ジャックラッセルテリアの飼い方。性格や飼いやすさは?しつけ方は?無駄吠え、必要な運動量は?

元気いっぱいで活発なジャックラッセルテリアは、近年人気が高まっている犬種です。今回の記事では、ジャックラッセルテリアの特徴や性格、しつけのポイントなど飼い方のコツをご紹介します。

 

ジャックラッセルテリアの特徴や性格は?飼いやすさは?

ジャックラッセルテリア
ジャックラッセルテリアはキツネを狩る目的で交配された品種です。そのため動くものに敏感に反応し、好奇心旺盛です。小さな体からは想像できないほどの体力の持ち主で、元気いっぱいですよ。

ジャックラッセルテリアはもともと19世紀のイギリスに生まれた犬種で、ジャック・ラッセル牧師がキツネ狩りを目的に生み出した品種といわれています。キツネの穴にもぐってキツネを追い立てる役割を担っていました。そのことから、散歩中に穴掘りに夢中になってしまったり、動く動物に敏感に反応したりと、猟犬としての本能が残っていることを感じさせる行動を見せてくれます。

ジャックラッセルテリアは好奇心旺盛で、活発でやんちゃな性格の持ち主です。室内外ともにいろいろなものを探り、クンクンと匂いを嗅いで歩きまわる姿が可愛らしいですよ。ドッグランやボール遊びで夢中になって遊ぶことも大好きなので、犬と一緒に外で遊びたい飼い主さんにぴったりな犬種かもしれませんね。

その好奇心と猟犬ゆずりの高い体能力から遊んでいる時に興奮状態になってしまうことがあります。ジャックラッセルテリアは飼い主に対して従順な性格の持ち主であるともいわれていますので、普段から興奮状態を抑えるしつけを行うことがよいかもしれませんね。

ジャックラッセルテリアは、自分より大きな犬にも堂々と立ち向かう勇敢さや独特の知恵が働く知能の高さも特徴的な性格です。ワンパクなのでしつけの必要な犬種ですが、一緒に遊ぶ時のユニークな行動や元気一杯で活発な動作で飼い主を魅了してくれる犬種ですよ。

 

ジャックラッセルテリアのしつけで大切なことは?

犬_ジャックラッセルテリア_走る
ジャックラッセルテリアを飼う際、しつけはとくに重要です。ジャックラッセルテリアは驚くほど好奇心旺盛なので、動くものはなんでも反応し、近づこうとします。行動を制御する言葉や合図を覚えさせないと、散歩中に他の犬に飛びかかることもあります。車に興味本位で近づいて交通事故に遭ってしまうことも少なくありません。

悪いことをしたときや危ないものに近づこうとしたときは「ダメ」と低い声でしっかりと叱り、行動を静止する言葉を覚えさせるようにしてくださいね。頭の良い犬種なので、訓練をすれば覚えてくれます。心を鬼にして根気よくしつけをしてくださいね。

 

ジャックラッセルテリアは「無駄吠え」のしつけに苦労することも

犬_ジャックラッセルテリア
ジャックラッセルテリアのしつけの中でも、苦労するのは「無駄吠え」といわれています。猟犬としての本能が残っているので、何かを発見して興奮すると、大きな声で吠えて知らせようとするのです。

飼い主との主従関係を明確にすることで、無駄吠えは改善することができますが、ジャックラッセルテリアは猟犬の名残で本能的に吠えてしまうことがあります。本能的に吠えてしまう場合は、吠える前に「ダメ」と行動を静止し、「マテ」「フセ」をさせることで無駄吠えを防止するのが効果的といわれています。根気よく続けることで体が覚えていくので、じっくり時間をかけてしつけを行ってあげてくださいね。

 

ジャックラッセルテリアに必要な散歩や運動はどれくらい?

ジャックラッセルテリア_後ろ姿
ジャックラッセルテリアは底なしの体力を持っているので、毎日長めの散歩に連れていく必要があります。個体差や気分によって差はありますが、毎日1〜2時間程度の散歩が必要だといわれていますよ。

いつもの散歩に加えて、ときにはドッグランに連れていくなど、思う存分運動できる時間を作ってあげてくださいね。運動不足だとストレスを抱えてしまう犬種なので、運動不足にならないように気をつけてあげてくださいね。

 

ジャックラッセルテリアは根気づよいしつけと運動がコツ

ジャックラッセルテリアを飼うには、根気よくしつけを行うことと時間をかけて運動させることが必要なので、飼育が簡単な犬種ではありません。

飼う前にしつけや毎日の散歩に必要な手間・時間をかけられるかどうか、よく考えてから飼うことが大切です。元気いっぱいでユーモアいっぱいのジャックラッセルテリアと、たくさんの楽しい思い出を作ってくださいね。