チベタンテリアの販売価格や餌代などお金まとめ

「ドーキアプソ」という別名でも知られるチベタンテリアは、紀元前から存在が知られる超古代犬種の1種です。陽気で飼い主や家族を喜ばせることが大好きな犬種で身体能力も高いですよ。

この記事ではチベタンテリアの販売価格や餌代など、生涯かかる飼育費用について紹介しています。

 

チベタンテリアの販売価格と年間かかる餌代は?

チベタンテリア

子犬価格

  • 12~25万円

チベタンテリアの販売価格は12~25万円です。稀少犬種の1種なので、日本国内だけでは購入販路が狭いです。国外ブリーダーからの輸入も検討してみてください。輸入には時間も費用もかかるので注意が必要ですよ。

 

年間の餌代

チベタンテリアは中型犬の分類される犬種で、餌代としては年間20万円ほどかかります。おやつ代も含めると年間25万円ほどの出費ですよ。

 

チベタンテリア、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

素材

飼育に必要なグッズ

  • ケージ
  • 首輪とリード
  • 食器や水入れ
  • ブラッシング用品
  • トイレ用品

チベタンテリアは実はテリア犬種ではありません。愛玩用に作出された犬種ですよ。

 

ケージ

チベタンテリアにかかわらず、室内飼育する際には寝床となるケージの用意が必要です。大きさはゆったりと体を横にできる程度がベストで、チベタンテリアの場合は中型犬用のケージが適切ですよ。体格に合ったケージを用意してあげてくださいね。ケージの価格は約4万円ほどです。

 

首輪とリード

首輪やリードは外れたり壊れたりしにくい丈夫なものを用意してください。首輪もケージに体格に合ったものを利用するようにしてください。しつけ用に改良された首輪もあるので、詳しく関連記事でチェックしてみてください。価格は1万円ほどです。

 

食器や水入れ

食器や水入れも中型犬用に少し大きめの器を利用してあげます。口の広い器だと食事がしやすいですよね。価格は5000円ほどかかります。

 

ブラッシング用品

被毛が豊富にあるチベタンテリアは抜け毛の多い犬種です。定期的なブラッシングが必要です。眼球などを傷つけてしまう可能性もあるので短くカットするようにします。ブラッシング用品は約5000円ほどで用意することができます。

 

 

トイレ用品

チベタンテリアを室内飼育する場合にはトイレとトイレシートを用意してあげます。頑固でしつけが入りにくい犬種といわれているので、根気よくしつけてあげてくださいね。トイレとトイレシートは合わせて5000円ほどで揃えられますよ。

 

チベタンテリアの飼育はどのくらいお金がかかる?

チベタンテリア

生涯かかる合計費用

  • 392~482万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

チベタンテリアの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」を20万円とすると「飼育環境」と合わせて32万円ほどかかります。

年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれ、中型犬の医療費は年間4万円ほどなので、年間費用は30万円になります。

チベタンテリアの平均寿命は12~15年ほどなので、生涯費用は32万+30万×(12~15)年=392~482万円ほどになる計算ですよ。

 

飼い主さんの深い理解が必要!

チベタンテリアは飼育難易度が低く、費用もそこまでかからない犬種です。日本では稀少な犬種ではあるので、家に迎えるまでに他の犬種よりも手間も費用もかかる可能性はありますよ。

また、かかりやすい病気の情報や専門家が日本に少ない犬種でもあるので、飼い主さん地震がチベタンテリアのことを深く理解してあげる必要もありますよ。