「キジトラ」「サバトラ」とは?アメリカンショートヘアと関係はある?

猫の被毛には「キジトラ」や「サバトラ」という柄が存在します。アメリカンショートヘアの被毛カラーにはこの2つの柄は存在するのでしょうか。この記事ではアメリカンショートヘアと「キジトラ」や「サバトラ」の被毛柄の関係について紹介しています。

 

キジトラとはどんな柄?

アメリカンショートヘア 

キジトラ

  • 別名「ブラウンマッカレルタビー」
  • 茶色ベースに黒の縞模様

「キジトラ」は猫の被毛の柄の1つで、別名ブラウンマッカレルタビーともいいます。茶色ベースに黒の縞模様が特徴的な柄です。もともと猫の被毛はキジトラが元になったとされており、野生の血が濃く残った猫に多い柄です。

キジトラには「キジトラ白」「キジトラ黒」「黒×白」の3種類バリエーションがあります。口まわりは白く、鼻は茶色、しっぽは尾の先が濃く、お腹にも縞模様があるなどがキジトラの特徴です。

鳥の「キジ」の柄に似ていることから、「キジトラ」という名前がつけられたようです。

 

サバトラとはどんな柄?

アメリカンショートヘア 

サバトラ

  • 別名「シルバーマッカレルタビー」
  • グレーベースに虎のような黒い縞

「サバトラ」は別名サバトラはシルバーマッカレルタビーといい、日本の猫の毛色としては最もポピュラーな柄です。虎のような黒い縞がありながら、地色が魚の「サバ」のようなグレーに色づいている被毛を指します。

足先だけが白いソックス猫もいるのがサバトラの特徴です。サバトラの中でもお腹の毛色が白いと特に「サバ白」とよびますよ。もともとはキジトラが猫の被毛でしたが、さまざまな交配によってサバトラは誕生したとされていますよ。

 

アメリカンショートヘアとキジトラ、サバトラの違いは?

アメリカンショートヘア1

違い

  • アメリカンショートヘア:猫種
  • キジトラ・サバトラ:柄の名前

キジトラとサバトラ模様の猫は、アメリカンショートヘアの毛色に似ています。区別するのはなかなか難しいですよ。アメリカンショートヘアには「キジトラ」「サバトラ」以外にも「ブラック」「ホワイト」「ブラウン」など様々な毛色が確認されています。

キジトラやサバトラとは被毛の柄の1つであり、アメリカンショートヘアには多彩な毛色が存在しますので、「アメリカンショートヘア=キジトラ、サバトラ」というわけではありません。ただ、アメリカンショートヘアの被毛といったらキジトラと考える方は多いといえます。

アメリカンショートヘア以外にも「キジトラ」や「サバトラ」の柄を持つ猫種はいますよ。特に日本猫の多くはキジトラで、日本猫と外国の猫の組み合わせに多いのがサバトラとおおまかに分けることができます。

 

どちらも被毛の柄を指す言葉

アメリカンショートヘア 

キジトラは猫の被毛のベースとなり、日本の猫に多い被毛の柄です。サバトラはキジトラと外国生まれの猫との交配によって生まれた被毛の柄です。また、アメリカンショートヘアだけではなく、多くの猫にキジトラやサバトラの猫がいます。

「被毛の柄」で猫を分類した際によばれる総称なので、アメリカンショートヘアを「キジトラ」と呼ぶ場合もありますが、「キジトラ」も「サバトラ」も猫種を指す言葉ではありませんよ。