ニューファンドランドの販売価格・おすすめドッグフード・餌代などお金まとめ

1815年、エルバ島からの脱出を試みて溺れかけたナポレオンを助けたという逸話が残されているニューファンドランド。

超大型犬ですが陽気で従順な性格をしているので、愛玩犬として世界中で愛されています。

この記事ではニューファンドランドの販売価格やおすすめドッグフード、餌代など飼育費用についてまとめました。

 

ニューファンドランドの販売価格は?

ニューファンドランド 子犬

子犬の価格

  • 30~40万円程度

ニューファンドランドの子犬の販売価格は30~40万円前後です。

ペットショップで販売されることは滅多にないので、入手方法はブリーダーさん経由か海外から直接輸入することになります。

ブリーダーさんの数も多くないので、購入を考えているのであれば事前に予約をしておくことをおすすめします。

 

ニューファンドランドのおすすめドッグフードや餌代は?

ニューファンドランド

「海の救助犬」とも呼ばれ、古くから漁師の手伝いや救助をする犬として活躍してきたニューファンドランドは、45~68kgにもなる超大型犬です。

体重が重く関節への負荷も大きい犬種なので、関節系の疾患が多いです。関節へかかる負荷を減らすためには、筋肉を付けるだけでなく普段の食事管理で肥満を防ぐことが大切です。

 

おすすめドッグフードは?

アランズナチュラルドッグフード
ニューファンドランドには、「アランズ ナチュラルドッグフード」がおすすめです。

主原料のラム肉には、関節のケアに効果的なグルコサミンやコンドロイチン脂肪燃焼効果がある「L-カルニチン」が豊富に含まれています。また、他の肉に比べて低コレステロールなので肥満になりにくい特徴があります。

そのほか、骨格形成をサポートする「ビタミンD」「カルシウム」、被毛や皮膚の健康維持に欠かせない「オメガ3脂肪酸」など様々な栄養がバランスよく配合されている、ニューファンドランドにおすすめのドッグフードです。

 

年間および生涯の餌代

年間の餌代

  • 約48万円

ニューファンドランド※1は、大型犬の中でも体が大きな犬種なので食事量も多めです。

ニューファンドランドにおすすめのアランズ(2kg 3960円)で計算すると、月に36000円※2ほどかかります。しつけに使うおやつ代と合わせて月約40000円ほどなので、年間で48万円かかる計算です。

ニューファンドランドの寿命は8年ほどなので、生涯かかる餌代は約384万円と試算できます。

※1 体重を50kgと仮定
※2 アランズ ナチュラルドッグフード公式ページの1日の給与量の目安表に基づく計算です。

 

ニューファンドランド、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ニューファンドランド

準備しておくもの

  • ケージ
  • 床材
  • 首輪、リード
  • 食器類
  • トイレ用品
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • 食器台
  • クッション

ニューファンドランドの飼育に必要なものは「ケージ」「床材」「首輪、リード」「食器類」「トイレ用品」「ケア用品」などです。総額で10万円ほどかかりますが必要なのでできるかぎり揃えてあげてください。

 

ケージ

ケージは犬が安心できる場所になるので、必ず用意するようにしてください。50kg程度にまで成長するニューファンドランドには3万円程度で購入できる超大型犬用のケージがおすすめです。

7~8万円ほどかかりますが、オーダーメイドで作成してくれるお店もあるので調べてみてください。

 

床材

大型犬で肘や股関節の形成不全になりやすいので、フローリングの床には絨毯やコルクマットを敷くなどの対策が必要です。

コルクマットは4万円ほど、ワックスは1万円ほどで購入できます。

 

首輪、リード

子犬の頃はハーネスでも大丈夫ですが、大型犬で力が強いので成犬にはチェーンタイプの首輪がおすすめです。

被毛が切れたり千切れたりすることもあるので、気になる場合はナイロン製かレザータイプの首輪を検討してみてくださいね。

 

食器類

食器は壊れにくいステンレス製のボウルがおすすめです。直径20cmほどの食器か、餌を入れる量を調節してあげるとドカ食いの予防にもなります。

水入れはボウルでも平気ですが、噛んで壊すこともあるので「給水ボトルタイプ」がおすすめです。それぞれ2000円ほどで販売されています。

 

トイレ用品

トイレは大きいサイズのトイレトレーがおすすめで5000円前後、スーパーワイドサイズのトイレシートは24枚入りが1500円程で売られています。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「イヤークリーナー」なども忘れないでください。

アンダーコートは手入れを怠けるとフェルト状になってしまうので、スリッカーブラシとコームを使った週2~3回のブラッシングが欠かせません。

垂れ耳で外耳炎などの耳の病気になりやすいです。1200円前後で販売されているイヤークリーナーも揃えておくと便利ですよ。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「食器台」「クッション」です。

食事の際に胃捻転になりやすいので、胃が膨張しないように首の高さまで食器や水飲み場を高くしてあげてください。

また、体重が50kgほどに成長する大型犬なので硬い床で寝ると関節を痛めてしまいます。クッションやたたんだ毛布を寝床に引いてあげてくださいね。

 

ニューファンドランドの飼育はどのくらいお金がかかる?

ニューファンドランド

飼育にかかる合計費用

  • 約450万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

ニューファンドランドの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約40万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。

大型犬の医療費は年間4万円ほどなので、年間費用は45万円になります。

ニューファンドランドの平均寿命は8年ほどなので、生涯費用は40万+45万×8年=400万円ほどになる計算です。

「肥大性心筋症」や「胃捻転」を患いやすいので、医療費を抑えるためにもペット保険への加入も検討してみてくださいね。

 

最後まで責任を持って飼えるかを考えよう!

ニューファンドランド 

ニューファンドランドは子供や他のペットとも仲良くできるのでペットとしては最適ですが、飼育には想像以上のお金がかかります。

軽い気持ちで飼育して育児放棄をすることがないように、しっかりと見積もりをして最後まで責任を持って飼うようにしてください。