育を始めてから、こんなはずではなかったなどということが無いように万全の態勢を整えておくようにしてくださいね。

 

ミニチュアピンシャーのブリーダーさんをお探しの方へ

ミニチュアピンシャー

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のミニチュアピンシャーのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のミニチュアピンシャーの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。ミニチュアピンシャーは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在ミニチュアピンシャーの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。