ボーダーコリーの歴史は?飼育環境や散歩の頻度は?

聡明で優秀な牧羊犬として活躍しているボーダーコリー。運動能力と訓練性の高さから、アジリティ・ドッグとしても人気ですね。この記事ではボーダーコリーの歴史と飼育環境、散歩の頻度についてまとめました。

 

ボーダーコリーの歴史は?

ボーダーコリー

ボーダーコリー起源は8世紀頃スカンジナビアからスコットランドに渡りトナカイの牧畜に携わっていた犬が祖先という説がありますが詳細は不明です。スコットランド土着のシープドッグと混血し、現在の犬種が完成したとされています。

19世紀のイギリスでは、様々な犬種が牧畜犬として働いていました。1873年に牧羊犬の中で優秀な犬を決めるための競技会が開かれ、ボーダーコリーが大活躍します。他の犬たちと異なり、頭を低くして羊に近づき睨み付けることで羊たちを見事に統率したのです。

その後アメリカに渡り、運動能力やトレーニングのしやすさ、服従性や判断力など牧羊犬としての能力の高さが絶賛されます。外見よりも作業能力を重視して交配されてきたボーダーコリーがAKCなどの犬種団体へ承認されたのは最近のことです。

承認に際して抗議の声が出たこともありましたが、服従競技やワーキング競技においてボーダーコリーが上位を占め、人気が上がったことも承認を後押ししました。

以来、ショーにも頻繁に出されるようになり、フライングディスクやアジリティ競技においては、その才能を十分に発揮し優秀な成績を残しています。現在でも牧羊犬として活躍するボーダーコリーも多くいます。

 

ボーダーコリーの飼育環境の準備は?

ボーダーコリー 

ボーダーコリーは室内でも飼育は可能ですが、活発な犬種であるため広いスペースがあることが前提です。出来れば自由に出入りして動き回れる庭などがあると良いですよ。

飼い主さんの生活面でも、ボーダーコリーの運動やしつけのために時間をしっかりとれる方に飼育は限定されます。

 

ボーダーコリーの散歩の頻度は?

ボーダーコリー

 

運動能力が高くスタミナもあるボーダーコリーの飼育では、毎日かなりの運動量を確保する必要があります。散歩は1日2回がベストです。

散歩では平坦な道を歩くだけでなく、上り下りのある坂道やボール遊び、アジリティなど頭を使う激しい運動も取り入れると喜びます。

将来的に競技会への出場を目標にしている方は、専門トレーナーの元指導を受けることをオススメしますよ。時間があるときには、ドッグランに連れて行って思い切り走らせてあげてくださいね。

 

問題行動もすぐに覚えてしまう賢い犬種!

ボーダーコリー

ボーダーコリーは賢く活動的な犬種です。子犬の頃は可愛く甘やかしたくなりますが、頭のいい犬だけに間違ったことを覚えたり、上下関係を築けていないと問題行動の原因になってしまいます。

十分な運動と、正しいしつけを行えば、従順で優秀なパートナーとなってくれますよ。