スタンダードプードルの販売価格や餌代などお金まとめ

スタンダードプードルはプードルの中で最も大きく、古い歴史を持つ犬です。人気のトイプードルやミニチュアプードルもスタンダードプードルを改良して小型化した犬ですよ。

アジリティでも活躍できる犬なので一緒にドッグスポーツを楽しみたい方にもおすすめできます。この記事ではスタンダードプードルの販売価格や餌代など飼育費用についてまとめました。

 

スタンダードプードルの販売価格と年間かかる餌代は?

スタンダードプードル 子犬

子犬の価格

  • 35万円前後

年間の餌代

  • 約18万円

スタンダードプードルの子犬の販売価格は35万円前後です。

人気犬種ですがペットショップで販売されることは少なく、ブリーダーさんの数も多くないので購入を考えている場合は事前の予約をおすすめします。

 

年間の餌代

スタンダードプードルにおすすめなドッグフード「カナガン ドッグフード」(2kg 3980円)で計算すると、月に1万円ほどかかります。

しつけに使うおやつ代と合わせて月15000円ほどなので、年間で約18万円かかる計算ですね。

dog1_canagan

『カナガンドッグフード』の購入サイトへ

 

スタンダードプードル、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

スタンダードプードル 

準備しておくもの

  • ケージ
  • 床材
  • 食器類
  • 首輪やリード
  • トイレ用品
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • 食器台
  • レインコート

スタンダードプードルを飼育するために必要なものは「ケージ」「床材」「食器類」「首輪、リード」「トイレ用品」「ケア用品」などです。

総額で10万円ほどかかりますが必要なものなので揃えてあげてくださいね。

 

ケージ

スタンダードプードルは嬉しい時に飛び跳ねることが多いので、高さのあるサークルを選んであげてください。

中にベッドとトイレを設置しても十分な広さが確保できるほどの大きさだと、3万円ほどで購入できますよ。

 

床材

他の大型犬と同じように股関節形成不全になりやすいので、滑りにくい環境づくりが大切です。

滑って関節を痛めたり骨折しないように、床にはフローリング用滑り止めワックスを塗ったりコルクマットをひくなどの対策をしてあげてくださいね。

コルクマットは4万円ほど、ワックスは1万円ほどで購入できますよ。

 

食器類

食器はドカ食いを防げる直径20cmほどの大きさで、耐久性のあるステンレス製のボウルがおすすめです。

水飲みは、衛生面やドカ飲み予防を考えて給水ボトルタイプがおすすめです。それぞれ2000円ほどで販売されています。

 

首輪、リード

引っ張り癖が強い子も多いので、ハーフチョークがおすすめです。

もし、被毛のちぎれなどが気になる場合は革やナイロン製の首輪を選んであげてくださいね。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー」「イヤークリーナー」も揃えるようにしてください。

抜け毛は少ないですが被毛は伸び続けるので、コームとスリッカーブラシを使ったブラッシングが欠かせません。また皮脂の分泌も多いので一週間に1回のシャンプーも大切ですよ。

垂れ耳で外耳炎などの耳の病気になりやすいです。耳のケアには1200円前後で販売されているイヤークリーナーがおすすめです。

 

トイレ用品

トイレはXLサイズのトイレトレーがおすすめで9000円前後、スーパーワイドサイズのトイレシートは18枚入りが1250円程で売られていますよ。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「食器台」「レインコート」です。

胃捻転を予防するために食器台も用意しておくと便利ですよ。食器の高さを首の高さにしてあげるだけでも発症のリスクを下げられますよ。

また、スタンダードプードルの被毛は濡れると乾かすのが大変なので、レインコートも用意しておくと安心です。

 

スタンダードプードルの飼育はどのくらいお金がかかる?

スタンダードプードル 

飼育にかかる合計費用

  • 約335万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

スタンダードプードルの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約45万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。大型犬の医療費は年間4万円ほどなので、年間費用は26万円になります。

スタンダードプードルの平均寿命は13年ほどなので、生涯費用は45万+25万×12年=357万円ほどになる計算ですよ。

なお、この価格にはトリミング代は含まれていません。1回2万円で年で6回行くと考えると生涯で144万円余分に見積もっておく必要もあります。また、「股関節形成不全」や「胃捻転」を患いやすいので、医療費を抑えるためにもペット保険へ加入を考えてあげてくださいね。

 

トリミング代も忘れずに見積もりを!

スタンダードプードル 

スタンダードプードルはカット次第で様々なおしゃれを楽しむことも出来る犬です。

ただ、ブラッシングやシャンプーといった日頃のケアが必要なのでサロン代もたくさんかかりますよ。

しっかりと事前見積もりをして経済的余裕を持って迎えてあげてくださいね。