オーストラリアンシェパードの販売価格や餌代などお金まとめ

オーストラリアンシェパードは「オゥシー」という愛称で親しまれているアメリカ・カリフォルニア原産の牧羊犬です。

愛情深いだけでなく責任感が強い一面もあるので、小さな子供がいる家庭でも安心して飼うことができますよ。

この記事ではオーストラリアンシェパードドッグの販売価格や餌代など飼育費用についてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

オーストラリアンシェパードの販売価格と年間かかる餌代は?

オーストラリアンシェパード 子犬

子犬価格

  • 20万円

年間の餌代

  • 12万円

オーストラリアンシェパードは20万円前後で販売されています。

ペットショップで販売されることは滅多に無いので、入手を考えているのであればブリーダーさんから入手する必要がありますよ。

ただ、この犬種は遺伝性疾患が多い事でも知られています。家系により発症しやすいリスクがあるので、ブリーダーさんに親犬の病歴や各種検査結果をクリアしているかを問い合わせることをおすすめします。

 

年間の餌代

オーストラリアンシェパードは関節疾患に注意が必要な犬種なのでグルコサミンやコンドロイチンなどの成分が豊富に入っている「サイエンスダイエット」がおすすめです。

餌代は「サイエンスダイエット アダルト 大型犬種用」(7kg 4294円)で計算すると月8000円ほどかかります。しつけに使うおやつ代と合わせて月1万円ほどなので、年間で約12万円かかる計算ですね。
サイエンスダイエット

Amazonで商品を確認する

 

オーストラリアンシェパード、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

オーストラリアンシェパード

 

飼育に必要なグッズ

  • バリケンネル
  • 床材
  • トイレ用品
  • 食器
  • 首輪、リード
  • ケア用品

オーストラリアンシェパードを飼育するために必要なものは「バリケンネル」「床材」「トイレ用品」「食器」「首輪、リード」「ケア用品」などです。

すべて揃えるのに9万円ほどかかりますが、揃えてあげてくださいね。

 

バリケンネル

オーストラリアンシェパードには、1.5~2万円ほどで販売されているバリケンネル300かバリケンネル400がおすすめです。

 

床材

股関節形成不全になりやすいので、フローリングの床には滑り止めの対策が必要です。

滑り止めのマットやフローリング用滑り止めワックスを塗る方法がありますよ。20畳用のマットは4万円ほど、滑り止めのワックスは1万円ほどで販売されています。

 

トイレ用品

トイレトレーは5000円前後で販売されているワイドサイズを2枚並べるタイプがおすすめです。

トイレシートのワイドサイズは300枚入り6000円程度で購入できます。

 

食器

オーストラリアンシェパードは胃捻転になりやすい犬種なので、ドカ食い予防にもなる直径20cmほどの大きめのお皿がおすすめです。

水飲みは倒してこぼしてしまったりイタズラを防げる給水ボトルタイプがおすすめです。それぞれ2000円程度で買えますよ。

 

首輪、リード

オーストラリアンシェパードには「ハーフチョーク」か「チェーンチョーク」がおすすめです。

被毛の千切れが気になる場合はハーネスもおすすめですが、とっさの時に抜けてしまうこともあるので状況に合わせて最適なものを選んであげてくださいね。

 

ケア用品

オーストラリアンシェパードの飼育に必要なケア用品は「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー」です。

シェパードは抜け毛の多い犬種なので被毛の手入れを怠ると皮膚病の原因にもなります。スリッカーブラシとピロコームを使って週1~2回のブラッシングをしてあげてくださいね。

また、皮膚が弱いので弱酸性のシャンプーで1ヶ月に1回程度シャンプーをしてあげてください。ブラシ類は合わせて4000円程度、シャンプー&リンスは4000円程度で購入できますよ。

ラファンシーズ トリートメントシャンプー
おすすめのシャンプー&リンスはこちら↓↓

Amazonで商品を確認する

 

オーストラリアンシェパードの飼育はどのくらいお金がかかる?

オーストラリアンシェパード

生涯かかる合計費用

  • 約282万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

オーストラリアンシェパードの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約30万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。中型犬の医療費は年間3.5万円ほどなので、年間費用は18万円になります。

オーストラリアンシェパードの平均寿命は14年ほどなので、生涯費用は30万+18万×14年=282万円ほどになる計算ですよ。

親からの遺伝性疾患が多い犬種なので、医療費を抑えるためにもペット保険へ加入を考えてあげてくださいね。

 

ドッグショーやドッグスポーツに挑戦してお互いの絆を深めよう!

オーストラリアンシェパード

オーストラリアンシェパードはドッグショーやドッグスポーツなど様々な楽しみ方ができる犬です。

一つの目標に向かってお互いが努力する充実した時間を愛犬と共有してみませんか。