レオンベルガーの販売価格や餌代などお金まとめ

レオンベルガーは、セントバーナードとニューファウンドランドを基に1846年のドイツで誕生した超大型犬です。

体は大きいですが家族に対しては忠実で愛情深いという一面も持っているので、ペットとしても最適ですよ。

この記事ではレオンベルガーの販売価格や餌代など生涯でかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

レオンベルガーの販売価格と年間かかる餌代は?

レオンベルガー 子犬

子犬の価格

  • 30万円前後

年間の餌代

  • 約36万円

レオンベルガーの子犬の販売価格は30万円前後です。日本ではあまり見かけない犬種ですが、ブリーダーさんはいらっしゃるので連絡を取って早めの予約をおすすめします。

また、極稀にですが里親を募集していることもありますよ。年齢にこだわりが無ければ探してみてくださいね。

 

年間の餌代

レオンベルガーにおすすめのドッグフード「カナガン」(2kg 3960円)で計算すると、月に2.5万円ほどかかります。

しつけに使うおやつ代と合わせて月3万円ほどなので、年間で約36万円かかる計算ですね。

dog1_canagan

『カナガンドッグフード』の購入サイトへ

レオンベルガー、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

レオンベルガー特徴

 

準備しておくもの

  • サークル
  • 床材
  • 食器類
  • 首輪、リード
  • トイレ用品
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • 食器台
  • 犬用レインコート

レオンベルガーを飼育するために必要なものは「サークル」「床材」「食器類」「首輪、リード」「トイレ用品」「ケア用品」などです。総額で10万円ほどかかりますが必要なものなので揃えてあげてくださいね。

 

サークル

レオンベルガーは成犬時の大きさが40~50kg程度に成長するので大型犬用のサークルを用意してあげてください。

中にベッドとトイレを設置しても十分な広さが確保できる大きさのサークルであれば3万円ほどで購入可能ですよ。

 

床材

股関節形成不全にも注意が必要な犬種なので、フローリングの床で滑ったりしないように対策が必要です。

コルクマットや1万円程度で販売されている滑り止めのワックスを床に塗ってあげることで関節疾患のリスクを下げることができますよ。

 

食器類

食器は耐久性のあるステンレス製の丸ボウルがおすすめです。お皿は直径20cmほどの大きめのものを選んであげるとドカ食いを防げるので胃捻転の防止にもなりますよ。

水飲みはボウルでも大丈夫ですが、衛生面やドカ飲み予防を考えて給水ボトルタイプがおすすめです。それぞれ2000円ほどで販売されています。

 

首輪、リード

レオンベルガーは主人に対して忠実な性格をしていますが、大型犬で力が強いのでしっかりとした素材の首輪を選んであげてください。

5000円でほどで様々な素材の首輪が売られているので最適なものを見つけてあげてくださいね。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー」「イヤークリーナー」も揃えるようにしてください。

被毛はショートとロングの2種類がいますが、しっかりとブラッシングをしないと皮膚疾患の原因にもなります。ブラッシングは週2~3回、シャンプーは1~2ヶ月に1回程度を目安に行ってあげてくだいね。

また、垂れ耳で外耳炎になりやすいのでイヤークリーナーもあると便利です。1200円前後で販売されています。

アイルオブドッグス No10
おすすめのシャンプーはこちら↓↓

Amazonで商品を確認する

アイルオブドッグス No51
おすすめのリンスはこちら↓↓

Amazonで商品を確認する

 

トイレ用品

トイレはXLサイズのトイレトレーがおすすめで9000円前後、スーパーワイドサイズのトイレシートは18枚入りが1250円程で売られていますよ。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「食器台」「犬用レインコート」です。

胃捻転を予防するために食器台も用意しておくと便利ですよ。食器の高さを首の高さにしてあげるだけでも発症のリスクを下げられますよ。

雨に濡れると美しい毛並みが損なわれてしまうので、雨天の散歩用にレインコートがあると便利ですよ。6000円ほどで購入できます。

 

レオンベルガーの飼育はどのくらいお金がかかる?

レオンベルガー

飼育にかかる合計費用

  • 約385万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

レオンベルガーの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約40万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。大型犬の医療費は年間4万円ほどなので、年間費用は43万円になります。

レオンベルガーの平均寿命は8年ほどなので、生涯費用は40万+43万×8年=384万円ほどになる計算ですよ。

「股関節形成不全」や「胃捻転」を患いやすいので、医療費を抑えるためにもペット保険へ加入を考えてあげてくださいね。

 

飼育前に診察してくれる病院も探しておこう!

レオンベルガー
レオンベルガーに限らず、超大型犬は病院で診察を断られることも少なくないです。飼育環境の整備や資金面の確保だけでなく病院を見つけておくことも大切ですよ。

いざというときに困らないように、万全の態勢を整えてから飼育するようにしてくださいね。