犬のフィラリア、原因は?症状や予防法、薬や治療法は?人にうつる?

室内犬が増えた現代でも、犬のフィラリアは根強く残っている感染症です。一度感染してしまうと完治が難しいことで知られています。今回の記事では、犬のフィラリアの症状や治療法、予防法、人への感染の危険性についてご紹介します。

 

犬のフィラリアってどんな病気?原因は?

犬_病気
フィラリア症は、「犬糸状虫」という寄生虫が犬に感染することが原因で発症する病気です。

犬糸状虫は基本的に蚊を感染経路として犬の体内に入ってきます。犬糸状虫に犬が感染すると、犬の体内で犬糸状虫の子虫であるミクロフィラリアが繁殖します。ミクロフィラリアは蚊を媒体して他の犬の体内に移動し、体内で成虫となって犬の心臓や肺動脈といった血管に寄生し、幼虫を産みます。

犬糸状虫は成虫となると最大30cm程度まで成長し、犬の体を蝕んでいきます。

 

犬のフィラリア、症状は?

shutterstock_268842479
犬糸状虫が犬の体内に寄生すると「食欲がなくなる」「やせてくる」「咳が出る」といった症状が見られるようになります。

重症化すると、「何かを吐き出そうとするような咳を出す」「腹部に水が溜まって膨れてくる」ようになり、危険度が高い場合には「血尿が出る」という症状が出てきます。

血尿が見られた場合、すぐに病院に連れて行って治療を受ける必要があります。

 

犬のフィラリア、治療はどうしたらいい?薬はあるの?

犬_治療
犬糸状虫の成虫が心臓や肺動脈に寄生してしまっている場合、治療は困難です。成虫が既に寄生している犬に自己判断で駆虫薬を飲ませると、死滅した成虫が肺へ流れていってしまい、呼吸困難を起こして最悪の場合死亡してしまうこともあります。

成虫を駆除するには手術で取り出すか、成虫が少ない場合は予防薬の長期投与によって時間をかけて治療を行っていきます。死亡したフィラリアの欠片は生きている成虫と同様、もしくはそれ以上に犬の体に悪影響を及ぼします。

外科手術を行う場合はフィラリアの欠片が残らないように細心の注意が求められるのです。

 

犬のフィラリア、予防はできる?

ビーグル
フィラリアは治療が困難なので、予防が大切です。蚊に刺されないことが一番ですが、予防薬を飲むことで感染を防ぐことができます。

予防は蚊の活動が始まっていない5月頃から始めます。血液検査をして血中にミクロフィラリアがいないことを確認した上で、月一回のペースで予防薬を服用します。主に「ドロンタール プラス」や「イベルメック」といった薬が用いられます。主にブタなどに使われる殺虫剤である「フルモキサール」を使うこともあります。

薬は血液や便の検査を行った上で、獣医師の指示に従って服用するようにしてくださいね。コリー犬や類似系統の犬種には「イベルメック」の主成分であるイベルメクチンが神経毒性を示す恐れがあるという報告もあるので、自己判断で犬に服用させることはやめてあげてください。

 

犬のフィラリア、人にうつることもある?

人_風邪
犬に寄生するフィラリアが人に感染することはありますが、フィラリアは人の体内では生きていけないので、自然に死滅していきます。

ただ稀に、人の体内にフィラリアの幼虫が侵入した後、成虫となって肺に寄生することがあります。犬を飼っている方は自分や家族のためにも、しっかりとフィラリア予防をしてくださいね。