ジャーマンピンシャーの販売価格や餌代などお金まとめ

ジャーマンピンシャーはドイツ原産のピンシャーの中でも古くから存在した犬種で「ミニチュアピンシャー」や「ドーベルマンピンシャー」の基盤となった犬種です。

滑らかな黒の被毛と無駄のないプロポーションが中型犬ながら堂々とした雰囲気を感じさせます。明るく活発で賢いため、誰でも飼いやすいですよ。

この記事ではジャーマンピンシャーの販売価格や餌代など飼育費用についてまとめました。

 

ジャーマンピンシャーの販売価格と年間かかる餌代は?

ジャーマンピンシャー

子犬価格

  • 30~50万円

ジャーマンピンシャーの子犬価格は30万~50万円と高額です。ミニチュアピンシャーやドーペルマンピンシャーに比べて、日本では比較的希少な犬種です。

国内で繁殖するブリーダーも少なく、子犬が見つからない場合は海外からの輸入になることもあります。輸入になると輸送費など含め高額になり手続きから時間がかかることも覚悟しておいてください。

 

年間の餌代

餌代は月6,000円程度、おやつなども含めると年間9万円程度です。フードはただ高ければ良いというわけではなく新鮮な食材を使い、栄養バランスの良い添加物不使用のものがおすすめですよ。

イギリス産の「カナガン ドッグフード」が最高のドッグフードといえます。

 

ジャーマンピンシャー、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ジャーマンピンシャー

飼育に必要なグッズ

  • ケージ
  • トイレ
  • 食器
  • カラー・リード
  • ケア用品

家族への愛情が深いジャーマンピンシャーは家族と一緒に過ごせる室内飼育がおすすめです。気候に関してはあまり気にする必要はありませんが、暑さや寒さが厳しい時期は、留守番させる場合の室温に注意して下さい。

テリトリー意識の強い犬ですが、しっかりと飼育環境を整えてあげることで来客時も穏やかに過ごせるようになりますよ。

 

ケージ

ケージはリビングなど普段過ごす場所に設置すると良いです。木製のものはしっかりしていて、インテリアにも馴染みやすくおすすめです。価格には幅があり、デザインなどにこだわると高額になりやすいですが3万円程度が平均的な値段です。

 

トイレ

トイレトレーは大きめのスーパーワイドサイズで5000円程度です。トイレトレーニングは子犬期から優先的にはじめてくださいね。

トイレシートは消耗品で月3500円程度です。シートの性能や使い方によっても価格は変わります。

 

食器

食器はフードボウルと水入れが必要です。フードボウルは2000円程度で購入することができます。スタンドのついたものは食器が滑りにくく、高さも出るので食べやすくておすすめです。

水用のボウルも同じようなもので大丈夫です。好きな時に水が飲めるように用意しておいてあげてください。

 

カラー・リード

カラーとリードは安全のためにもサイズや適正体重が合っているものを選びます。成長に伴いサイズも変わってくるのでその都度合ったものに買い替える必要があります。

毎日2時間ほど散歩が必要なので傷んできた場合も買い替えた方が安心です。平均的な価格はカラー3000円、リード2000円ほどです。

 

ケア用品

被毛の手入れをはじめ、ケアにはあまり手間がかかりません。定期的なブラッシングとシャンプーを行ってください。

短毛なので、ラバーブラシや獣毛ブラシを使って皮膚をマッサージするように行うと良いです。ブラシは1000~2000円程度、シャンプーも2000円程度で購入できます。

 

ジャーマンピンシャーの飼育はどのくらいお金がかかる?

ジャーマンピンシャー

生涯かかる合計費用

  • 470~540万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

ジャーマンピンシャーの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」が40万円とすると「飼育環境」を合わせて50万円ほどかかります。年間費用は「餌代」「医療費」「トイレ用品」「ケア用品」などを合わせて20万円と概算できます。

寿命は12~14年ほどなので、生涯費用は50万+35万×(12~14)年=470~540万円ほどになる計算です。

ワクチンや狂犬病予防接種、フィラリアやノミ・ダニの予防は毎年行ってください。ジャーマンピンシャーは血統を辿ると5頭に行きつくと言われていて、近親交配も行われてきた犬種です。

そのため遺伝疾患には注意しなければなりません。動物の医療費は思っているより高額になりやすいので、ペット保険への加入も検討しておくといいかもしれません。

 

ジャーマンピンシャーと飼い主さん双方の幸せを考える!

ジャーマンピンシャー

ジャーマンピンシャーは明るく友好的で、子供と接することも得意です。賢く物覚えも良いためしつけもしやすく、毎日の長い散歩が苦にならない人にとっては最高のパートナードッグです。

家族に迎える場合は金銭的な余裕を持って、最後までお互いが幸せに暮らせるようにしてくださいね。