マスティフの販売価格や餌代などお金まとめ

マスティフといえば通常「イングリッシュマスティフ」のことを指します。

強面な顔をしていますが、大らかな性格をしているので小さな子供がいる家庭でも安心して飼うことができる犬ですよ。

この記事ではイングリッシュマスティフ(以下マスティフ)の販売価格や餌代など生涯でかかるお金をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

 

マスティフの販売価格と年間かかる餌代は?

イングリッシュマスティフ 

子犬の価格

  • 25~60万円前後

年間の餌代

  • 約40万円

マスティフの子犬の販売価格は25~60万円と幅があります。一般的なペットタイプであれば25万円前後で購入できます。両親のドッグショーでの成績や血統によっては60万円前後で販売されていることも珍しくありません。

ブリーダーさんも少なく計画繁殖をしていることが多いので、購入を考えているのであれば早めに繁殖情報を確認しておくことをおすすめします。

 

年間の餌代

餌代は選ぶドッグフードや手作り食によっても変わってきますが、3万円ほどは見積もっておく必要があります。しつけに使うおやつ代やカルシウム補給のサプリメントが必要になることも多いので年間で約40万円かかる計算です。

 

マスティフ、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

イングリッシュマスティフ 

準備しておくもの

  • ケージ
  • 床材
  • 食器類
  • 首輪類
  • ケア用品
  • トイレ用品

揃えておくと便利なもの

  • 食器台
  • クッション

マスティフを飼育するために必要なものは「ケージ」「床材」「食器類」「首輪、リード」「トイレ用品」「ケア用品」「トイレ用品」などです。

総額で10万円ほどかかりますが必要なものなので揃えてあげてくださいね。

 

ケージ

マスティフは成犬時の大きさが80kgを超えるので、ケージは3万円ほどで購入できる超大型犬用のステンレスタイプがおすすめです。

7~10万円ほどかかりますがオーダーメイドで作成してくれるところもありますよ。納得いくまで相談してみてくださいね。

 

床材

股関節形成不全になりやすいので、滑りにくい環境づくりが大切です。

フローリングで滑らないように滑り止めワックスを塗ったり、コルクマットをひくなどの対策をしてあげてくださいね。コルクマットは4万円ほど、ワックスは1万円ほどで購入できますよ。

 

食器類

食器は耐久性のあるステンレス製の丸ボウルがおすすめです。お皿は直径20cmほどの大きめのものを選んであげるとドカ食いを防げるので胃捻転の防止にもなりますよ。

水飲みは、衛生面やドカ飲み予防を考えて給水ボトルタイプがおすすめです。それぞれ2000円ほどで販売されています。

 

首輪類

超大型犬で力が強いので、チェーンカラーがおすすめです。成長に合わせて買い替える必要はありますが、首の急所にはめれば、大型犬が暴れても動けないようにできるので散歩の時に便利ですよ。4000円ほどで購入できます。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「イヤークリーナー」も忘れないでくださいね。

短毛種ですが、マッサージを兼ねたブラッシングは必要です。また、垂れ耳で外耳炎になりやすいのでイヤークリーナーもあると便利ですよ。ラバーブラシ・獣毛ブラシは3000円ほど、イヤークリーナーは1200円前後で販売されていますよ。

 

トイレ用品

トイレはXLサイズのトイレトレーがおすすめで9000円前後、ワイドサイズのトイレシートは300枚入りが6000円程で売られていますよ。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「食器台」「クッション」です。

胃捻転を予防するために食器台も用意しておくと便利ですよ。食器の高さを首の高さにしてあげるだけでも発症のリスクを下げられますよ。

体重が50kgを超える大型犬なので、固い床に寝ていると関節を痛めてしまいます。関節を守るために毛布を畳んだものやクッションを、寝床に置いてあげてくださいね。

 

マスティフの飼育はどのくらいお金がかかる?

イングリッシュマスティフ

飼育にかかる合計費用

  • 600万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

マスティフの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境代」で、子犬価格を30万円とすると合わせて約50万円です。年間費用は「餌代」「医療費」「ケア用品」「トイレ用品」を合わせた55万円程度の年間費用がかかります。

マスティフの平均寿命は10年ほどなので、生涯費用は50万+55万×10年=600万円と計算できます。「胃捻転」や「進行性網膜萎縮症」を患いやすいので、医療費を抑えるためにもペット保険へ加入を考えてあげてくださいね。

 

飼育環境を整えてから飼育を始めよう!

イングリッシュマスティフ 

超大型犬の飼育には潤沢な費用が必要です。軽い気持ちでの飼育は、育児放棄にも繋がるので絶対に止めてくださいね。体が大きい超大型犬は一般的な動物病院だと診察を断られることも多いです。

飼育を始める前に、身近に超大型犬が入院できる動物病院を探しておくことも忘れないでくださいね。