ワイヤーフォックステリアの販売価格、おすすめドッグフード、餌代などお金まとめ

「タンタンの冒険」に出てくるスノーウィーのモデルといわれているワイヤーフォックステリアは、イギリス原産の猟獣犬です。

独立心は旺盛ですが、生まれながらのイタズラっ子なので毎日が楽しくなること間違いなしです。

この記事ではワイヤーフォックステリアの販売価格やおすすめドッグフード、餌代などのお金についてまとめました。

 

ワイヤーフォックステリアの販売価格は?

ワイヤーフォックステリア

子犬の価格

  • 25万円前後

ワイヤーフォックステリアの子犬の販売価格は25万円前後です。

ショータイプの場合は30万円を超える値がつくこともありますが、ペットタイプであれば20万円前後で購入できることもあります。

JKCへの登録数は2015年時点で170頭と多く、ブリーダーさんも関東地方を中心に多くいます。購入を考えているのであれば連絡を取ってみてくださいね。

里親の募集もされているので、年齢などにこだわりが無ければ里親制度もおすすめです。

 

ワイヤーフォックステリアのおすすめドッグフードや餌代は?

ワイヤーフォックステリア

ワイヤーフォックステリアは、脱臼などの関節疾患を患いやすい犬種です。

しっかりとした筋肉をつけることに加え、肥満になると関節の負担が増すため食事面にも気を使ってあげてくださいね。

また、アレルギー性などの皮膚トラブルが多い犬種なので、穀物や人工添加物が使われていないか、脂質の量が多すぎないかにも注意してフードを選ぶことが大事です。

 

おすすめドッグフード

ワイヤーフォックステリアには、「モグワンドッグフード」がおすすめです。

モグワンは、チキン生肉や生サーモンといった良質な動物性タンパク質が豊富に含まれる食材を50%以上も使用しているので、丈夫な骨格や筋肉のもととなる栄養素を効率よく摂取することができます

脂肪分が12%とプレミアムドッグフードの中では低いので肥満対策にもなりますよ。

またさまざまな皮膚トラブルの原因にもなる穀物や人工添加物は不使用で、皮膚の健康維持に欠かせない「オメガ3脂肪酸」関節のケアに役立つとされる「コンドロイチン・グルコサミン」などもバランスよく配合されているため、関節や皮膚トラブルに悩まされがちなワイヤーフォックステリアにとって理想的なドッグフードといえます。

その他、お腹の健康をいたわるリンゴやカボチャも配合され、内側から体をサポートしてくれるのも嬉しいですね。

モグワンドッグフード
商品名モグワンドッグフード
内容量1.8㎏
特徴100%無添加、動物性タンパク質50%以上、グレインフリー(穀物不使用)、手作りのようなおいしさ
通常購入価格3,960円(税抜)
定期購入価格3,564円(税抜)

 

モグワンドッグフードの原材料や口コミ評判など、詳しい情報はこちら

 初回50%OFF! 
 モグワン半額キャンペーン実施中!

 

モグワンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

通常購入価格キャンペーン購入価格
 3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり259円1日あたり130円※
※ 体重5㎏の成犬の給餌量を想定

 

年間および生涯の餌代

年間の餌代

  • 約13万円

ワイヤーフォックステリア※1におすすめのモグワン(1.8kg 3960円)で計算すると、月に円9300※2ほどかかります。しつけに使うおやつ代と合わせて月約11000円ほどなので、年間で13万円かかる計算です。

ワイヤーフォックステリアの寿命は13年ほどなので、生涯かかる餌代は約170万円と試算できます。

※1 体重を7kgと仮定
※2 モグワンドッグフード公式ページの1日の給与量の目安に基づく計算です。

 

ワイヤーフォックステリア、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ワイヤーフォックステリア

準備しておくもの

  • ケージ
  • 床材
  • 食器類
  • 首輪、リード
  • トイレ用品
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ

ワイヤーフォックステリアを飼育するために必要なものは「ケージ」「床材」「食器類」「首輪、リード」「トイレ用品」「ケア用品」などです。5万円ほどあれば全て揃えることができます。

 

ケージ

ケージは犬が安心できる場所になるので、必ず用意してあげてください。トイレと寝床スペースが確保できる90×60cmサイズは1万円前後で購入できます。

 

床材

肩脱臼や膝蓋骨脱臼をしやすい犬種なので、フローリングの床で滑ったりしないように気をつけてあげてください。

絨毯やコルクマットを敷いたり、1万円程度で販売されている滑り止めのワックスを床に塗ってあげるだけでも脱臼のリスクは下げることができます。

 

食器類

食器は重さのある陶器製か、耐久性のあるステンレス製がおすすめです。

水飲みはボウルでも大丈夫ですが、衛生面や留守中に倒してしまう可能性を考えると給水ボトルタイプがおすすめです。それぞれ2000円ほどで販売されています。

 

首輪、リード

ワイヤーフォックステリアには首輪・ハーネスのどちらでも大丈夫です。5000円でほどで様々な素材の首輪やハーネスが売られているので最適なものを見つけてあげてくださいね。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー」も揃えるようにしてください。

ワイヤーフォックステリアは皮膚が弱い子が多いので、週2~3回のコーミングと月1回程度のトリミングが欠かせません。ブラシ類は5000円ほど、低刺激のシャンプーは2500円ほどで購入できます。

アイルオブドッグス No33
おすすめのシャンプーはこちら↓↓

トイレ用品

トイレはトレータイプのものが3000円程度、トイレシーツは1袋1000円前後で販売されています。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

そのほかに揃えておくと便利なアイテムはキャリーバッグです。キャリーバッグは病院へ連れて行く時や災害時に必要ですし、5000~10000円ほどで購入できるので用意しておくと安心です。

 

ワイヤーフォックステリアの飼育はどのくらいお金がかかる?

ワイヤーフォックステリア

飼育にかかる合計費用

  • 約240万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

ワイヤーフォックステリアの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約30万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」「トリミング代」が含まれます。小型犬の医療費は年間3万円ほどなので、年間費用は16万円になります。

ワイヤーフォックステリアの平均寿命は13年ほどなので、生涯費用は30万+16万×13年=238万円ほどになる計算です。

「皮膚疾患」や「目の疾患」「脱臼」に気をつけたい犬種なので、医療費を抑えるためにもペット保険への加入も検討してみてくださいね。

 

見積もりだけでなく、しつけも欠かせない!

ワイヤーフォックステリア
エネルギッシュな性格で我々を楽しませてくれるワイヤーフォックステリアですが、きちんとしつけられるかも重要です。

狩猟犬として活躍していた歴史から闘争本能が強い子が多いので、十分なしつけを施さないとお互いが楽しい生活を送れなくなってしまいますよ。

テリア犬の種類について詳しい記事はこちらです。