アメリカンボブテイルの販売価格や餌代などお金まとめ

アメリカンボブテイルは、耳の先にあるリンクスティップと呼ばれる飾り毛が特徴的な猫です。

ワイルドな外見をしていますが社交的で遊び好きな性格をしており、海外ではセラピーキャットとしても活躍していますよ。

この記事ではアメリカンボブテイルの販売価格や餌代など生涯にかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

アメリカンボブテイルの販売価格と年間かかる餌代は?

アメリカンボブテイル1出典:www.metaphoricalplatypus.com

子猫の価格

  • 30万円程度

年間の餌代

  • 5.5万円程度

アメリカンボブテイルの購入を考えている場合は、海外から個人輸入することになります。

海外では600$程度で販売されていることが多いですが、輸入にかかる諸経費などを含めると少なくても30万円程度は見積もっておく必要がありますよ。

 

年間の餌代

猫は体重によって与える餌の量が決まります。餌代はキャットフードの種類によっても変わりますが、4~5kg前後のアメリカンボブテイルであれば年間で約4.5万円かかります。

餌以外におやつを与えたりすることも考えて、年間5.5万円ほど見積もっておいた方がいいですよ。

 

アメリカンボブテイル、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

アメリカンボブテイル2出典:tetoan.com

準備しておくもの

  • ケージ
  • キャットタワー
  • 食器類
  • ケア用品
  • トイレ用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • おもちゃ

アメリカンボブテイルの飼育に必要なものは「ケージ」「キャットタワー」「食器類」「ケア用品」「トイレ用品」などです。総額で4万円前後で揃えられますよ。

 

ケージ

猫にケージは必要ないともいわれますが、病気になった時や多頭飼いを考えている場合などに揃えておくと便利ですよ。

なt、ドアを常に開けたままの状態にしておけば出入り自由な寝床としても使うことができます。10000~15000円ほどで販売されています。

 

キャットタワー

アメリカンボブテイルは活発で走り回ることも大好きなので、上下運動ができるキャットタワーはぜひ用意してあげてくださいね。

1本柱だと反動で倒れることもあるので、2本柱のタイプの高さが130~180cm程のものがおすすめですよ。10000~15000円ほどで購入できます。

 

食器類

食器類は100円ショップで販売されているものでも大丈夫ですが、ヒゲが当たらない大きさで重さがある浅いお皿が向いています。

水飲みは留守番中でも倒す心配がなく衛生的な給水ボトルタイプがおすすめです。価格は1000円程度で購入できますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のコーム」「爪とぎ・爪切り」なども用意してください。

ダブルコートの猫種なので、週2~3回程度はブラッシングをして抜け毛を取り除いてあげてくださいね。また、ストレスから家具を爪をといでしまうこともあります。爪切り・爪とぎと合わせて揃えてあげてください。

コーム、爪とぎは1500円ほどで購入できますよ。

 

トイレ用品

猫用のトイレはシステムタイプやトレータイプなど様々な種類の商品が販売されています。猫砂も猫によって好みが違うので、様々なものを試してみて最適なものを選んであげてくださいね。トイレは3000円程度、猫砂は一袋500円ほどで販売されています。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーケース」「おもちゃ」などです。

病院へ行く時などにキャリーバッグは必要です。3000~5000円ほどで販売されているので用意しておくと安心ですよ。

聴力や視力に優れており、獲物に対する反応が素早いエジプシャンマウには追いかけられるようなおもちゃがおすすめです。複数揃えても5000円程度で購入できます。

 

アメリカンボブテイルの飼育はどのくらいお金がかかる?

アメリカンボブテイル3出典:www.vetstreet.com

飼育にかかる合計費用

  • 約194万円程度

猫の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

アメリカンボブテイルの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約34万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。

中型猫の医療費は年間2万円ほどなので、年間費用は10万円になります。アメリカンボブテイルの平均寿命は16年ほどなので、生涯費用は34万+10万×16年=194万円ほどになる計算ですよ。

遺伝疾患も少なく健康的な猫ですが「泌尿器系の病気」には注意が必要なので、医療費を抑えるためにもペット保険へ加入を考えてあげてくださいね。

 

万全な状態で飼育を始めることが大切!

アメリカンボブテイル4出典:www.vetstreet.com

しっかりと見積もりをしてから飼育を始めないと、飼い主さんや愛猫の両方にとって辛い判断を迫られることもありますよ。

潤沢な費用を用意してから、アメリカンボブテイルとの生活を楽しんでくださいね。