猫の回虫、症状は?薬での治療や駆除方法まとめ。人間にも感染する?

猫を初めて飼った方には馴染みが薄いかもしれませんが、回虫という寄生虫の一種は一般的で、飼い猫が感染していても不思議ではありません。野良猫を保護したような場合はほぼ100%感染しているといってもいいほどです。

この記事では、猫の回虫症についてその症状や治療法、人への感染などを紹介します。猫をこれから飼おうと考えている方にも、ぜひ知っておいて欲しい大切な内容です。

 

猫の回虫症とは?どんな病気?

猫_首をかしげる

猫の回虫症

  • 「猫回虫」に寄生されることで発症する
  • 主に小腸に寄生する

猫の回虫症とは「猫回虫」とよばれる、猫によく寄生する回虫に感染する病気のことです。猫回虫の体長は4~12cmで、白もしくは黄白色の細長いヒモ状をしています。ミミズをもっと細くしたような外見をしています。

猫回虫の幼虫は猫の全身の組織に存在し、成虫は小腸などの消化管に寄生して猫が食べたものから養分を奪って生きています。

寄生した猫のうんちには高確率で卵が含まれており、卵自体に感染力はありませんが、放置しておくと卵の中に幼虫が形成され、感染力を持つようになります。

 

猫回虫の感染経路は?

shutterstock_306919370

猫回虫の感染経路

  • 経口感染

猫回虫の主な感染経路は経口感染で、「猫回虫の卵を食べる」「すでに寄生されているネズミや鳥などの動物を食べる」ことで感染します。

回虫は非常に抵抗力が強く、土の中などでしぶとく生き続けて感染の機会を伺っているのです。

猫回虫の卵は地面や水たまりなどに落ちていることもあります。猫が外で水を呑んだり、外で知らないうちに拾ってきて毛づくろいをしているうちに卵を舐めてしまったりするケースもありますよ。

子猫の場合は、感染した母猫の母乳からうることもあります。

 

猫回虫は人間に感染する?

shutterstock_125741561

猫回虫は人にも感染します。猫への感染と同じく経口感染が主なルートで、幼児の感染例が多いです。猫を飼っている家庭では注意が必要ですよ。

また、猫回虫が寄生した猫に口元を舐められたり、鶏レバーを鼻で食べたりすると感染する可能性があります。

人に感染した場合、症状は個々人で異なりますが、主に発熱や咳、全身の倦怠感、食欲不振、肝臓の腫れ、視力・視野障害などがみられます。

体力低下などで免疫力が落ちている場合、アレルギー反応が起きたり、神経に異常をきたすことがあります。

 

猫回虫の症状は?放置すると悪化する?

猫_病院

猫回虫の症状

  • 下痢をする
  • 食べているのに痩せる
  • 被毛の艶がなくなる
  • 腹部が腫れる
  • 嘔吐する
  • 咳がでる

猫回虫の感染による症状は「下痢をする」「食べているのに痩せる」「被毛の艶がなくなる」「腹部が腫れる」「嘔吐する」「咳がでる」などがあります。

成猫の場合、猫回虫に感染しても症状が出ないことがありますが、子猫の場合は重症化するので注意が必要です。小腸が閉塞することもありますよ。

一度寄生すると基本的に住み続けるのが猫回虫の特徴なので、症状を放置していても自然治癒は見込めません。

猫回虫の成虫は肉眼でみることができるので、飼っている猫のうんちに白いひも状のものが見えたら動物病院に便を持ち込み、検査をしてもらってくださいね。

検査は検便によって行われ、1回あたり1500円ほどの費用です。

 

回虫の駆除はどうする?必要な費用や駆除薬の価格は?

疑問 クエスチョン ランプ 電球

駆除にかかる大まかな費用(1匹あたり)

  • 治療費 2000円
  • 駆虫剤 1000~1500円

感染が明らかになった場合、駆除薬を猫の皮膚に添下したり、飲ませたりすることによって駆除を行います。

治療にかかる費用は2000円ほどです。ホームセンターに粉末、シロップ、錠剤の回虫を駆除するための駆虫剤(虫下し)が販売されています。価格は1000~1500円程度です。

猫を複数飼っている場合は、他の猫も感染している可能性が高いため、一緒に検査してあげてくださいね。

 

猫回虫の予防と対策、人間への感染を防ぐためにできる工夫を

ブリティッシュショートヘア_1

猫回虫の予防のためには、飼っている猫が感染していないか、定期的な検査が欠かせません。

駆除薬を定期的に飲ませたり、完全な室内飼いにしてしまうのも効果的です。室内飼いにした場合も、愛猫が誤って糞を食べてしまわないよう、常にトイレは清潔に保ってあげてください。

また、人への感染を予防するには、外から帰宅したら必ず手洗いうがいを行うことが大切です。土に触れた時には、特に念入りに行ってくださいね。

公園の砂場など野良猫が糞をしている可能性の高いところへは、なるべく立ち入らないようにする配慮も予防に有効です。