犬用ケージ・サークルを買うなら!失敗しない選び方は?

初めて犬を飼う場合、意外と悩むのが犬の「ハウス」でもあるケージやサークル選びです。種類が豊富な上、飼い方や犬種によっても使い勝手が違ってきます。犬と飼い主がともに過ごしやすい環境になるよう、ぴったりのハウスを選んであげましょう。

 

犬は室内飼いでもケージ・サークルは必要

犬と兄弟

犬を室内飼いをする場合、「ケージやサークルは必要ないのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、実はとても重要です。犬のハウスでもあるケージやサークルを設置することで、犬にとってのテリトリーができ、落ち着ける空間を与えてあげることができます。普段からリラックスして眠ることができるので、性格も穏やかに育ちますよ。

ケージ・サークルはしつけにも有効!

室内飼いの犬へのしつけでも、ケージはとても役に立ちます。犬と生活するときは、「飼い主の方が犬よりも上なんだ」ということを理解させ、主従関係をはっきりさせなければいけません。ケージを置いて、悪いことをしたときは、ハウスをすることも覚えさせることで、主従関係を明確にすることができます。「トイレトレーニング」にもケージはとても役に立ちます。子犬の頃から教えれば、きちんとケージ内の決まった場所でトイレをするようになってくれますよ。

 

犬のケージとサークル、どう違う?選び方は?

ケージ_犬

犬の「ケージ」は天井と床があるのに対して、まわりが柵だけのものは「サークル」と呼ばれます。ケージは、「犬が飛び出す心配がなく、留守番中も安心」「小型犬であれば、そのまま旅行に連れて行ける」というメリットがある一方で、「掃除や餌の出し入れに手間がかかる」というデメリットがあります。サークルは「掃除が簡単で清潔な状態を維持しやすい」というメリットがある一方、「安定性の問題」や「脱走の心配」というデメリットがあります。

家に小さい子どもがいる場合や他の動物も一緒に飼っている場合は、脱走するリスクがあるサークルよりも、屋根のあるケージタイプがおすすめです。それぞれのメリット・デメリットを考えた上で、ケージにするか、サークルにするか選んでくださいね。

 

犬のケージ、大きさや高さはどうしたらいい?

犬_ケージ

犬のケージは「大きければ大きいほどよい」というわけではなく、あくまでも「犬にとって安心できる空間」であることが重要です。犬は人間と違い、広い場所にいたほうが開放感があって快適だ、というような感覚はありません。「寝床とトイレのスペースを確保でき、楽にUターンできる大きさ」であれば問題ありません。一緒に生活する部屋のスペースも考えて、無理のない配置と大きさがベストですね。子犬から飼育する場合は、成犬になったときの大きさを考慮してケージ・サークルを選びましょう。高さに関しては、「飛び越えられない高さを選ぶこと」が基本です。小型犬でもジャンプ力のある犬種の場合、サークルタイプだと簡単に飛び出してしまうこともあります。犬の特徴や性格も踏まえて選択してくださいね。

 

犬用ケージ、大きさ以外に選ぶポイントは?

犬_困り顔

犬用のケージ選びは、住んでいる家や飼育方法、飼い主の要望によって大切なポイントが異なります。

掃除に時間をかけられない場合

天井の取り外しが簡単で、床下部分がトレーになっているケージがおすすめです。掃除がしやすく、衛生を保ちやすいですよ。

インテリアを気にする場合

木製家具のようにインテリアが美しいケージもあります。室内に置くものなので、インテリアが気になる方はこだわって選ぶ価値はありますよね。

ケージを頻繁に移動させる必要がある場合

キャスターがついているタイプのケージがおすすめです。

子犬など、まだトイレのしつけができていない場合

トイレトレーニングがしやすい、仕切りがついているタイプのケージがおすすめです。

子犬から飼育をはじめたなど、犬が今後大きくなる場合

成長に合わせて伸縮調整ができるタイプのケージがおすすめです。

音が気になる場合

防音対策がされているケージがおすすめです。

 

犬用ケージ・サークルの購入前に情報収集

ご自身の飼育環境にとって必要な機能を考え、目的に合わせて選択してみてください。ケージも購入するとなると、決して安いものではないので、できれば失敗したくないのが本音です。できるだけ事前に、犬種の特徴などの情報を得てから、長く使えるケージを選んで購入できるとよいですね。