ボロニーズの販売価格や餌代などお金まとめ

ルイ16世やエカチェリーナ、マリアテレジアなどの貴族にも愛されていたボロニーズは、イタリアのボローニャ地方原産の愛玩犬です。

温厚で人懐こい性格をしていますし、抜け毛も少ないので今まで犬の飼育を諦めていた人にもおすすめですよ。

この記事ではボロニーズの販売価格や餌代など生涯でかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ボロニーズの販売価格と年間かかる餌代は?

素材 疑問

子犬の価格

  • 16万円

年間の餌代

  • 約6万円

ボロニーズの子犬の販売価格は16万円前後です。

JKCには毎年30頭近くが登録されていますが、ブリーダーさんの数は多いとはいえないので早めに連絡を取り、出産情報を確認しておくことをおすすめします。

稀にですが、里親の募集をしていることがありますよ。年齢など気にならなければぜひ検討してみてくださいね。

 

年間の餌代

ボロニーズには、「アーテミス フレッシュミックス」がおすすめです。

「アーテミス」(3kg 3850円)で計算すると、月に4000円ほどかかります。しつけに使うおやつ代と合わせて月5000円ほどなので、年間で約6万円かかる計算ですね。

アーテミス

Amazonで商品を確認する

 

ボロニーズ、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

素材 育て方

準備しておくもの

  • ケージ
  • 床材
  • 寒さ対策グッズ
  • 食器類
  • 首輪、リード
  • トイレ用品
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ

ボロニーズを飼育するために必要なものは「ケージ」「床材」「寒さ対策グッズ」「食器類」「首輪、リード」「トイレ用品」「ケア用品」などです。4万円ほど揃えることができますよ。

 

ケージ

ケージは犬にとって安心できる場所になります。

それほど大きいサイズは必要なく、1万円程度で販売れているトイレと寝床スペースが確保できる90×60cmサイズで十分ですよ。

 

床材

小型犬ですが膝蓋骨脱臼や股関節形成不全を患いやすいといわれているので、フローリングの床で滑らないように対策をしてあげてください。

コルクマットを敷いたり、1万円程度で販売されている滑り止めのワックスの塗布がおすすめですよ。

 

寒さ対策グッズ

ボロニーズはシングルコートなので、冬の寒さを苦手としています。

服を着せたり、ペット用のヒーターを使うなど愛犬が快適に過ごせるようにしてあげてくださいね。ペットヒーターは3000~5000円ほどで販売されていますよ。

 

食器類

食器は100円ショップなどのものでも大丈夫ですが、軽い食器だと動いてストレスになるので、重さのある陶器製か耐久性のあるステンレス製がおすすめです。

水飲みは、衛生面や留守中のイタズラなどを考えると給水ボトルタイプがおすすめです。それぞれ2000円ほどで販売されていますよ。

 

首輪、リード

ボロニーズには首輪・ハーネスのどちらでも大丈夫です。

5000円でほどで様々な素材の首輪が売られているので最適なものを見つけてあげてくださいね。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー&リンス」も揃えるようにしてくださいね。

シングルコートで抜け毛も少ないですが毛玉になりやすいので、コームを使った毎日のブラッシングと1~2ヶ月に1回程度のシャンプーが欠かせません。

ブラシは2000円ほど、シャンプー&リンスはセットで5000円ほどで購入できますよ。

アイルオブドッグス No10
おすすめのシャンプーはこちら↓↓

Amazonで商品を確認する

アイルオブドッグス No51
おすすめのリンスはこちら↓↓

Amazonで商品を確認する

 

トイレ用品

トイレはトレータイプのものが3000円程度で販売されています。トイレシーツは1袋1000円前後で販売されていますよ。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

そのほかに揃えておくと便利なアイテムはキャリーバッグです。

キャリーバッグは病院へ連れて行く時や災害時に必要ですし、小型犬用は5000円ほどで購入できるので用意しておくと安心ですよ。

 

ボロニーズの飼育はどのくらいお金がかかる?

素材

飼育にかかる合計費用

  • 約190万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

ボロニーズの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約20万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」「トリミング代」が含まれます。小型犬の医療費は年間3万円ほどなので、年間費用は12万円になります。

ボロニーズの平均寿命は14年ほどなので、生涯費用は20万+12万×14年=188万円ほどになる計算ですよ。

健康的な犬種ですが関節疾患や目の疾患を患うこともあるので、医療費を抑えるためにもペット保険へ加入を考えてあげてくださいね。

 

ドッグショーに参加してみよう!

ペットとしての飼育でもボロニーズの魅力を堪能することもできますが、一緒にドッグショーに挑戦してみるとよりお互いの絆を深めることもできますよ。

結果にこだわらなくても、一つの目標に向かって挑戦する過程を楽しんでみませんか。