ブラッドハウンドの販売価格や餌代などお金まとめ

「高貴な血を継ぐ純血の犬」という意味を持つブラッドハウンドは、ベルギー原産のセントハウンドです。

ジャーマンシェパードをはるかに凌ぐともいわれる鋭い嗅覚を持つ犬としても知られていますよ。

この記事ではブラッドハウンドの販売価格や餌代など生涯でかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ブラッドハウンドの販売価格と年間かかる餌代は?

ブラッドハウンド 子犬

子犬の価格

  • 25万円前後

年間の餌代

  • 約22万円

ブラッドハウンドの子犬の販売価格は25万円前後です。

多くは実猟犬として飼われておりペットとしての飼育は稀ですが、熱心なブリーダーさんによって繁殖は行われていますよ。

また、ごくまれに里親の募集がされていることもあります。年齢などにこだわりが無い方はぜひ探してみてくださいね。

 

年間の餌代

ブラッドハウンドには、「アーテミス フレッシュミックス」がおすすめです。

「アーテミス」(13.6kg 12650円)で計算すると、月に15000円ほどかかります。しつけに使うおやつ代やグルコサミンなどのサプリメントと合わせて月18000円ほどなので、年間で約22万円かかる計算ですね。

アーテミス フレッシュミックス

 

ブラッドハウンド、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ブラッドハウンド3

準備しておくもの

  • ケージ
  • 床材
  • 食器類
  • 首輪、リード
  • トイレ用品
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • 食器台

ブラッドハウンドを飼育するために必要なものは「ケージ」「床材」「食器類」「首輪、リード」「トイレ用品」「ケア用品」などです。

総額で10万円ほどかかりますが必要なものなので揃えてあげてくださいね。

 

ケージ

ブラッドハウンド成犬時の大きさが40~50kg程度になるので、3万円ほどで購入できる超大型犬用のステンレスタイプがおすすめです。

 

床材

大型犬ということもあり、股関節形成不全にも注意が必要です。

フローリングの床で滑ったりしないようにコルクマットを敷き詰めたり、1万円程度で販売されている滑り止めのワックスを床に塗ってあげることで関節疾患のリスクを下げることができますよ。

 

食器類

食器類は耐久性のあるステンレス製のボウルがおすすめです。直径20cmほどの大きめのお皿を選んであげるとドカ食いを防げるので胃捻転の防止にもなります。

水飲みはボウルでも大丈夫ですが、衛生面やドカ飲み予防を考えて給水ボトルタイプがおすすめです。それぞれ2000円ほどで販売されていますよ。

 

首輪、リード

温和で穏やかな性格をしていますが大型犬で力が強い犬種なので、しっかりとした素材の首輪かチェーンカラーおすすめです。

チェーンカラーは成長に合わせて買い替える必要はありますが、首の急所にはめれば大型犬が暴れても動けないようにできるので散歩の時に便利ですよ。5000円ほどで購入できます。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー&リンス」「イヤーローション」も揃えるようにします。

短毛種ですが、普段のケアが疎かになると皮膚病の原因にもなります。コームを使った週2~3回のブラッシングと1~2ヶ月に1回のシャンプーをしてあげてください。

また、垂れ耳で外耳炎になりやすいので耳のケアも忘れない事が大切ですよ。イヤークリーナーは1500円程度で販売されています。

アイルオブドッグス No10
おすすめのシャンプーはこちら↓↓

アイルオブドッグス No50
おすすめのリンスはこちら↓↓

 

トイレ用品

トイレはXLサイズのトイレトレーがおすすめで9000円前後、スーパーワイドサイズのトイレシートは18枚入りが1250円程で売られていますよ。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「食器台」です。

胃捻転になりやすいので、食器台を設置して食器の高さを首の高さにしてあげるだけでも発症のリスクを下げられますよ。1500円程度で販売されています。

 

ブラッドハウンドの飼育はどのくらいお金がかかる?

ブラッドハウンド2

飼育にかかる合計費用

  • 約310万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

ブラッドハウンドの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約35万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。大型犬の医療費は年間4万円ほどなので、年間費用は30万円になります。

ブラッドハウンドの平均寿命は9年ほどなので、生涯費用は35万+30万×9年=305万円ほどになる計算ですよ。

「股関節形成不全」「皮膚疾患」「胃捻転」などを患いやすいので、医療費を抑えるためにもペット保険へ加入を考えてあげてくださいね。

 

ドッグショーに挑戦してみよう!

shutterstock_282868352
ブラッドハウンドはペットとして飼われることは少ないものの、ショードッグとしても世界中で活躍しています。

大型犬ということもあり飼育環境の整備や資金面など簡単に飼える犬種ではないですが、ブラッドハウンドと過ごす日々は今までに感じたことが無い充実感を感じること間違いなしですよ。