犬のマッサージの仕方は?アロマで便秘、ストレス解消に効果!

犬のマッサージは、方法が間違っていたり、注意点を守っていなかったりすると効果がありません。むしろ愛犬にストレスを与えてしまい、マイナスになることもあります。今回は、犬のマッサージについてまとめました。アロマの使い方や便秘解消、ストレス解消のツボを確認しながら、愛犬が喜ぶマッサージをしてあげてくださいね。

 

犬のマッサージの仕方は?

shutterstock_211573729

 

上腕三頭筋/肩

人間と同じように、犬にも疲れやすい場所があります。上腕三頭筋という、人間でいうところの二の腕です。犬は歩行しているときだけでなく、立っているときもずっとこの筋肉を働かせていますよね。上腕三頭筋へのマッサージは、犬を寝かせた状態で行うと効果的です。犬がリラックスできる環境を整えて筋肉の緊張を緩めてあげると効果が上がるので、まず飼い主がリラックスして愛犬の緊張を解きほぐしてあげましょう。時間に余裕を持って、焦らずにソフトタッチでマッサージをしてあげてくださいね。足の先の方は、触られるのを嫌がる犬は多いので、肘の関節より上を中心に揉んであげましょう。

顔のマッサージは、前方から後方へなでるように行います。筋肉や毛並に沿って流していきましょう。ソフトタッチでゆっくりやってあげることがポイントです。リンパを通って、疲労が前から後ろへ流れていくようなイメージです。目の周囲、耳、口など、しつけや耳掃除、歯磨きなどをする際に顔を優しく触っていると慣れてきて、抵抗しないようになりますよ。

首と背中

首と背骨に沿った筋肉も疲れやすいので、マッサージしてあげると喜ぶポイントです。顔と同様、ソフトタッチでゆっくりリンパを流すようにやってあげましょう。

犬のマッサージを行うタイミングや頻度は?

犬が適度に疲労している時が最も適していますが、ハードな運動の後は休憩をしてからの方が良いでしょう。2~3週間に一度くらいの頻度でマッサージをしてあげるのがおすすめです。怪我や病気をしているときはマッサージを控えるようにしてくださいね。

マッサージを嫌がっているサインは?

特定の場所を触られてハッと振り向いたり、逃げ出そうとしたりする場合は、マッサージを嫌がっているサインです。力を入れすぎているかもしれません。また、激しく嫌がる場合は体調が悪く病気にかかっている可能性も疑ってください。

 

犬のマッサージにはどんな効果がある?

犬のマッサージには、疲れを癒すと同時に、犬と飼い主の絆を深めたり、病気の早期発見につながったりと、さまざまな効果があります。また、血流を促進することで疲労回復が早り、リラックスすることでホルモンの分泌を促します。飼い主自身がリラックスできることも効果といえるかもしれませんね。科学的な証明はまだされていませんが、ペットと触れ合うと血圧が下がったり、副交感神経が活性化されリラックスしたりする効果もあるといわれています。

 

犬のマッサージ、アロマの効果は?

shutterstock_25820392

犬にアロマを使うと2つの効果が期待できます。1つ目は落ち着かせる効果です。ラベンダー、イランイランなど、興奮作用を抑える成分が入っているアロマがおすすめです。2つ目はストレスを解消する効果です。ローズマリーやペパーミント、ジュニパー・ベリー、レモングラスなどのアロマを使えば、犬のストレスを解消する効果があります。

 

アロマを犬のマッサージに使う方法は?

主な使い方は3つあります。どのやり方も、香りや成分を呼吸で犬の体内に吸収させることができますよ。

香り

アロマポッドや沸かしたお湯にアロマを数滴垂らす方法です。アロマの成分や香りが室内に拡がるので、飼い主の方も一緒に楽しむことができますよ。

直接塗る

アロマオイルを直接塗る方法です。犬の皮膚はデリケートなので、人間と違い毛に塗るようにしてあげましょう。塗る用のアロマオイルは、犬が舐めても問題ないものを選んで購入してください。人間用のものは使えないケースもあるので、ご注意ください。

スプレー

スプレーです。アロマを数滴垂らしたスプレーを体全体に噴きかけてあげましょう。犬がくしゃみをしたり、嫌がったりするときは、刺激が強すぎるサインなので、もう少し薄めてからスプレーしてあげてください。

 

犬のマッサージで便秘解消するコツは、お腹!

shutterstock_65381146

便秘解消には、お腹のマッサージが効果的です。犬のお腹に触る際は、飼い主自身の手を温めてから触ること、なでるように触ってあげることがポイントです。やり方は、犬のおへそを中心に円を描くようにゆっくり触ることです。そうすると2つのツボが刺激され、便秘に効くといわれています。強く押すと愛犬が警戒し、お腹を触らせてくれなくなったり、病気を誘発したりしますので注意してください。

 

犬のマッサージ、ストレス解消のコツは3つのツボ

犬にはストレス解消に効くツボが3つあります。1つは「攅竹(サンチク)」と呼ばれるツボで、目の上よりやや内側にあります。人間でいう眉頭の位置です。2つ目は「神門(しシンモン)」と呼ばれるツボで、手首と手の平の境目の小指側付近にあります。3つ目は「液門(エキモン)」と呼ばれるツボで、薬指と小指の間です。1回3秒を目安に、刺激を与えてあげましょう。人間にやるような強さだと強すぎですから、そっと押す感じで刺激してあげてください。

 

マッサージは大切なコミュニケーションの時間

shutterstock_176856314

マッサージは、愛犬と飼い主との大切なコミュニケーション手段の一つです。犬は人間のように凝っている場所や触られたくない場所を言葉で伝えることができないので、よく反応を観察しながらやさしく行ってあげてくださいね。