シーズーの値段や子犬の選び方は?ブリーダーがオススメ?里親は?

中国の権力者、西太后にも愛されたシーズー。小柄でありながら活発で、人懐っこく、マイペースな一面もあるシーズーは根強い人気があり、ペットショップにも必ずと言っても良いほど展示されています。これからシーズーを飼いたい方に、購入時の注意点や、子犬選びのポイントをご紹介します。

 

シーズーの入手方法、値段は?

シーズー

シーズーの入手方法は大きく2つに分けることができます。ブリーダーやペットショップから購入する方法と、里親制度を利用して譲り受ける方法です。

ブリーダーから購入する際のシーズーの適正値段は8~20万円です。犬種の特徴である美しい長毛やつぶれた顏、がっしりした体つきなどが良く出ている個体や、親の血統が良い子犬の場合は高値が付く傾向にあります。

ペットショップで購入する場合は、仲介業者をはさむため、ブリーダーから購入するよりも割高になります。里親制度を利用する場合、購入ではなく無償で譲り受けることになるため、初期費用はワクチン接種代や去勢費用の実費のみ負担するケースが大半です。

 

シーズーの子犬、選び方は?

シーズー_うさぎ

シーズーは人気の犬種なので、ペットショップでも取り扱いが多い犬種です。専門のブリーダーからの入手だと、仲介業者を通さない適正価格で入手することができますよ。

シーズーを購入する前には、抱っこをしてみてください。見掛けに寄らず体躯はしっかりしていて、抱き上げた時に思った以上の重さを感じる子犬がおすすめです。

他の確認事項は「鼻が乾いていないか」「目やにが出ていないか」「肛門周りが汚れていないか」があります。ひとつでも該当する場合は、健康状態が悪い可能性が高いので避けたほうが無難です。

アイラインがピンク色、鼻の色が薄い、目が茶色である、などの色素が薄い個体も避けます。特に目がブルーの子は近親交配の結果、生まれてきた子犬である可能性が高いので絶対に購入しないようにしましょう。いずれも生まれつき免疫力が低く、病気にかかりやすい場合が多いです。

出来れば人間の目をしっかりと見つめ、人懐っこく寄って来る子犬がオススメです。社会性の基礎が出来ていて、しつけやすいからです。

正しい抱っこの仕方について詳しく知りたい方はこちら

ペットショップで購入する時に確認したい、5つのチェックポイントと4つの質問についてはこちら

必ずしたい!悪質ブリーダーを見分けるための5つの質問についてはこちら

 

シーズーはブリーダーからの購入がオススメ!

シーズー

シーズーのように特別なお手入れが必要な犬種は、ブリーダーなど専門知識や飼育経験が豊富な人から入手するのがおすすめです。ブリーダーの場合、シーズーの特性を熟知しており、購入後もしつけやお手入れについてアドバイスを貰えますよ。また、購入した子犬が合わなかった場合、兄弟犬と交換してくれることもあります。

ブリーダーから購入する場合の注意点は、タイミングです。ブリーダーの元にいつでも子犬が居るとは限りません。オス犬を繁殖に使う期間や、シーズーの妊娠の頻度は決まっていてます。

ブリーダーから購入する場合は、予約をしてから候補となる子犬を見せてもらえるまで気長に我慢することも必要です。人気のあるブリーダーの場合、子犬を譲ってもらえるのが2、3年先ということも有り得ます。子犬の質が良く、アフターケアにも期待が持てるブリーダーですが、直ぐに手に入れられないことが多いのが短所といえます。

なかには悪質なブリーダーもいるので注意が必要です。見分けるポイントは「犬舎を見学させてくれない」「動物取扱業者登録番号を教えてくれない」「質問に対して回答が曖昧」の3つですよ。ひとつでも当てはまったら、そのブリーダーとは付き合わないようにしてください。

 

シーズーのブリーダーさんをお探しの方へ

シーズー 

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国のシーズーのブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬のシーズーの飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。シーズーは特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在シーズーの飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。

 

 

 

シーズーを里親制度を利用して引き取る

里親制度の大きなメリットは、「個体の購入価格が原則的に無料である」「殺処分される犬の頭数を減らせる」という点です。

里親制度を利用する場合、無料で譲渡されるからと言って安易に考えるべきではなく、「何故、保護されたのか」という事情も含めて検討する必要があります。「繁殖に使えなくなって捨てた」「病気に掛かっている」「遺伝的な異常」「介護が必要」など、様々な理由が考えられます。保護されている犬は「しつけ」「動物病院で継続的な治療」「介護」など、金銭的にも時間的にも負担を要する場合があります。そうした場合でも責任をもって飼育できるか、検討の上利用するようにしてください。

 

歴史的な権力者や富裕層に愛された、気品あふれるシーズー。お手入れの手間はかかりますが、見た目のアレンジの幅が広く、飼い主好みに工夫できますよ。お気に入りのシーズーに出会えると良いですね。