日本テリアの販売価格や餌代などお金まとめ

真っ白な体に黒い頭部が特徴的な日本テリアは、日本原産のテリア種です。「お雪テリア」「神戸テリア」といった愛称でも親しまれています。

明るくて活発ですし、テリア種としてはおっとりした性格をしているので初心者方でも飼いやすい犬ですよ。この記事では日本テリアの販売価格や餌代など生涯でかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

日本テリアの販売価格と年間かかる餌代は?

日本テリア1出典:dognain.at.webry.info

子犬価格

  • 20万円

年間の餌代

  • 6万円

日本テリアの子犬の販売価格は20万円前後です。

ブリーダーさんの数は多くはないですが専門のブリーダーさんもいらっしゃいます。購入を希望している場合は早めに連絡を取り、出産情報や子犬情報などを確認しておくことをおすすめします。

また、まれに里親の募集がされていることもありますよ。年齢などにこだわりが無ければ募集サイトをチェックしてみてくださいね。

 

年間の餌代

日本テリアにおすすめのドッグフード「アーテミス フレッシュミックス」(3kg 3850円)で計算すると月に4000円ほど、しつけに使うおやつ代と合わせて5000円ほどなので、年間で6万円程度かかる計算になります。
アーテミス

Amazonで商品を確認する

 

日本テリア、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

日本テリア2出典:http://kakaku.com

飼育に必要なグッズ

  • ケージ
  • 床材
  • トイレ用品
  • 食器
  • 首輪、リード
  • ケア用品
  • 寒さ対策用品

日本テリアを飼育するために必要なものは「ケージ」「床材」「トイレ用品」「食器」「首輪、リード」「ケア用品」「寒さ対策用品」などです。総額で6万円ほどかかります。

 

ケージ

ケージは犬にとって安心できる場所になるので必ず用意してあげてください。

日本テリアは成犬時の大きさが5kg程度なので、それほど大きなケージは必要ありません。1万円程度で販売されている60×90cmサイズで十分ですよ。

 

床材

日本テリアは、「肘関節形成不全」や「レッグペルテス」といった関節疾患に注意が必要です。

滑りやすいフローリングの床には「マットや絨毯をひく」「滑り止めのワックスを塗布する」などの対策をしてあげてくださいね。

フローリング用滑り止めワックスは、セットが1万円ほどで販売しています。

 

トイレ用品

小型犬用のトイレトレーは、レギュラーサイズのトイレシートを2枚並べるタイプで、2000円程度です。レギュラーサイズのトイレシートは400枚入りで6000円ほどで販売されていますよ。

 

食器

食器類は様々な素材のものが販売されていますが、耐久性があるステンレス製や重さがある陶器製がおすすめです。

水飲みは、衛生面や留守中のイタズラなどを考えると給水ボトルタイプがおすすめです。それぞれ1500円程度で購入できますよ。

 

首輪、リード

日本テリアには首輪・ハーネスのどちらでも問題ありませんが活発な犬種なので、しっかりとサイズを合わせるようにしてくださいね。

首輪とリードはそれぞれ3000~4000円程度で購入できますよ。

 

ケア用品

日本テリアは極短毛種なので、頻繁にブラッシングすると皮膚を傷めてしまいます。

汚れが気になるときに獣毛ブラシを使ったブラッシングや、ぬるま湯で湿らせたタオルで体を拭いてあげてくださいね。

 

寒さ対策グッズ

被毛の長さが2mm程度の極短毛種である日本テリアは、冬の寒さを苦手としています。

薄手のシャツタイプや厚手のコートタイプなどの服を購入したり、5000円程度で販売されているペットヒーターを使って快適な環境を作ってあげてくださいね。

 

日本テリアの飼育はどのくらいお金がかかる?

日本テリア3出典:plaza.rakuten.co.jp

生涯かかる合計費用

  • 180万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算できます。

日本テリアの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約26万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。小型犬の医療費は年間3万円ほどなので、年間費用は約12万円になります。

日本テリアの平均寿命は13年ほどなので、生涯費用は26万+12万×13年=182万円ほどになる計算ですよ。

まだまだ飼育頭数が少ないために、病気に関する情報が少ない現状です。いざというとき慌てないように、「ペット保険」に加入しておくと安心できておすすめです。

 

ドッグスポーツやアジリティに挑戦してみよう!

日本テリア5出典:www.about-my-dogs.net
訓練が入りずらいといわれる日本テリアですが、一緒にドッグスポーツやアジリティを楽しむこともできますよ。

結果にこだわらなくても、一つの目標に向かって一緒に努力する過程はお互いにとってかけがえのない時間になること間違いなしです。