グレイハウンドの歴史は?飼育環境や散歩の頻度は?

全犬種中トップのスピードを誇り、ドッグレースで活躍しているグレイハウンド。小さな頭と細身で無駄のないスマートな体形が特徴的ですね。

この記事ではグレイハウンドの歴史や飼育環境、散歩の頻度についてまとめました。

 

グレイハウンドの歴史は?

イタリアングレーハウンド 走る

グレイハウンドは歴史の古い犬で、7000年前には存在していたと考えられています。

古代エジプト、ギリシャ、ローマの時代から壁画や絵画にはグレイハウンドによく似た犬が登場し、古代エジプトの彫刻では、この犬がシカなどの動物をハンティングしている様子が刻まれています。

紀元前後の文献からも当時の個体が現在のものと大きな違いが無いことが分かっています。元は、古代エジプトの砂漠地帯でウサギやシカの狩りに使用されていました。グレイハウンドの飼育は上流階級のみに許されていたようです。

その後、ギリシャやローマを経由してヨーロッパに渡ります。5世紀頃にはイギリスで狩猟犬として高い評価を確立しており、文献や絵画、法規などにもグレイハウンドの名前がありますよ。

1014年に制定された法律により、グレイハウンドを飼育できるのは貴族階級のみとされます。19世紀になるとグレイハウンドを使った野ウサギ狩りが上流階級の間で人気を博しました。

グレイハウンドはアメリカにも渡ります。活躍の場は次第に野ウサギ狩りから人工のおとりを使ったトラック競技に移り、娯楽としてのドッグレースが盛んに行われるようになります。

スピードと瞬発力を高めるための交配も行われ、グレイハウンドは全犬種中最速のスプリンターとなりました。現在では、レースを引退したグレイハウンドを里親として家庭に迎える人も増えています。

 

名前の由来

グレイハウンドの名前の由来は、ギリシャを意味する「グライウス」からや、偉大、上級を意味する「グラディウス」からという説もあります。

 

グレイハウンド、飼育環境の準備は?

グレーハウンド

足が速く活動的なグレイハウンドですが、家の中では穏やかで大人しく過ごすことを好みます。無駄吠えも少なく、飼い主の側に居たがる犬なので室内飼育がおすすめです。

ただしかなりの運動量を必要とし、運動不足になるとストレスが溜まって問題行動が増えてしまいますよ。「走り回れるような広い庭」「近所に広いドッグラン」などが飼育環境の絶対条件といえます。

日本の飼育は場所が限られる犬種です。

 

グレイハウンドの散歩の頻度は?

グレーハウンド

散歩の頻度

  • 毎日2回、各1時間程度
  • 月1回ドッグラン

豊富な運動欲求を満たすために毎日の散歩は欠かせません。1時間程度の散歩をできれば1日2階行ってください。

ハトや他の犬をみると本能的に追いかける習性があるため、急に走り出して事故に遭わないよう子犬の頃からしつけてくださいね。

走ることが好きなので、安全で自由に走り回れるドッグランなどにも月に1度は連れて行ってあげてください。

 

グレイハウンドの飼育、かかりやすい病気は?

特別かかりやすい病気はあまりありませんが、胸が深い大型犬なので、胃捻転には気を付けてください。

一気にたくさんの水を飲んだり、食べてすぐに激しい運動をさせないように注意してあげます。

 

最高時速70km/hのトップスプリンター!

shutterstock_126230999

グレイハウンドは運動能力が高く、ダッシュの最高時速は時速70km/hを超えることもありますよ。それだけに道の狭い日本では十分なしつけが大切です。

毎日運動量を確保してなるべくストレスを溜めさせないことも大切ですよ。

日本では希少な犬種ですが、ドッグレースの盛んな国では引退したグレイハウンドの里親ボランティアの募集も行われています。どうしても飼育したい場合はこうした団体や海外のブリーダーに問い合わせてみると良いですよ。

グレイハウンドの販売価格や餌代などはこちらの記事です。