サーロスウルフドッグの販売価格や餌代などお金まとめ

サーロスウルフドッグは、オオカミの血を25%受け継ぐオランダ原産の大型ウルフドッグです。

レンデルト・サルース氏がオオカミとジャーマンシェパードを交配させたことで誕生しました。

この記事ではサーロスウルフドッグの販売価格や餌代など生涯でかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

サーロスウルフドッグの販売価格と年間かかる餌代は?

サーロスウルフドッグ

子犬の価格

  • 50万円以上

年間の餌代

  • 約24万円

サーロスウルフドッグの子犬の販売価格は50万円以上を見積もっておいてください。

海外では1000~2000ドル前後で販売されていますが、ブリーダーも日本など国外の遠い地域への出荷は行わないため、入手すること自体が非常に難しいと言えます。

JKCにも登録されておらず、日本で繁殖しているブリーダーさんも見当たらないので購入を考えているのであれば海外から輸入をする必要がありますよ。輸入代行業者などに依頼すると手数料を含めて50万円はかかると思っておいた方がいいですね。

 

年間の餌代

サーロスウルフドッグにおすすめのドッグフード「カナガン」(2kg 3960円)で計算すると、月に15000円ほどかかります。

しつけに使うおやつ代と合わせて月2万円ほどなので、年間で約24万円かかる計算ですね。

ただ、ウルフドッグの餌はドライフードよりも生肉がメインとなるため月30万円前後を見積もっておいた方がいいかも知れません。

dog1_canagan

『カナガンドッグフード』の購入サイトへ

 

サーロスウルフドッグ、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

サーロスウルフドッグ

準備しておくもの

  • 飼育部屋
  • 床材
  • 食器類
  • 首輪、リード
  • トイレ用品
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • 食器台
  • 犬用レインコート

サーロスウルフドッグを飼育するために必要なものは「飼育部屋」「床材」「食器類」「首輪、リード」「トイレ用品」「ケア用品」などです。総額で10万円ほどかかりますが必要なものなので揃えてあげてくださいね。

 

飼育部屋

サーロスウルフドッグは臆病で群れへの意識が強いため、飼い主さんと離れ離れになる単独での室外飼育は不向きです。

また、狭い場所に閉じ込められることもストレスになるため、室内に広いスペースを確保する必要がありますよ。自由に動き回れる専用の部屋を作ってあげられると最適ですね。

 

床材

股関節形成不全に注意が必要な犬種なので、フローリングの床で滑ったりしないように対策が必要です。

コルクマットや1万円程度で販売されている滑り止めのワックスを床に塗ってあげることで関節疾患のリスクを下げることができますよ。

 

食器類

食器は耐久性のあるステンレス製の丸ボウルがおすすめです。お皿は直径20cmほどの大きめのものを選んであげるとドカ食いを防げるので胃捻転の防止にもなりますよ。

水飲みはボウルでも大丈夫ですが、衛生面やドカ飲み予防を考えて給水ボトルタイプがおすすめです。それぞれ2000円ほどで販売されています。

 

首輪、リード

サーロスウルフドッグは主人に対して忠実な性格をしていますが力が強いので、しっかりとした素材の首輪かチェーンカラーがおすすめです。

チェーンカラーは成長に合わせて買い替える必要はありますが、首の急所にはめれば大型犬が暴れても動けないようにできるので散歩の時に便利ですよ。4000円ほどで購入できます。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」も揃えるようにしてください。

被毛は汚れにくいですが、ダブルコートのためブラッシングが欠かせません。ブラッシングはコミュニケーションにもなるので毎日やってあげることをおすすめします。

ブラシ類は2000円ほどで購入できますよ。

 

トイレ用品

トイレはXLサイズのトイレトレーがおすすめで9000円前後、スーパーワイドサイズのトイレシートは18枚入りが1250円程で売られていますよ。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「食器台」です。

胃捻転を予防するために食器台も用意しておくと便利ですよ。食器の高さを首の高さにしてあげるだけでも発症のリスクを下げられますよ。

 

サーロスウルフドッグの飼育はどのくらいお金がかかる?

サーロスウルフドッグ

飼育にかかる合計費用

  • 約370万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

サーロスウルフドッグの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約60万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。大型犬の医療費は年間4万円ほどなので、年間費用は31万円になります。

サーロスウルフドッグの平均寿命は10年ほどなので、生涯費用は60万+31万×10年=370万円ほどになる計算ですよ。

遺伝性疾患も少なく健康的な犬種ですが、万が一の時の医療費を抑えるためにもペット保険へ加入を考えてあげてくださいね。

 

生半可な覚悟では愛犬を不幸にしてしまう!

サーロスウルフドッグ
精悍な顔立ちとオオカミのような容姿に憧れてサーロスウルフドッグを飼いたいと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、サーロスウルフドッグはしつけが難しく、リーダーシップを確立できないと大の大人でも手におえなくなることも少なくないです。

日本での飼育はあまり現実的ではありませんが、飼育する場合はしっかりした管理のもと最後まで面倒をみるという覚悟がなければ犬を不幸にしてしまいますよ。