チャイニーズクレステッドドッグの販売価格や餌代などお金まとめ

中国生まれのチャイニーズクレステッドドッグは、現地中国を中心に高い人気を誇っている犬種です。犬アレルギーがある人でも飼育する事ができる珍しい犬種と注目されていますよ。

この記事ではチャイニーズクレステッドドッグの販売価格や餌代など生涯にかかる飼育費用をまとめました。

 

チャイニーズクレステッドドッグの販売価格と年間かかる餌代は?

チャイニーズクレステッドドッグ

子犬価格

  • 10~16万円

チャイニーズクレステッドドッグの子犬価格は10~16万円です。

外見の違いによって「へアレルタイプ」と「パウダーパフタイプ」の2つに分かれますが、販売価格に差はあまりありませんよ。以前は日本では珍しい犬種でしたが、最近ではペットショップでも見かけることのあるほど有名になりました。

 

年間の餌代

体重が約5㎏程度しかない小型犬なので餌の量は比較的少ないです。その分栄養バランスの取れた良質なドッグフードを与えてあげてくださいね。

イギリス産の高級ドッグフード「カナガン ドッグフード(2kg 3980円)」で計算すると月に8000円ほどの出費です。年間で約10万円になる計算ですよ。

 

チャイニーズクレステッドドッグの飼育環境を整えるのにかかる費用は?

素材

飼育に必要なグッズ

  • ケージ
  • 首輪とリ―ド
  • 食器と水入れ
  • 皮膚ケア用品
  • トイレ用品

チャイニーズクレステッドドッグを飼育する際に用意ものは、「ケージ」「首輪とリード」「食器と水入れ」「皮膚ケア用品」「トイレ用品」があります。この犬種特有のものとしては、肌があまり被毛で覆われていないため、皮膚の手入れ用品も必需品といえます。

 

ケージ

チャイニーズクレステッドドッグは寒さに弱く冬の寒さには耐えることができません。室内飼育が理想的なので、ケージを用意してあげてください。

あまりに大きすぎるケージは中でトイレをしてしまう可能性もあるので、小・中型犬用のケージが理想的ですよ。3~4万円ほどの価格で用意することができます。

 

首輪とリード

首輪やリードも小型犬用のフィットする素材を選んでください。きつく首を絞めすぎてしめてしまうこともあるので「指2本が入る隙間」ができる隙間を作ってくださいね。首輪とリードは約1万円ほどで用意することができます。オススメの首輪は関連記事にまとめていますよ。

 

食器と水入れ

食器や水入れは大きすぎなければどんなものもいいですが、簡単にひっくり返さないような重みのあるものがオススメです。

また体が小さいので、底の浅い器の方が食べやすいですね。食器や水入れはどちらも約5000円ほどで用意することができます。

 

皮膚ヘア用品

「ヘアレスドッグ」とよばれるチャイニーズクレステッドドッグには被毛がほとんどありません。皮膚が乾燥しやすいため、「保湿クリーム」で皮膚を保護したり「洋服」を着せてあげたりする必要があります。

被毛の手入れが必要ないメリットもありますが、「パウダーパフタイプ」のチャイニーズクレステッドドッグは定期的な被毛の手入れは必要なので、ブラッシング用品も用意してあげてくださいね。

 

トイレ用品

トイレとトイレシートも室内飼育には必須アイテムですよね。価格は5000円ほどですよ。

 

チャイニーズクレステッドドッグの飼育はどのくらいお金がかかる?

チャイニーズクレステッドドッグ

生涯かかる合計費用

  • 244~278万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

チャイニーズクレステッドドッグの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」を15万円とすると「飼育環境」を合わせて約23万円ほどです。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれ、小型犬の医療費は年間2~3万円ほどなので、年間費用は約17万円と計算します。

チャイニーズクレステッドドッグの平均寿命は13~15年ほどなので、生涯費用は23万+17万×(13~15)年=244~278万円ほどになる計算ですよ。

 

運動能力に長けた小型犬

チャイニーズクレステッドドッグはアレルギーやアトピー性皮膚炎になりやすく、「ヒトモナス原虫症」という感染症にかかりやすい病気です。これらの病気にかかった場合にはさらに治療費もかかりますよ。
また、運動能力が高く跳躍力があるので逸走にはくれぐれも注意してくださいね。