ウィペットの販売価格や餌代などお金まとめ

ウィペットはイングランド原産のサイトハウンドです。

レースドッグのイメージが強いかも知れませんが、飼い主には従順で献身的、穏やかな性格をしているのでペットとしても世界中で愛されていますよ。

この記事ではウィペットの販売価格や餌代など生涯でかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ウィペットの販売価格と年間かかる餌代は?

ウィペット

子犬価格

  • 15万円

年間の餌代

  • 9万円

ウィペットの子犬価格は15万円程度です。ペットタイプであれば10万円前後で購入できることもありますが、両親のドッグショーの成績などによっては20万円を超えることもありますよ。

ペットショップで販売されることは少ないものの、人気犬種なので沢山のブリーダーさんが日本に居ます。様々なブリーダーさんに連絡を取って一生のパートナーを見つけてくださいね。

 

年間の餌代

軟便で悩むことも多いウィペットには「ファーストチョイス(6kg 2984円)」がおすすめです。

「ファーストチョイス」で計算すると、月に6000円ほどかかります。しつけに使うおやつ代と合わせて月7500円ほどなので、年間で約9万円かかる計算ですね。
ファーストチョイス

Amazonで商品を確認する

 

ウィペット、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ウィペット

飼育に必要なグッズ

  • ケージ
  • 食器類
  • 保温器具
  • 首輪・リード
  • ケア用品
  • トイレ用品

揃えておくと便利なアイテム

  • キャリーケース

ケージ

犬が安心できる場所になるので、必ず用意してあげてくださいね。

跳躍力がある犬なので、サークルよりはケージがおすすめです。大きいサイズは必要なく、トイレと寝床スペースが確保できる90×60cmサイズで十分です。

価格は1万円前後で購入できますよ。

 

食器類

食器類は100円ショップで販売されているもので問題ありませんが、鋭い歯と強いアゴを持っているので陶器製かステンレス製がおすすめです。

水飲みは、ひっくり返されたりしない給水ボトルタイプが衛生的でおすすめです。価格は1000円程度で購入できますよ。

 

保湿器具

ウィペットは寒さに弱い犬種なので、冬場はペットヒーターや服を着せてあげる等の対策が必要です。ペットヒーターは5000円程度、服は1万円程度あれば3枚程度揃えられますよ。

 

首輪・リード

ウィペットは首が細く頭が小さいので、首輪は様々なタイプを試してみて最適なものを選んであげてください。

サイトハウンド専用のものか、ハーフチョークがおすすめです。3000~5000円で様々な素材のものが選べますよ。

 

ケア用品

ウィペットを飼育するときは「ブラッシング用のブラシ」「爪切り」などのケア用品も忘れないでくださいね。

短毛種なので抜け毛は少ないですが、被毛を美しく保つためにも短毛ブラシを使ったブラッシングは必要です。また、ウィペットは爪が伸びるのが早い犬種だといわれているので爪が割れて怪我をする前に定期的に切ってあげてください。

ブラシと爪切りはそれぞれ1500円程度で購入できますよ。

 

トイレ用品

トイレはトレータイプのものが3000円程度で販売されています。トイレシーツは1袋1000円前後で販売されていますよ。

 

そのほか、揃えておくと便利なアイテム

上記以外に揃えておくと便利なアイテムは「キャリーケース」です。

キャリーバッグは病院や旅行へ行く時、災害時の避難に備えて用意しておくと安心ですよ。5000~7000円で購入できます。

 

ウィペットの飼育はどのくらいお金がかかる?

ウィペット

生涯かかる合計費用

  • 約260万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

ウィペットの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約25万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。中型犬の医療費は年間3.5万円ほどなので、年間費用は27万円になります。

ウィペットの平均寿命は13年ほどなので、生涯費用は25万+18万×13年=259万円ほどになる計算ですよ。

健康的な犬種ですが、医療費を抑えるためにもペット保険へ加入を検討することも忘れないでくださいね。

 

しっかりと見積もりをしてウィペットとの生活を楽しもう!

ウィペット
ウィペットは無駄吠えもなく優しく従順な性格をしているので、子供ともうまく付き合いができる犬ですよ。

マンションでの飼育もできるため気軽に飼える犬種のように思いますが、飼育環境・費用面で無理はないかなど事前に見積もりを行ってから飼育するようにしてくださいね。

ウィペット特集