ラブラドールレトリバーの販売価格やおすすめドッグフード、餌代などお金まとめ

ラブラドールレトリバーは盲導犬や警察犬などの「使役犬」として活躍する一方で、ペットとしても世界中で愛されている犬です。

非常に優しく従順な性格をしているので、小さい子供の遊び相手や保護者代わりとしても最適ですよ。

この記事ではラブラドールレトリバーの販売価格や餌代など、生涯かかるお金を計算して紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ラブラドールレトリバーの販売価格と年間かかる餌代は?

ラブラドール 子犬

子犬の価格

  • 20万円程度

ラブラドールレトリバーの子犬の販売価格は20万円前後です。

親がドッグショーでタイトルを持っていたり、股関節やPRA(進行性網膜萎縮症)検査済をしている場合などは30万円を超えることもありますよ。

健康な子犬を入手するためにも、購入する際はブリーダーに親犬や兄弟を見せてもらうことをおすすめします。

 

ラブラドールレトリバーにおすすめのドッグフード、年間の餌代は?

ラブラドールレトリバー

ラブラドールレトリバーに多いのが、股関節形成不全などの関節疾患です。これは遺伝的な要因もありますが、多くは環境的要因によって引き起こされます。この予防するために最も心がけておきたいのは、肥満にさせないことです。また「カルシウム」「グルコサミン」「コンドロイチン」「ビタミンD」といった骨を丈夫にする成分を含むドッグフードを与えるようにしてあげてくださいね。

そんなラブラドールレトリバーにおすすめなのが、アランズナチュラルドッグフードです。主原料として使われているラム肉には、脂肪燃焼効果がある「L‐カルニチン」が多く含まれています。また、他の肉に比べて低コレステロールで肥満になりにくいのが特徴です。骨格形成をサポートする「カルシウム」「ビタミンD」も豊富に含まれているので、まさにラブラドールレトリバーに合ったドッグフードですよ。

『モグワンドッグフード』の購入サイトへ

 

年間の餌代

年間の餌代

  • 約17万円

大型犬のラブラドールレトリバーは、食事量も多めです。1日の給餌量を350~400g程度、月12kg程度を前提に計算すると、月の餌代は約14,000円(※)、年間では約17万円になります。しつけのご褒美におやつを使う場合は年間2万円ほどの「おやつ代」がプラスされます。

※アランズナチュラルドッグフードを与えると想定した金額です。

 

ラブラドールレトリバー、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ラブラドールレトリバー

準備しておくもの

  • サークル
  • 床材
  • 首輪、リード
  • 食器類
  • トイレ用品
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーケース

ラブラドールレトリバーの飼育に必要なものは「サークル」「床材」「首輪、リード」「食器類」「トイレ用品」「ケア用品」などです。総額で10万円ほどかかりますが、必要なのでできるかぎり揃えてあげてくださいね。

 

サークル

サークルは犬が安心できる場所になるので、必ず用意するようにしてくださいね。

25kgほどにまで成長するラブラドールレトリバーには、幅120cm高さ100cm程度あるサークルがおすすめです。1~3万円ほどで購入できますよ。

 

床材

フローリングの床で滑って関節を痛めたり、骨折しないように気をつけてあげてください。

絨毯やクッションフロアをひく、フローリング用滑り止めワックスを塗るなどの対策が大切ですよ。マットは20畳で4万円ほど、ワックスは1万円ほどで販売されています。

 

首輪、リード

しつけが入っていれば体に負担の少ないハーネスがおすすめですが、しつけがしっかりと出来るまでは首輪がおすすめです。

食器類

ドカ食いは胃捻転の原因にもなります。直径20cmほどの食器を選ぶか餌を入れる量を調節してあげてくださいね。壊れにくいステンレス製のボウルがおすすめですよ。

水入れはボウルでも平気ですが、倒したり噛んで壊すことも少ない「給水ボトルタイプ」がおすすめです。

それぞれ2000円ほどで販売されていますよ。

 

トイレ用品

トイレは大きいサイズのトイレトレーがおすすめで5000円前後、ワイドサイズのトイレシートは300枚入りが6000円程で売られていますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「イヤークリーナー」なども忘れないでくださいね。

ラブラドールレトリバーは短毛種ですが皮膚病になりやすいので豚毛ブラシやラバーブラシ、コームを使った週1~2回程度のブラッシングが欠かせません。ブラシ類はすべて揃えても5000円以内で購入できますよ。

また、垂れ耳なので外耳炎などの耳の病気になりやすいです。耳掃除に最適なイヤークリーナーは1200円前後で販売されています。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーケース」です。

キャリーケースは災害時の避難や病院へ連れて行く時に必要になります。大型犬用は15000円ほどで購入できますよ。

 

ラブラドールレトリバーの飼育はどのくらいお金がかかる?

ラブラドールレトリーバー_寝る

飼育にかかる合計費用

  • 約300万円

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

ラブラドールレトリバーの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた約30万円です。年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」が含まれます。大型犬の医療費は年間4万円ほどなので、年間費用は24万円になります。

ラブラドールレトリバーの平均寿命は11年ほどなので、生涯費用は30万+23万×11年=294万円ほどになる計算ですよ。「胃捻転」や「股関節形成不全」を患いやすいので、医療費を抑えるためにもペット保険へ加入を考えてあげてくださいね。

 

一緒にドッグスポーツを楽しもう!

ラブラドール 
ラブラドールレトリバーは物覚えがとても良いので、アジリティなどのスポーツも楽しめる犬種ですよ。

愛犬との楽しいドッグライフを送るためにも、しっかりと見積もりをして万全な体制で飼育を始めてくださいね。