アメリカンスタッフォードシャーテリアの販売価格や餌代などお金まとめ

「スタッフィー」の愛称で親しまれているアメリカンスタッフォードシャーテリアはアメリカ原産の中型犬です。

筋肉質でたくましい外見をしているので怖い印象を受けますが、従順で愛情深い性格をしているので子供とも仲良くできる犬ですよ。

この記事ではアメリカンスタッフォードシャーテリアの販売価格や餌代など生涯でかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

アメリカンスタッフォードシャーテリアの販売価格と年間かかる餌代は?

アメリカンスタッフォードシャーテリア

子犬価格

  • 20万円程度

年間の餌代

  • 約20万円

アメリカンスタッフォードシャーテリアの子犬価格は20万円程度です。

ただ、日本にはブリーダーさんがほとんどいないので、飼育を考えている場合は海外から輸入する必要がありますよ。

市町村によっては「飼育を禁止している」「アパートやマンションでは飼えない」などの飼育条件がある場合もあるので、事前にの市町村に問い合わせて飼育できるかどうかを確認してくださいね。

 

年間の餌代

餌代は筋肉質な体型を維持するのに最適な「カナガン ドッグフード」(2kg 3960円)で計算すると、月に1万円ほどかかります。しつけに使うおやつ代と合わせて月1.8万円ほどなので、年間で約20万円かかる計算ですね。

グルコサミンなどの股関節の病気に役立つサプリメントを摂取させる場合は、+αを見込んでおくようにしてくださいね。

dog1_canagan

『カナガンドッグフード』の購入サイトへ

 

アメリカンスタッフォードシャーテリア、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

アメリカンスタッフォードシャーテリア_3

飼育に必要なグッズ

  • ケージ
  • 床材
  • ケア用品
  • トイレ用品
  • 首輪、リード
  • 食器

あると便利なアイテム

  • 口輪

アメリカンスタッフォードシャーテリアの飼育に必要なものは「ケージ」「床材」「ケア用品」「トイレ用品」「首輪、リード」「食器」などです。総額で9万円ほどかかります。

 

ケージ

ベッドとトイレを設置しても十分な広さが確保できる大型犬用のケージがおすすめです。3万円ほどで販売されていますよ。

 

床材

両親からの遺伝疾患でもある股関節形成不全になりやすいです。

フローリングの床に滑り止めのマットや絨毯を敷く、滑り止めのワックスを塗るなどの対策をしてあげてくださいね。滑り止めのマットは20畳で4万円ほど、滑り止めワックスは1万円ほどで購入できますよ。

 

ケア用品

アメリカンスタッフォードシャーテリアは短毛種ですが皮膚が弱いので、定期的なブラッシングが欠かせません。

アカラスなどの皮膚病を防ぐ為にも「ラバーブラシ」や「獣毛ブラシ」を使って1週間に2~3回、手入れをしてあげてくださいね。

ブラシ類は合わせて5000円程度、シャンプー&リンスはセットで4000円程度で販売されています。

 

トイレ用品

トイレトレーはワイドサイズのトイレシートを2枚並べるタイプがおすすめです。トイレシートはワイドサイズが300枚入り6000円程度で販売されていますよ。

 

首輪、リード

力が強いアメリカンスタッフォードシャーテリアにはハーフチョークがおすすめです。オーダーメイドで作る場合は、しっかりした素材の首輪を選んであげてくださいね。首輪とリードはそれぞれ3000~5000円で購入できますよ。

食器

噛む力が強いので、食器は壊れにくいステンレス製のボウルがおすすめです。水入れは、倒したりこぼす心配のないペットボトル式の給水器があると便利ですよ。それぞれ2000円程度で購入できます。

 

あると便利なアイテム

そのほかに揃えておくと便利なアイテムは「口輪」です。

大人しい性格に改良されていますが、散歩の時など急にスイッチが入って他の犬や人に噛みついてしまうことも考えられます。

きちんとしつけているから大丈夫と慢心するのではなく、万が一の時のために用意しておくと安心できますよ。

 

アメリカンスタッフォードシャーテリアの飼育はどのくらいお金がかかる?

アメリカンスタッフォードシャーテリア_1

生涯かかる合計費用

  • 約300万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約29万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。中型犬の医療費は年間3.5万円ほどなので、年間費用は27万円になります。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの平均寿命は10年ほどなので、生涯費用は29万+27万×10年=299万円ほどになる計算ですよ。

 

医療費は多めの見積もりが必要!

アメリカンスタッフォードシャーテリア

アメリカンスタッフォードシャーテリアは闘犬としての歴史背景があるので痛覚閾値が高く痛みを我慢しやすいです。

病気やケガを発見したときには症状がかなり進行していることも多いので、いざという時に困らないように「ペット保険」への加入を強くおすすめします。