ノーフォークテリアの販売価格や餌代などお金まとめ

勇敢で負けず嫌いなノーフォークテリア。小さな体にしっかりとした骨格と筋肉、垂れ耳が特徴の小型犬です。この記事ではノーフォークテリアの販売価格や餌代など生涯かかるお金をまとめています。

 

ノーフォークテリアの販売価格と年間かかる餌代は?

ノーフォークテリア

子犬価格

  • 20~40万円

ノーフォークテリアの子犬価格は20~40万円ほどです。ショータイプや良血の子が欲しい場合は、専門のブリーダーから入手する必要があるので40万を超えることも珍しくありません。

国内で繁殖されている数が少ないので、子犬の予約を行っておいたり、遠方までお迎えに行く準備をしていてくださいね。お迎えにかかる費用などすべて含めると50万円ほどかかることもあります。

 

年間の餌代

ノーフォークテリアにおすすめなドッグフード「カナガンドッグフード」(2kg 3980円)で計算すると、月に1万5000円ほどかかります。

しつけに使うおやつ代と合わせて月2万円ほどとすると年間で約24万円かかる計算です。
dog1_canagan カナガン ドッグフード

『カナガンドッグフード』の購入サイトへ

ノーフォークテリア、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ノーフォークテリア

飼育に必要なグッズ

  • ケージ
  • 食器類
  • 首輪・ハーネス
  • トイレ用品
  • ケア用品

上記にまとめたグッズを揃えるのに総額で10万円ほどかかりますよ。それぞれどんなものがオススメなのか、目安価格とともに紹介しています。

 

ケージ

ノーフォークテリアは小型犬ですので小さめのケージでも飼育可能ですが、できれば広々とした中型犬用のケージがオススメです。最近では1万円以下で購入できるお店が増えていますよ。

 

食器類

テリア種はアゴの力が強いので、食器類を選ぶ際は陶器製の割れにくいものを選んでください。1000円ほどで購入可能です。

 

首輪・ハーネス

運動量が多いノーフォークテリアは毎日30分以上の散歩が必要です。活発に動き回るので事故が起こらないように首輪やハーネスは必須といえます。

少し大きめの丈夫なものがオススメで、5000円ほどで用意できますよ。他にオススメの首輪は関連記事にまとめています。

 

トイレ用品

トイレはよくペットショップに売っているトレータイプのもの(2000円程度)とトイレシーツ(1袋1000円程度)を揃えてあげてください。

 

ケア用品

被毛の手入れは週に2~3回程度ブラッシングまたはコーミングをしてあげます。あまり頻繁に行っても効果がありませんし皮膚を傷つけてしまいますので、毎日は控えてください。

シャンプーも月に2回、お散歩で汚れてしまった場合のみ行ってください。

 

ノーフォークテリアの飼育はどのくらいお金がかかる?

ノーフォークテリア

生涯かかる合計費用

  • 470~575万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

ノーフォークテリアの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」が40万円だとすると「飼育環境」を合わせて50万円ほどかかります。

年間費用は「餌代」「医療費」「トイレ用品」「ケア用品」などを合わせて約35万円と概算できます。ノーフォークテリアの寿命は12~15年ほどなので、生涯費用は50万+35万×(12~15)年=470~575万円ほどになる計算です。

 

しっかりとした訓練が必要な小型犬

ノーフォークテリア

ノーフォークテリアは小さく愛らしい外見ですが、愛玩犬ではなくもともとは猟犬です。服従心はありますが、甘やかしてしまうと飼い主の指示に従わなくなってしまうこともありますよ。

小さい頃から信頼関係を築き十分な訓練を行ってあげてくださいね。