ファラオハウンドの販売価格や餌代などお金まとめ

ファラオハウンドは、ウサギ猟犬として活躍してきたマルタ共和国原産のサイトハウンドです。

独立心が旺盛な面はあるものの、小さい子供にも寛容に接することができますし、犬独特の匂いも少ないのでペットとしても飼いやすいですよ。

この記事ではファラオハウンドの販売価格や餌代など生涯でかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ファラオハウンドの販売価格と年間かかる餌代は?

ファラオハウンド

子犬の価格

  • 25万円

年間の餌代

  • 約10万円

ファラオハウンドの子犬の販売価格は25万円前後です。

近年のJKC登録数は10頭前後と少なめですが、ブリーダーさんは国内にいらっしゃいますよ。購入を希望している場合は早めに連絡を取り、出産情報などを確認しておくことをおすすめします。

まれに里親の募集がされていることもありますよ。年齢などにこだわりが無ければ募集サイトをチェックしてみてくださいね。

 

年間の餌代

ファラオハウンドにおすすめのドッグフード「プロプラン」(7.5kg 5251円)で計算すると月に6000円ほど、しつけに使うおやつ代と合わせて8000円ほどなので、年間で10万円程度かかる計算になります。
プロプラン

Amazonで商品を確認する

 

ファラオハウンド、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ファラオハウンド

準備しておくもの

  • サークル
  • 寒さ対策グッズ
  • 食器類
  • 首輪、リード
  • トイレ用品
  • ケア用品

ファラオハウンドを飼育するために必要なものは「サークル」「寒さ対策グッズ」「食器類」「首輪、リード」「トイレ用品」「ケア用品」などです。総額で7万円ほどかかりますが必要なものなので揃えてあげてくださいね。

 

サークル

ファラオハウンドは成長すると25kg程度になるので、幅120cm高さ100cm程度あるサークルがおすすめです。1~2万円ほどで購入できますよ

 

寒さ対策グッズ

温暖な地域出身のファラオハウンドは寒さを苦手としています。冬場には服を着せたり、ペット用ヒーターを使って快適な環境になるように気をつけてあげてくださいね。

ペット用ヒーターは5000円ほど、洋服は5000円ほどで2~3枚揃えることができますよ。

 

食器類

食器は陶器製か耐久性のあるステンレス製がおすすめです。

水飲みはボウルでも大丈夫ですが、衛生面や留守中のイタズラ・転倒などを考慮すると給水ボトルタイプがおすすめです。それぞれ2000円ほどで販売されていますよ。

 

首輪、リード

ファラオハウンドは走ることが狩猟犬としての本能から見知らぬ動物を見かけると追いかけてしまうこともあります。

万が一の時に対応できるようにしっかりとした素材の首輪を選ぶようにしてくださいね。5000円でほどで様々な素材の首輪が販売されていますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー&リンス」も揃えるようにしてください。

短毛種なので普段の手入れは神経質になる必要はありませんよ。獣毛ブラシを使った週1回程度のブラッシングと汚れが気になった時に濡れタオルで拭いてあげる程度で十分です。

アイルオブドッグス No10
おすすめのシャンプーはこちら↓↓

Amazonで商品を確認する

アイルオブドッグス No50
おすすめのリンスはこちら↓↓

Amazonで商品を確認する

 

トイレ用品

トイレは大きいサイズのトイレトレーがおすすめで5000円前後、ワイドサイズのトイレシートは300枚入りが6000円程で売られていますよ。

 

ファラオハウンドの飼育はどのくらいお金がかかる?

ファラオハウンド

飼育にかかる合計費用

  • 約254万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

ファラオハウンドの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約32万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。大型犬の医療費は年間4万円ほどなので、年間費用は17万円になります。

ファラオハウンドの平均寿命は13年ほどなので、生涯費用は32万+17万×13年=254万円ほどになる計算ですよ。

健康的な犬種ですが、いつ病気にかかるか分からないのでペット保険への加入を検討しておくようにしてくださいね。

 

珍しい犬種だからこそ、しっかりと見積もりをしよう!

ファラオハウンド
ファラオハウンドは日本では珍しい犬種なので、しっかりと見積もりをして目処を立てておくことが大切です。

飼育費用はもちろんですが、かかりつけの病院なども見つけておかないといざという時に愛犬に対して辛い判断をしなければならなくなってしまいますよ。