柴犬の寿命、平均は?年齢ごとの病気やアレルギー、皮膚病は?

かわいくて人気の柴犬ですが、飼うときに気になることのひとつに健康がありますね。寿命や病気について適切な情報を持ち、健康な状態で長く一緒に過ごしたいと考えている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、柴犬の寿命、病気関連のお役立ち情報をまとめました。また、食事についても知識をもっておくと、愛犬を健康で長生きさせることができますよ。

 

柴犬の平均寿命は?

柴犬_困り顔

柴犬 平均寿命

  • 13〜15歳

柴犬の平均寿命は13歳くらいといわれ、他の犬と比べても平均的な長さです。近年はドッグフードや医療の進化により年々寿命が延びているので、15歳くらいまで生きる柴犬も多いです。

中には20歳を越えるまで長生きする柴犬もいるようですよ。これらは平均寿命なので、病気に気をつけ、健康状態でいることが前提です。

 

柴犬の病気、年齢でかかりやすさに違いは?皮膚病になりやすい?

柴犬_撫でる_マッサージ

柴犬は体が丈夫で清潔好きなので、他の犬と比べると病気にかかりづらく、健康であるといわれています。とはいえ、ペットの飼育環境の変化に伴い、注意すべき病気が増えています。

これまでは、7歳以上になるまではかかりやすい病気はなかったのですが、室内で飼われる柴犬が多くなっており、ハウスダストが皮膚病の原因になっているといわれています。代表的な皮膚病には、アトピー性皮膚炎や内分泌性皮膚炎などがあります。

 

アトピー性皮膚炎

ハウスダストや花粉などによるアレルギー反応から、皮膚のかゆみや赤み、脱毛などの症状が見られます。発症してしまった場合は、かゆみ止めの薬をのむことと、アレルギー原因物質に接触しない環境を整えることが大切です。

動物病院へ行って血液検査を行い、アレルギー反応を起こしている物質を検査することをおすすめします。また、定期的にシャンプーやブラッシングをしてあげるで、皮膚を清潔に保つことでアレルギー反応を抑えることができますよ。

 

柴犬はドッグフードでアレルギーになりやすい?

犬 子犬 たくさん 柴犬

他に注意すべき病気として、ドッグフードによる肥満やアレルギーが原因となって発生するものがあります。現代のドッグフードはとても優れた栄養食ですが、すべてのドッグフードが愛犬に適しているとは限りません。中にはアレルギーを引き起こすものもありますし、栄養過多になるものもあります。

ドッグフードが原因で起こる病気は、アレルギーや肥満に伴う心疾患などです。こうした病気は、皮膚病と同様に皮膚をこまめにチェックすることと、体重の変化に気を配ることで防ぐことができます。

 

柴犬の老犬はどんな病気に気をつけたらいい?

shutterstock_224962267

柴犬の平均寿命は延びているので、老犬期間が長くなり、病気にかかる可能性が高まっています。老犬になると、心臓病や眼の病気にかかりやすくなります。

心臓の弁が正常に働かなくなる僧帽弁閉鎖不全や、膝蓋骨の脱臼、視力が低下する白内障が代表的な病気です。死の間際には認知症で飼い主を認識できなくなる柴犬もいます。

 

僧帽弁閉鎖不全

柴犬がかかりやすい病気です。通常は心臓の左心房と左心室の間に位置する僧帽弁により血液の逆流を防いでいますが、この弁が完全に機能できなくなることにより、血液の一部が弁の隙間から左心房へ逆流する状態のことを指します。

気が付かないうちに症状が進行してしまう心臓病で、進行すると、咳、荒い呼吸、心雑音などの症状があります。

 

白内障

目が白く濁り、視力が低下し、場合によっては失明にも至ることもある病気です。

水晶体液の新陳代謝がうまく働かなくなり、水晶体が白濁してしまう状態をいい、発症すると物にぶつかったり、つまずいたりという症状が見られます。

 

認知症

良質なドッグフードの摂取により、犬の長寿化が進む一方、老化に伴い、認知症に掛かる犬が増えてきました。中でも、柴犬は認知症にかかりやすい犬種といわれています。

名前に反応しなくなる、飼い主を判別できなくなる、などの症状が見られると言われていますが、飼い主への影響が最も大きいのが、夜鳴きです。

個人差もありますが、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)の含まれたドッグフードにより症状を抑えることが可能とされています。

老化に伴って病気が増えるのは仕方がないことなので、しっかりとした予防策と発症したあとの動物病院への診察など迅速な対応をしてあげてくださいね。

 

柴犬の餌は?

柴犬

犬はもともと肉食動物でしたが、人間と暮らすうちに人間の食べ物も食べるようになり、現在は雑食に近い状態です。餌に関して重要なことは2つあります。1つは、栄養バランスで、たんぱく質は動物性と植物性(大豆など)の両方が必要です。

また、カルシウム、カリウム、塩分も必要ですよ。犬は塩分の濃い味に慣れると、濃い味のものを好むようになって、塩分をとりすぎるようになるので、塩分バランスには注意してください。

もう1つは脂肪分に気をつけることです。脂肪分を気にせずに食事を与えると、脂肪分過剰摂取となり、肥満の原因となります。子犬用や妊娠中の犬用のフードは、脂肪分が多く含まれているので、通常の成犬に与えないようにしましょう。

 

健康寿命を伸ばしてあげることは飼い主の役目

shutterstock_103997729

体が丈夫で病気にかかりにくい柴犬ですが、7歳を過ぎた老犬になると心配な病気が増えます。単純に寿命をのばすよりも、健康な状態での寿命を伸ばしてあげられるように、日々与える食事に気をつけて、病気になりにくい環境をつくってあげることも重要ですね。