柴犬の飼い方は?体重や大きさ、散歩の長さ、飼育グッズは?

たくさんある犬種の中で、ペットとして特に人気なのが柴犬です。柴犬を飼うか検討している方のために、柴犬の飼い方について紹介します。

この記事では体重や大きさ、適切な散歩の長さや飼育に必要なグッズについてまとめています。性格やしつけ方については、こちらの記事もあわせて読んでみてくださいね。

 

柴犬の飼い方。成犬の体重は?大きさは?

shutterstock_103997729

 

柴犬の体重(成犬)

  • 10~13kg

柴犬の標準的な体重は成犬で10kg~13kgで、大きさは体長も体高も40cm~45cmほどです。バランスの良い体型をしていて、しっかりした骨格を持ちます。骨密度も高いため体重が標準より重い場合がありますが、すぐに肥満を心配する必要はありません。

体格が小さすぎたり体重が軽すぎたりする場合は注意が必要です。最近は小型犬がブームなので、わざと発育が未熟なまま柴犬を販売するペットショップも存在します。

柴犬の成長が未熟なまま止まってしまったら、獣医さんと相談したうえで飼い方や健康管理に気を配りながら育ててあげてくださいね。

 

柴犬の体重が重い、肥満の場合は注意が必要?

犬 子犬 たくさん 柴犬

体重が重い原因が、骨密度ではなく肥満の場合は危険信号です。肥満は万病のもとになり、「糖尿病」や「腎臓病」「高脂血症」などを引き起こしたり、関節への影響が起きたりします。

エサが適量かどうかは柴犬の便の硬さで判断できますよ。手でつまめないほど柔らかいとフードが多い証拠なので食べさせ過ぎです。指でつまみ上げられて、繋がっている便ならフードの量は適量といえます。

体重の変化が少ないとことは長生きにつながります。愛犬の肥満の原因は、飼い主が気をつけることで防げるものが多いので、気をつけてあげてくださいね。

柴犬の寿命や健康について詳しくはこちらです。

 

 

柴犬の飼い方、餌の量は?

ドッグフード 素材

小型犬に該当する柴犬の1日の給餌料は145g、1ヶ月ではおよそ4kgの餌が必要という計算になります。

餌の量を守って適切な摂取カロリー量に抑えることは、肥満などの病気の予防につながります。あげすぎには注意してくださいね。

柴犬におすすめのドッグフードについて詳しくはこちらです。

 

おやつは必要?

おやつは飼い主さんとのコミュニケーションやしつけのご褒美に有効な手段です。

しかし、基本的には普段の食事で十分な栄養を摂取することができるので、必ずしもおやつをあげる必要はありません。おやつを与えすぎることで栄養バランスが偏ったり、肥満を引き起こしたりすることがありますので、与える量には注意してくださいね。

ポイントは、食事とおやつを合わせて1日に決められた摂取カロリー量を超えないようにすることです。おやつの量は全体の10~20%程度にし、上手に食事量を調整してください。柴犬のおやつについて詳しくはこちらですよ。

 

柴犬の飼い方、適切な散歩の長さは?

shutterstock_281482361

適切な散歩時間

  • 毎日30分以上

柴犬の飼い方で気をつけたいことが、柴犬は活発で運動が大好きな犬種であるということ。毎日30分以上の散歩に連れていき、適度に走らせることがポイントです。運動が苦手な飼い主さんは自転車でリードしてあげると楽に運動させられますよ。

柴犬はよく吠えますし好戦的な性格なので、しつけで社会性を十分身につけたうえで散歩に連れていくようにしてくださいね。柴犬の散歩時のしつけについての詳細はこちらです。

 

柴犬の飼い方。飼育に必要なグッズは?

shutterstock_224962267

柴犬の飼い方で取り入れたいことは、子犬のうちから室内で飼うこと。この飼い方によって、飼い主や環境に早く慣れてくれて、信頼関係を構築しやすいですよ。柴犬を飼う上でおすすめのグッズを上記の順におすすめします。

柴犬のおすすめグッズ

  • サークル、ケージ、犬小屋
  • トイレシーツ
  • 寝床用タオル
  • ドッグフード
  • 食器
  • 水入れか自動給水器
  • 首輪・ハーネス、リード、レインコート
  • クレート、キャリーバッグ、抱っこ紐
  • ペットヒーター、クールマット
  • 犬用おもちゃ
  • ブラシと爪切り
  • シャンプー&リンス

サークル、ケージ、犬小屋

サークルとは犬のパーソナルスペースを囲う大きなカゴのようなものです。大きさは60×90(cm)のサイズが一般的で、人の存在を感じられる場所でありながら静かな所に置いてあげてください。リビングの角などがおすすめですよ。

ケージはサークルと違い、天井から壁、床まで全てが覆われています。丈夫にできているものが多く、折りたためるもの、キャスター付きで持ち運べるものなど様々なタイプがあります。

屋外で飼う場合は、上記のケージや犬小屋を用意してあげます。これらは防風・防寒のほかに、犬が安心できる「巣穴のような場所」の役割を持ちます。

柴犬のサークルについて詳しくはこちらです。
柴犬のケージについて詳しくはこちらです。
柴犬の犬小屋について詳しくはこちらです。

トイレシーツ

サークルの中に置いてあげます。新聞紙でも代用できますが、破いて食べてしまうことがあるので注意が必要です。「スーパートイレシーツ」は消臭・吸収・拡散効果にも優れており、洗えば繰り返し使えるのでおすすめですよ。

 

寝床用タオル

飼い主のニオイがするものだと安心してくれますよ。毛布でも代用できます。母犬や兄弟犬の匂いのついたタオルなどを敷いてあげてもいいですね。

 

ドッグフード

ブリーダーやペットショップから引き取る際にどんなフードをあげていたのかを聞き、最初の1ヶ月ほどは同じものをあげます。フードを変えるときは徐々に混ぜて変えてくださいね。

決して安くはないですが愛犬の健康を考えると、自然素材や安全性にこだわったフードがおすすめです。

 

食器

深さ3~5cm、直径10~15cmほどの底が平らな陶器かステンレス製のものがおすすめです。こまめに洗って清潔に保ってあげてくださいね。

食器が軽すぎると食べているときにお皿が動いてしまい食べづらいので、ある程度の重さがあるものや食器の底がゴムになっているものがおすすめです。

 

水入れか自動給水器

新鮮な水をいつでも飲める環境を整えましょう。水道水で構いませんが、食事のたびには最低限入れ替えるようにして、常に清潔にしておいてくださいね。

ごく稀にボトルタイプで水が飲めない子がいますので、両方揃えておくと安心ですよ。

 

首輪・ハーネス、リード、レインコート

首輪やリードをせずに散歩に出かけると散歩中のしつけが困難なので、しっかりとつけてください。柴犬は賢い犬ですが、しつけをしないと無駄吠えをしてしまいます。散歩デビューする前に、家の中で首輪とリードに慣れさせておくとよいですね。

梅雨時など雨の日の散歩には、レインコートの着用がおすすめですよ。

柴犬の首輪について詳しくはこちらです。
柴犬のハーネスについて詳しくはこちらです。
柴犬のリードについて詳しくはこちらです。
柴犬のレインコートについて詳しくはこちらです。

 

クレート、キャリーバッグ、抱っこ紐

クレートやキャリーバッグは、一時的に犬を入れておける入れ物のことをいいます。ケージやサークルなどに比べると決して大きくはありませんが、愛犬を車や電車に乗せるときに必要になります。

これらは愛犬と旅行に行くときにも活躍します。ペット宿泊可能な施設であっても、廊下などの公共スペースはクレートなどに入れて運ぶことがマナーです。

大きさは犬の大きさに対してあまり大きすぎないものが望ましいです。車などに乗せた場合、クレート内にスペースがあると中で犬が動いてしまう危険性があるからです。

移動時には、抱っこ紐もおすすめですよ。主にリュックタイプ、斜め掛けタイプがあります。

柴犬のクレートについて詳しくはこちらです。
柴犬のキャリーバッグについて詳しくはこちらです。
柴犬の抱っこ紐について詳しくはこちらです。

ペットヒーター、クールマット

冬の寒い時期や暑い時期に出してあげると快適な環境をつくることができますよ。温かすぎる・冷たすぎると感じたら避けることのできる場所を作るなど対策もしっかりしてあげてくださいね。

 

犬用おもちゃ

飲み込めない大きさで、噛んでも問題ないものを用意してください。幼犬期は歯が抜け替わり歯がむずがゆく感じるので、おもちゃをよく噛みたがります。ぬいぐるみなどが適していて、留守番をさせる際には特に重宝しますよ。

犬によって好きなおもちゃが違いますので、いろいろと試してみてくださいね。

 

ブラシと爪切り

毛並みをキレイに保つために必要で、柴犬には短毛用のブラシがおすすめです。犬の爪切りには犬用の爪切り(ギロチン型)を用意します。爪は伸びるのが早いのでこまめに切って、足を健全に保ってあげます。

他にもヤスリや、万が一の時の為に犬用の爪用止血剤を用意してお区と安心です。

 

シャンプー&リンス

柴犬は肌が弱いので犬用の低刺激なものがおすすめです。はじめのうちは、人間の子どもにも使える一般的なウェットティッシュでも代用できます。

 

ペットのにおいの消臭・除菌に「カンファペット」

カンファペット

トイレやケージのにおい、またカーペットやカーテンに染みついてしまったにおいには消臭剤「カンファペット」がおすすめです。

カンファペットは一般的な「においを香りで上書きする」消臭剤とは違い、においの発生源を分解・変質させ、無害化することによってにおい自体を消し去ることを可能にした消臭剤です。

強力な除菌・消臭効果があるにも関わらず、ペットにとっては全くの「無害」です。原料は全て人間の食品用として認可されたものを使用しており、「財団法人 日本食品分析センター」でもその安全性を認められています。ペットの目や口に入っても安心・安全ですよ。

今なら初回限定で詰替えパックが1個無料になります。ぜひカンファペットの瞬間消臭効果を実感してみてくださいね。

内容量ボトル300ml
+詰替え用300ml
価格1,520円

カンファペットの商品購入ページへ

 

柴犬の性格にあった飼い方をしてあげましょう

shutterstock_194687087

柴犬は従順で飼いやすい犬ですが、一方で群れのリーダーを選ぶ傾向があります。柴犬の飼育が決まったら、柴犬特有の飼い方を念頭に、飼い主が率先してリーダーシップを発揮するように心がけてくださいね。

柴犬の中には室内にずっといることにストレスを感じる犬や、散歩で走ることが苦手な犬もいるので、その子の性格にあった飼い方をしてあげてくださいね。

 

柴犬のブリーダーさんをお探しの方へ

柴犬

日本最大級のブリーダーサイト「ブリーダーワン」には、日本全国の柴犬のブリーダーさんの情報が詳しくまとまっています。子犬の柴犬の飼い主さんを募集するだけでなく、各ブリーダーさんの思いや引き取る飼い主さんへのメッセージを掲載しているため、飼い主さんからも安心して引き取れると好評のサイトです

紹介頭数は日々増減します。柴犬は特に人気の犬種なため、ブリーダーワンには日々多くの飼い主さんが訪れていますよ。現在柴犬の飼育を検討されている方はぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。