ジャーマンハンティングテリアの販売価格や餌代などお金まとめ

ジャーマンハンティングテリアはドイツ原産のテリア種で、別名「ドイチェヤークトテリア」とも呼ばれています。キツネやタヌキ、アライグマの狩猟に携わった狩猟犬で、勇敢で臆病知らずな性格をしています。日本ではあまりみかけませんがドイツやイギリスで人気の犬種ですよ。

この記事では、ジャーマンハンティングテリアの販売価格や餌代など生涯にかかるお金についてまとめています。

 

ジャーマンハンティングテリアの販売価格と年間かかる餌代は?

ジャーマンハンティングテリア

子犬価格

  • 推定15~30万円

ジャーマンハンティングテリアの子犬販売価格は推定15~30万円ほどです。日本での飼育数は少なく、インターネット上のサイトではほとんど販売されていませんし、国内のブリーダーを探すのも難しいです。

子犬を購入したい場合は海外のブリーダーさんから直接輸入する方法がもっとも確実です。輸入には手続きや輸送費などお金がかかりますので30~40万円ほど用意しておくことをオススメします。

 

年間の餌代

餌代は有名な良質ドッグフード「カナガン(2kg 3980円)」で計算すると月8000円、年間で9万6000円ほどです。運動量の多い犬なので、効率よくエネルギー摂取できるようなフードがおすすめですよ。

 

ジャーマンハンティングテリア、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ジャーマンハンティングテリア

飼育に必要なグッズ

  • ケージ
  • トイレ
  • 食器
  • カラー・リード
  • ケア用品

ジャーマンハンティングテリアは暑さや寒さに強く、屋外でも屋内でも飼育可能です。豊富な運動量が必要なため、ドッグランのような毎日走れるような環境があればベストです。

散歩は少なくとも毎日2時間以上必要です。運動量が不足するとストレスが溜まり破壊行動を起こしやすい犬種だからです。攻撃的にもなりやすいので、運動欲求をしっかり満たしてあげられるような環境が必要となります。

 

ケージ

室内に設置するケージは2万6000円程度で購入できます。パワフルな犬なので木製などのしっかりしたタイプがおすすめです。ベッドは5000円程度です。

 

トイレ

トイレは散歩中に済ませてしまう子もいますが、天候などで外出できない場合もあるのでいつでもトイレで出来るように室内に置き、しっかりと子犬期からトレーニングしておきます。

トイレトレーが3000円程度、トイレシートが月2000円程度かかります。

 

食器

食器は使いやすいものを選びましょう。安定感のある形状のものが、食事中に動かず食べやすいですよ。水入れはボウルタイプと給水ボトルタイプがあります。ボウルタイプは洗いやすく、簡単に水を入れ替えられます。

ボトルタイプは少し洗いにくいですが、床で倒してしまう心配がなく食べかすなどが入りにくいメリットがあります。小~中型犬サイズだと合わせて3000円ほどで揃えることができます。

 

カラー・リード

散歩に使うカラーとリードも揃えてください。カラーは抜けてしまわないようにぴったりサイズのものを選んであげてください。大きすぎると首輪の意味を果たさず、小さすぎると窒息の恐れがあります。

3000円程で販売されていますよ。リードは適正体重に合った丈夫なものを選ぶと良いです。伸縮タイプよりもシンプルなタイプの方が散歩中の犬のコントロールがしやすいですよ。価格は2000円程度です。

 

ケア用品

ブラッシングは週1回は行います。硬めの獣毛ブラシを使うと皮膚のマッサージ効果もあり、毛ヅヤも良くなります。価格は3000円前後です。

汚れが気になるときはホットタオルやシャンプーで対応してください。犬用のシャンプーは2000円程度で購入できます。

また、イヤークリーナーを使って定期的にお手入れすると外耳炎を予防できます。こちらも大体2000円程で揃えることができます。

 

ジャーマンハンティングテリアの飼育はどのくらいお金がかかる?

ジャーマンハンティングテリア

生涯かかる合計費用

  • 120万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

ポメラニアンの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」を30万円とすると「飼育環境」を合わせて約40万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。小型犬の医療費は年間3万円ほどなので、年間費用は約15万円になります。

ジャーマンハンティングテリアの平均寿命は9~10年ほどなので、生涯費用は40万+15万×(9~10)年=175~190万円ほどになる計算ですよ。

ワクチンや狂犬病予防接種は毎年受ける必要があります。ノミやダニによる皮膚病になりやすいので、滴下タイプのノミ・ダニ予防薬などを使い予防しておきましょう。夏場は蚊が増えるため、フィラリア予防薬を病院で処方してもらいます。

ジャーマンハンティングテリアのかかりやすい病気は「膝蓋骨脱臼」や「心疾患」「眼疾患」などです。生涯病気やケガなく過ごせるのが一番ですが、もしものときには医療費が必要になることを想定しておくべきですよね。

 

環境適応能力の高い元狩猟犬!

ジャーマンハンティングテリア

海外では優秀な猟犬として人気のジャーマンハンティングテリア。小さい体ながら大型の哺乳類の狩猟にも対応できる体力とパワーを持ち合わせています。

家族には忠実ですが、やはり家庭犬にはあまり向きません。猟を行う人から家庭犬を愛する人まで、誰にでも適応してくれる良いパートナーになってくれますよ。