犬のおもちゃ、人気の種類は?手作りできる?

犬のおもちゃはたくさんの種類があり、何を選んで良いかわからないという声もよく聞きます。今回は、犬のおもちゃについてまとめました。人気のおもちゃを用途別にまとめましたので、愛犬の性格や状況に合わせて適切なおもちゃを与えてあげてくださいね。

 

屋外用の遊ぶおもちゃはボールやフリスビーが人気!

shutterstock_2944720
ボールやフリスビーなど動くものが大好きな犬は、追いかけたり、キャッチしたりして遊ぶのが大好きです。うまくできたときは褒めてあげると仲を深めることができますよ。また、鈴の音などの高い音に興味を持つ犬も多いので、音が鳴るおもちゃを与えてあげることで、好奇心を満たすことができます。

 

屋内用の遊ぶおもちゃは綱やパペットが人気!

犬 素材

綱を引っ張り合いして遊ぶタイプのおもちゃもあります。片方を犬が、もう片方を飼い主が持って、力加減を調節しながら遊びます。パペットのようなおもちゃも人気がありますね。飼い主が手を入れて動かすことで、犬が興味を持ちます。興奮しておもちゃごと手を噛むこともあるので、甘噛みの加減をしつけて覚えさせることもできるおもちゃです。

 

ぬいぐるみや歯磨きガムなどの噛むおもちゃは歯磨きやストレス解消にも役立つ!

犬 かわいい funny

噛むおもちゃは犬が楽しむだけではなく、犬のストレス解消と歯磨き代わりに歯垢や歯石を落とすという2つの役割があり、とても便利です。特に歯磨きガムは噛むおもちゃとして人気です。

トウモロコシや動物の骨や皮など、天然由来の素材でできていれば、食べても問題なく安心です。ただ、動物の骨をおもちゃとしてあげる場合は、鶏の骨だけは避けてください。鶏の骨は縦に割れやすく、喉に刺さる危険性があるからです。ぬいぐるみも噛むおもちゃとして人気です。

これらのおもちゃは全て消耗品です。サイズが小さくなり、誤飲の危険性を感じたら、すぐに交換してあげてください。また、ぬいぐるみ系のおもちゃは中身が取り出されたら交換の目安です。綿を食べてしまう可能性があります。

 

知能系おもちゃは犬の好奇心を満たしてくれる!

犬 かわいい

犬の知能を育てるおもちゃもあります。ボール型をしていて、ある条件を満たすと中からごはんが出てくるおもちゃなどが代表的です。ぬいぐるみなどの一定の箇所に音が鳴る仕掛けがあるおもちゃも、ここを噛んだら音が鳴ると記憶できるので、知能系おもちゃといえますね。

犬はもともと知能が高いので、おもちゃに飽きることがあります。そういう犬には、知能系のおもちゃを与えてあげると好奇心が継続し、飽きないで遊び続けてくれますよ。

 

1歳までの子犬におすすめ!「こいぬすてっぷ」とは?

こいぬすてっぷ ブリーダーワン

こいぬすてっぷは1歳までの子犬のしつけをトータルサポートできるしつけサービスです。獣医行動診療科認定医である荒田獣医師が監修を努めており、多くの飼い主さんから喜びの声を集めている今話題の商品ですよ。

子犬の成長に合わせたおもちゃ、おやつ、しつけ本、日用品が毎月届きます。

1歳までのしつけはその子犬の将来を決めますし、しつけは成長に合わせて無理のないペースで行う必要があります。こいぬすてっぷは、あなたの子犬に合わせて毎月の商品をカスタマイズしてくれます。

おもちゃをオーダーメイドしてくれるサービスが「こいぬすてっぷ」なのです

 

犬のおもちゃは手作りできる?

shutterstock_191218205

犬のおもちゃは、家にある身近なもので、簡単に手作りしてあげることができます。例えば、いらなくなったTシャツやタオルをまるめてあげるだけで、ぬいぐるみと同じように遊んでくれます。

小さな空のペットボトルに大好きなおやつをいれてフタをすれば、知育系おもちゃのでき上がりです。カラカラと音がなれば、興味をひくこともできます。おもちゃは消耗品なので、身近なものからお気に入りのおもちゃを作れると経済的にも安心ですよね。

 

遊ばせっぱなしでなく、愛犬に合わせておもちゃを選んであげましょう

shutterstock_137762864

犬のおもちゃにはたくさんの種類がありますし、犬によって好きなもの、興味を示すものが異なります。大切なのは、ただ遊ばせっぱなしにしないで、愛犬の状態に合わせておもちゃを選んであげることです。

少し興奮気味であれば、噛むおもちゃを与えて、気が収まるまで噛ませてあげましょう。運動不足の場合は、外でボール遊びやフリスビー遊びをさせてあげるのも良いですよね。おもちゃをコミュニケーションツールとして、愛犬とたくさん触れ合ってあげてくださいね。