柴犬の販売価格や餌代などお金まとめ

柴犬は国の天然記念物に指定されている小型犬です。

三角の立耳と巻尾が特徴的で国内外で人気が高い犬種です。 日本の気候に適していて飼育しやすい点も魅力です。

この記事では柴犬の販売価格や年間の餌代といった生涯でかかるお金をまとめました。

 

柴犬の販売価格と年間かかる餌代は?

柴犬

子犬価格

  • 12~30万円

年間の餌代

  • 約10万円

柴犬の子犬価格は12~30万円です。被毛の色は薄茶、胡麻、黒、白の4種類存在しますよ。

「黒」と「白」の被毛をもつ柴犬は希少種で、値段が少しあがります。

 

年間の餌代

ドッグフードは月6500円ほどおやつとサプリメントを合わせると約8500円の出費となります。年間では10万円程度かかる計算ですね。

柴犬は丈夫な犬種ですが食物アレルギーが心配されるので、質の良い食事を心がけてくださいね。

 

柴犬、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

柴犬

飼育に必要なグッズ

  • サークル
  • トイレ用品
  • 食器
  • 首輪、リード
  • ケア用品

あると便利なグッズ

  • ケージ

柴犬を飼育するために必要なものは「サークル」「トイレ用品」「食器」「首輪、リード」「ケア用品」などです。 総額で3.8万円ほどかかります。

 

サークル

サークルは犬が安心できる場所になるので用意してあげてくださいね。

小型犬用は1万円程度です。中にはトイレトレーも設置しておきます。

 

トイレ用品

トイレ用品はトイレトレーとトイレシートに分けられます。

トイレトレーは2000円前後のレギュラーサイズシートを2枚使うタイプがオススメです。 この場合のトイレシートは400枚入りで6000円なので、トレーを含めると年間で約1.4万円かかります。サークルの中に置くと良いですよ。

 

食器

お皿には、「ステンレス」「陶器」「セラミック」がありますが、攻撃的な性格をもつ一面もあるのでストレスで食器を噛んでしまうことがあります。

歯形がついてボロボロになりにくい「ステンレス製」の食器がオススメです。水入れ用のお皿と合わせて4000円程度ですよ。

1000円ほどのサークルに取り付けるタイプの給水器もあります。これなら水をこぼす心配がありませんね。

 

首輪、リード

首輪とリードはそれぞれ3000~4000円で購入できます。

首輪では心配なときはハーネスを使うと良いですよ。 ハーネスも4000円ほどです。

 

ケア用品

ケア用品は「ブラシ」と「シャンプー」を用意してあげます。

柴犬は抜け毛が多い犬種なので、2日に1度は「ブラシ」でブラッシングをしてあげてください。

換毛期はより多くの毛が抜けるので、「スリッカーブラシ」を使うことをオススメします。通常のブラシとスリッカーブラシは合わせて4000円程度です。

シャンプーも約4000円です。白い柴犬の場合、白い被毛の犬種用のシャンプーを使うと被毛の輝きが違ってきます。月に一度のシャンプーなら1年は使えますよ。

 

あると便利なグッズ

病院や旅行に行く際に便利な「ケージ」を用意しておくと移動が楽ですよ。7000円ほどで購入できます。

 

柴犬の飼育はどのくらいお金がかかる?

柴犬

生涯かかる合計費用

  • 222~270万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算できます。

柴犬の飼育にかかる初期費用は「子犬価格」を20万円とすると「飼育環境費」を合わせて約30万円です。 年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。医療費を年間3万円と仮定すると、年間費用は約16万円と概算することができます。

柴犬の平均寿命は12~15年なので、生涯費用は30万+16万×(12~15)年=222~270万円になる計算です。

日本の気候に適していて丈夫で長生きする柴犬ですが、病気と無縁ではありません。 高齢になればそれだけ病気のリスクも高まりますので「ペット保険」に加入しておくと不測の事態にもあわてずに対応できますよ。

 

人や犬に慣れることでフレンドリーに!

お手をする柴犬

柴犬は昔から番犬として飼われてきましたが、都会の場合は番犬の性質が強いと困ってしまいますね。子犬のころから色々な場所に連れていき、人や犬に慣れさせておくとフレンドリーになり物怖じしなくなります。

お散歩デビューは2回目のワクチン接種後ですが、飼い主さんが抱きかかえても暴れない子犬であれば外出させて問題はありませんよ。