グレーハウンドの歴史は?飼育環境や散歩の頻度は?

全犬種中トップのスピードを誇り、ドッグレースで活躍しているグレーハウンド。小さな頭と細身で無駄のないスマートな体形が特徴的ですね。

この記事ではグレーハウンドの歴史や飼育環境、散歩の頻度についてまとめました。

 

グレーハウンドの歴史は?

イタリアングレーハウンド 走る

グレーハウンドは歴史の古い犬で、紀元前4000年の古代エジプトの墓壁の壁画にはグレーハウンドによく似た犬が登場していますが、近年のミトコンドリアDNAの解析によると、いわゆるオリエンタル系の犬とは系統が異なることが分かりました。5〜6世紀頃にケルト人の移動と共にイギリスに渡ったといわれ、年月をかけながら狩猟犬としての高い評価を確率しました。11世紀頃にはグレーハウンドを狩猟犬として所有できるのは貴族階級のみとされる法律まで制定されました。

その後アメリカに渡り、娯楽としてのドッグレースが盛んに行われるようになると、活躍の場は次第に野ウサギ狩りから小動物のダミーを使ったトラックコースに移ります。スピードと瞬発力を高めるための交配も行われるようになり、グレーハウンドは全犬種中最速のスプリンターとなりました。

出典:JKC「グレーハウンド」、出典:藤田りか子 著/リネー・ヴィレス 編集協力「最新 世界の犬種大図鑑」

 

グレーハウンド、飼育環境の準備は?

グレーハウンド

足が速く活動的なグレーハウンドですが、家の中では穏やかで大人しく過ごすことを好みます。無駄吠えも少なく、飼い主の側に居たがる犬なので室内飼育がおすすめです。

ただしかなりの運動量を必要とし、運動不足になるとストレスが溜まって問題行動が増えてしまいますよ。「走り回れるような広い庭」「近所に広いドッグラン」などが飼育環境の絶対条件といえます。

日本の飼育は場所が限られる犬種です。

 

グレーハウンドの散歩の頻度は?

グレーハウンド

散歩の頻度

  • 毎日2回、各1時間程度
  • 月1回ドッグラン

豊富な運動欲求を満たすために毎日の散歩は欠かせません。1時間程度の散歩をできれば1日2階行ってください。

ハトや他の犬をみると本能的に追いかける習性があるため、急に走り出して事故に遭わないよう子犬の頃からしつけてくださいね。

走ることが好きなので、安全で自由に走り回れるドッグランなどにも月に1度は連れて行ってあげてください。

 

グレーハウンドの飼育、かかりやすい病気は?

イングリッシュグレイハウンド

特別かかりやすい病気はあまりありませんが、胸が深い大型犬なので、胃捻転には気を付けてください。

一気にたくさんの水を飲んだり、食べてすぐに激しい運動をさせないように注意してあげます。

 

グレーハウンドにおすすめのドッグフードは?

モグワンドッグフード

モグワンドッグフード

モグワンは「オメガ3脂肪酸」「グルコサミン」「コンドロイチン」など様々な栄養成分を含んでいます。

栄養もバランスよく豊富に含まれ人工添加物や穀物も使用されていないので、安心して愛犬に与えることができますね。

モグワンドッグフードの原材料や口コミ評判など、詳しい情報はこちら

初回50%OFF!
モグワン半額キャンペーン実施中!

 

モグワンを初めて定期利用する方限定で、初回50%OFFの価格で購入可能!さらに2回目以降も最大20%OFFの価格でご利用できます。

通常購入価格キャンペーン購入価格
3960円(税抜)1980円(税抜)
1日あたり259円1日あたり130円※
※ 体重5㎏の成犬の給餌量を想定

 

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

「カナガンドッグフード」は、文句なしの100点満点のドッグフードです。

主原材料に「骨つきチキン生肉」や「乾燥チキン」などの良質なチキンを50%以上使用しています。犬にとって必要な栄養素だけを使用して作られているので、栄養が偏ってしまった愛犬の食事療法としても最適ですよ。

犬にとって不必要な穀物で余計なカサ増しを行っていない「グレインフリー」なので、消化不良や便秘を起こす可能性が低いです。過去に穀物入りのフードで体調を崩したことのある愛犬にも安心して与えることができます。

粒がドーナツ型なので、噛み砕きやすく、喉につまらせる心配もありませんよ。

カナガンドッグフードの詳細はこちらの記事からも確認できます。

 

最高時速70km/hのトップスプリンター!

shutterstock_126230999

グレーハウンドは運動能力が高く、ダッシュの最高時速は時速70km/hを超えることもありますよ。それだけに道の狭い日本では十分なしつけが大切です。

毎日運動量を確保してなるべくストレスを溜めさせないことも大切ですよ。

日本では希少な犬種ですが、ドッグレースの盛んな国では引退したグレーハウンドの里親ボランティアの募集も行われています。どうしても飼育したい場合はこうした団体や海外のブリーダーに問い合わせてみると良いですよ。

グレーハウンドの販売価格や餌代などはこちらの記事です。