ラフコリーの販売価格や餌代などお金まとめ

「名犬ラッシー」の爆発的ヒットにより世界的な人気を博したラフコリーは、スコットランド原産の牧羊犬です。

大型犬ですが攻撃的な面はなく、陽気で愛情深い性格をしているので小さな子供がいる家庭や犬を飼うのが初めての方にもおすすめできる犬ですよ。

この記事ではラフコリーの販売価格や餌代など生涯でかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ラフコリーの販売価格と年間かかる餌代は?

ラフコリー

子犬の価格

  • 18万円前後

年間の餌代

  • 約12万円

ラフコリーの子犬の販売価格は18万円前後です。

JKCには毎年100頭近くが登録されており、ペットショップやブリーダーさんから購入できますよ。

ショータイプは20万円を超えることもありますが、ペットタイプであれば10万円前後で販売されていることもあります。

また、里親の募集もされているので年齢などにこだわりがなければ利用してみてくださいね。

 

年間の餌代

ラフコリーにおすすめのドッグフード「ニュートロ ナチュラルチョイス」(15kg 9493円)で計算すると、月に8000円ほどかかります。

餌代は年間で約しつけに使うおやつ代と合わせて月1万円ほどなので、年間で約12万円かかる計算ですね。

ニュートロ 成犬

Amazonで商品を確認する

 

ラフコリー、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ラフコリー

準備しておくもの

  • ケージ
  • 食器類
  • 首輪、リード
  • トイレ用品
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • 犬用レインコート

ラフコリーを飼育するために必要なものは「ケージ」「食器類」「首輪、リード」「トイレ用品」「ケア用品」などです。総額で6万円ほどで揃えることができますよ。

 

ケージ

ケージは犬にとって安心できる場所になるので、必ず用意するようにしてください。

ラフコリーには、トムクレイト4000か5000がおすすめです。1~1.5万円ほどで販売されていますよ。

 

食器類

食器類は適度な重さがあり頑丈な陶器製かステンレス製のものがおすすめです。プラスチック製だと齧って壊してしまうことが多いですよ。

水飲みはボウルでも大丈夫ですが、衛生面などを考えると給水ボトルタイプがおすすめです。それぞれ2000円ほどで販売されています。

 

首輪、リード

ラフコリーには首輪かハーネスがおすすめです。首輪だと首回りの毛が千切れたりすることもあるので、愛犬の状況に合わせて最適なものを選んであげてください。

5000円でほどで様々な素材の首輪が販売されていますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー」も揃えるようにしてください。

ブラッシングを怠ると毛玉ができやすく皮膚病の原因にもなるので、週1~2回のブラッシングと1~2ヶ月に1回程度のシャンプーをしてあげてください。

ブラシ類は合わせて5000円ほど、シャンプー&リンスは5000円ほどで購入できます。

アイルオブドッグス No20
おすすめのシャンプーはこちら↓↓

Amazonで商品を確認する

アイルオブドッグス No50
おすすめのリンスはこちら↓↓

Amazonで商品を確認する

 

トイレ用品

トイレトレーは5000円前後で販売されているワイドサイズを2枚並べるタイプがおすすめです。トイレシートのワイドサイズは300枚入り6000円程度で購入できます。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーバッグ」「犬用レインコート」です。

病院や旅行へ行く時や災害時の避難に備えて「キャリーバッグ」を用意しておくと安心です。大型犬用は1.5万円前後で購入できますよ。

また、ふさふさで美しい被毛は雨に濡れると乾かすのにも手間がかかります。6000円程度で販売されている犬用レインコートを準備しておくと安心ですよ。

 

ラフコリーの飼育はどのくらいお金がかかる?

ラフコリー

飼育にかかる合計費用

  • 約270万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

ラフコリーの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約24万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」「トリミング代」が含まれます。大型犬の医療費は年間4万円ほどなので、年間費用は19万円になります。

ラフコリーの平均寿命は13年ほどなので、生涯費用は24万+19万×13年=271万円ほどになる計算ですよ。

「皮膚疾患」や「胃がん」「目の疾患」に気をつけたい犬種なので、医療費を抑えるためにもペット保険への加入を検討してみてくださいね。

 

お互いが生涯を楽しく過ごせるように、必ず事前見積もりはしよう!

ラフコリー
社会性や協調性も高くしつけや訓練なども容易なラフコリーですが、充実した生活を送らせてあげるためには事前の見積もりが必要です。

お互いが笑って楽しく過ごせるように、飼い主としての最低限の義務を果たしたうえでラフコリーとの生活を楽しんでくださいね。