ヨークシャテリアの販売価格や餌代などお金まとめ

「動く宝石」ともいわれる美しい被毛が特徴的なヨークシャテリアは、ネズミ狩りに活躍したイギリス原産の愛玩犬です。

頑固で自己主張が強いテリア気質を持っていますが、飼い主には深い愛情を示してくれるので犬を飼うのが初めての方にもおすすめですよ。

この記事ではヨークシャテリアの販売価格や餌代など生涯でかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ヨークシャテリアの販売価格と年間かかる餌代は?

ヨークシャテリア

子犬価格

  • 15万円

年間の餌代

  • 約6万円

ヨークシャテリアの子犬の販売価格は15万円前後です。

安定した人気を誇る犬種なので、ペットショップやブリーダーさんなど様々な販売経路から入手することができます。一般的なペットタイプであれば10万円前後で購入できることもありますが、ショータイプを希望する場合などは30万円近い値がつくこともありますよ。

また、里親の募集もされています。子犬にこだわりがなければ、ぜひ利用してみてくださいね。

 

年間の餌代

ヨークシャテリアにおすすめのドッグフード「ソリッドゴールド ウィービット」(1.8kg 2880円)で計算すると月に4000円ほど、しつけに使うおやつ代と合わせて5000円ほどなので、年間で6万円程度かかる計算になります。

ソリッドゴールド ウィービット

Amazonで商品を確認する

 

ヨークシャテリア、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ヨークシャテリア_子犬

飼育に必要なグッズ

  • ケージ
  • 床材
  • 食器類
  • トイレ用品
  • ケア用品
  • 首輪・リード

ヨークシャテリアを飼育するためには、「ケージ」「床材」「食器類」「トイレ用品」「ケア用品」「首輪・リード」などが必要です。総額で4万円で揃える事ができます。

 

ケージ

ケージは犬にとって安心できる場所になるので、必ず用意してあげてください。

ヨークシャテリアには1万円程度で購入できる60×90cmサイズがおすすめですよ。

 

床材

ヨークシャテリアは「膝蓋骨脱臼」や「椎間板ヘルニア」になりやすいので、床などで滑らないように対策をとってあげてください。

敷き詰めるタイプのコルクマットや塗るタイプのワックスが販売されていますよ。ワックスは1万円程度で購入できます。

 

食器類

食器類は100円ショップで販売されている物でも問題ありませんが、耐久性があるステンレス製の食器がおすすめですよ。

水入れはボウルでも大丈夫ですが、衛生面や留守中のイタズラなどを考えると給水ボトルタイプがおすすめです。1500円程度で販売されていますよ。

 

トイレ用品

トイレはトレータイプのものが3000円程度で販売されています。トイレシーツは1袋1000円前後で販売されていますよ。

 

ケア用品

ケア用品としては「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー&リンス」が必要です。

細く絡みやすい被毛はそのままにしておくと皮膚病の原因にもなるので、毎日のブラッシングと月1回程度のシャンプーが欠かせません。

アイルオブドッグス No10
おすすめのシャンプーはこちら↓↓

Amazonで商品を確認する

アイルオブドッグス No51
おすすめのリンスはこちら↓↓

Amazonで商品を確認する

 

首輪・リード

首輪・ハーネスのどちらでも問題はないですが、しつけが入るまでは首輪がおすすめです。

ただ、気管虚脱になりやすいので愛犬の状態に合わせて最適なものを選んであげてくださいね。5000円ほどで様々なタイプが販売されていますよ。

 

ヨークシャテリアの飼育はどのくらいお金がかかる?

ヨークシャテリア

生涯かかる合計費用

  • 175万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

ヨークシャテリアの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約19万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」「トリミング代」が含まれます。小型犬の医療費は年間3万円ほどなので、年間費用は12万円になります。

ヨークシャテリアの平均寿命は14年ほどなので、生涯費用は19万+12万×13年=175万円ほどになる計算ですよ。

「膝蓋骨脱臼」や「低血糖」「気管虚脱」などになりやすいので、ペット保険への加入を検討しておくようにしてくださいね。

 

ドッグショーに挑戦してみるのもおすすめ!

犬_ヨークシャテリア_カット
可愛らしい容姿と振る舞いで我々を楽しませてくれるヨークシャテリアですが、しっかりと見積もりをしておかないと愛犬との生活を楽しむことは出来ません。

愛玩犬としての飼育でもヨークシャテリアの魅力を楽しめますが、結果などにこだわらずドッグショーに挑戦してみるのもおすすめですよ。