ゴールデンレトリバーの子犬購入の値段、おすすめドッグフードは?餌代などお金まとめ

太陽に輝く長い金色の被毛と優しくおおらかな性格が魅力的なゴールデンレトリバーは、大型の家庭犬の王様ともいわれます。日本でも数多くの方が飼育をしており、身近に触れあえる大型犬として有名ですよね。

この記事ではゴールデンレトリバーの販売価格や餌代など、生涯かかるお金を計算して紹介しています。

 

ゴールデンレトリバーの子犬の値段は?

ゴールデンレトリバー アメリカン

子犬の価格

  • 20万円程度

ゴールデンレトリバーの子犬価格は20万円前後です。両親がチャンピオンタイトルを持つ、事前に股関節検査、PRA(進行性網膜萎縮症)検査を済ませている、などの条件で値段が上がりますよ。

健康な子犬を希望する場合は、ショップやブリーダーさんに両親が検査済みかどうか確認することをおすすめします。

 

ゴールデンレトリバーのおすすめドッグフードと餌代は?

ゴールデンレトリバー

おすすめのドッグフード

ゴールデンレトリバーは皮膚が弱く、アトピー性皮膚炎などの皮膚病になりやすいと犬種です。日々の食習慣から健康を意識して、アレルギー源となりやすい粗悪な原材料の含まれないドッグフードがおすすめです。

また、ゴールデンレトリバーはやんちゃな性格から食後すぐに動き回ることが原因で、胃捻転を引き起こしやすい犬種です。一気に食べづらい工夫の観点から、大粒のドッグフードがおすすめです。

アランズナチュラルドッグフードに使われているラム肉やビール酵母には、皮膚や粘膜を正常化し免疫力を底上げする「ビタミンA」、丈夫な骨格を形成する「ビタミンD」などが豊富に含まれています。またミネラルや食物繊維も多く含まれているので、お腹の弱りがちな「大型犬」にも適していますよ。

『アランズナチュラルドッグフード』の購入サイトへ

アランズナチュラルドッグフードの口コミや詳しい解説はこちら

 

年間および生涯の餌代

年間の餌代

  • 約15万円

ゴールデンレトリバーは大型犬なので食事量も多めです。1日あたりの給餌料は300~350g程度、月10kg程度を前提に計算すると、月の餌代は14000円※ほど、年間では約17万円になります。しつけのご褒美におやつを使う場合は年間2万円ほどの「おやつ代」がプラスされます。

ゴールデンレトリバーの寿命は10~12年前後なので、餌代は生涯で約200万円を見積もっておく必要がありますよ。

※1 FINEPET’Sドッグフード成犬用体重別給餌量概算表に基づく計算です

 

ゴールデンレトリバー、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

犬_ゴールデンレトリバー_寝顔

準備しておくもの

  • サークル
  • 床材
  • トイレ用品
  • 食器
  • 首輪、リード
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • レインコート
  • キャリーバッグ

ゴールデンレトリバーを飼育するために必要なものは「サークル」「床材」「トイレ用品」「食器類」「首輪とリード」「ケア用品」などです。総額で10万円近くかかりますがなるべく揃えてあげてくださいね。

 

サークル

30kg程度にまで成長するゴールデンレトリバーには、幅120cm高さ100cm程度あるサークルがおすすめです。1~3万円ほどで購入できますよ。

 

床材

床がフローリングだと滑って怪我をしたり骨折をすることも考えられます。クッションフロアや絨毯を敷く、フローリング用滑り止めワックスを塗るなどの対策をしてあげてくださいね。マットは20畳で4万円ほど、ワックスは1万円ほどで販売されていますよ。

 

トイレ用品

大型犬用のトイレトレーはXLサイズが9000円程度、トイレシートはワイドタイプが300枚入り6,000円ほどで購入できます。

トイレトレーニングについてはこちら

 

食器類

給餌用の食器は、耐久性のあるステンレス製の丸皿がおすすめです。直径20cmほどの大きめのお皿を選ぶとドカ食いを抑えることができるので、胃捻転の予防にもなりますよ。2000円ほどです。

給水器はお皿でも問題はありませんが、倒してこぼしてしまったりイタズラをすることもあるので給水ボトルタイプがおすすめです。2500円程度で買えますよ。

 

首輪、リード

しつけがしっかり出来るまでは首輪がおすすめですが、キチンとしつけが出来て上手な散歩が出来る様になればハーネスでも問題はありません。首輪・ハーネスは4000円、リードは3000円ほどです。

ゴールデンレトリバーにおすすめの首輪についてはこちら

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー」「歯ブラシ」を用意してください。美しい被毛を保つためにはスリッカーブラシやラバーブラシ、低刺激のシャンプーが必要になります。また、換毛期の手入れにはファーミネーターがあると便利ですよ。

ブラシは1万円、シャンプー・リンスは8000円、歯ブラシは500円程度で購入することができます。

おすすめのシャンプーについてはこちら

歯磨きの方法や頻度についてはこちら

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「レインコート」「キャリーバッグ」などです。

ゴールデンレトリバーの被毛は一度びしょびしょになってしまうと乾かすのが大変です。6000円程度で買えるので、雨の日の散歩用などに1着持っておくと便利ですよ。

また、病院へ連れて行く時や旅行で移動する時や災害時の避難に備えて「ハードキャリー」を用意しておくと安心です。大型犬用であれば15000円ほどで購入できます。

 

ゴールデンレトリバーの飼育はどのくらいお金がかかる?

ゴールデンレトリバー

飼育にかかる合計費用

  • 300万円

ゴールデンレトリバーの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせて30万円ほどを見積もっておきます。

また、1年でかかる費用は「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費」を合わせた25万円程度、怪我をしたり病気になった場合はさらに医療費が数10万円かかることもあります。

ゴールデンレトリバーの寿命は10~12年前後なので、生涯費用として300万円を見積もっておいてくださいね。

 

ゴールデンレトリバーの購入の方法は?

犬 ゴールデンレトリバー 素材

ゴールデンレトリバーの購入方法は主に、「ペットショップ」「ブリーダー」「里親」の3つです。

以前はペットショップでの購入が大半を占めていましたが、最近では「ブリーダー」や「里親」を介しての取引も増えていますよ。

それぞれメリットやデメリットがあるので、ご家庭の事情に合った方法で最愛のパートナーを迎え入れてくださいね。

 

愛犬の笑顔を絶やさないように事前見積もりを!

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーは飼い主と屋外で遊ぶことが大好きなので、キャンプや山登り、海遊びなどを一緒に楽しむことができます。ゴールデンレトリバーの笑顔を絶やすことなく、楽しい毎日を過ごすためにも事前見積もりは必ずしてくださいね。

ゴールデンレトリバーの性格、しつけ、体重についてはこちら

ゴールデンレトリバーの寿命や病気、散歩についてはこちら

ゴールデンレトリバーの選び方、血統ごとの特徴についてはこちら