コモンドールの販売価格や餌代などお金まとめ

コモンドールは大きなモップのような見た目が特徴的な大型犬です。

日本では馴染みが薄いですが近年ではショードッグとしての活躍も華やかな犬種です。

この記事ではコモンドールのの販売価格や餌代など生涯費用をまとめました。

 

コモンドールの販売価格と年間かかる餌代は?

コモンドール 

子犬の価格

  • 50万円程度

年間の餌代

  • 20万円程度

コモンドールの子犬の販売価格は50万円前後です。日本での飼育数やブリーダーの数も少ないので、子犬の購入を考えている場合は海外からの輸入になります。

輸送費や手数料といった費用もかかるため、少なくても50万円程度は見積もっておく必要がありますよ。

 

年間の餌代

餌代はドッグフードの種類にもよりますが、良質で全ライフステージに対応可能な「カナガン ドッグフード」(2kg 3980円)で計算すると月に2万円ほどかかります。

しつけに使うおやつ代を月に5000円とすると、年間で30万円ほどかかりますよ。

『カナガンドッグフード』の購入サイトへ

 

コモンドール、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

コモンドール 

準備しておくもの

  • サークル
  • 床材
  • トイレ用品
  • 食器
  • 首輪、リード

揃えておくと便利なもの

  • クッション
  • ヘアゴム

コモンドールを飼育するために必要なものは「ケージ」「床材」「トイレ用品」「食器類」「首輪とリード」などです。総額で10万円近くかかりますが、必要なものなので揃えてあげてくださいね。

 

ケージ

ケージはステンレス製の超大型ケージがおすすめで、高さ90×幅70×奥行き120cmほどあれば十分です。3万円ほどで購入できますよ。

 

床材

コモンドールは股関節形成不全になりやすいので、床には滑り止めの対策が必要です。絨

毯やコルクマットを敷いたり、フローリング用滑り止めワックスを塗ったりして滑らないように気をつけてあげてくださいね。マットは4万円ほど、ワックスは1万円前後で購入できますよ。

 

トイレ用品

大型犬用のトイレトレーはXLサイズが9000円程度、トイレシートはスーパーワイドタイプが24枚入り1500円ほどで購入できます。

 

食器類

食器や水入れは耐久性のあるステンレス製のボウルがおすすめです。

他の大型犬と同じように胃捻転に注意が必要なので、ドカ食い予防にもなる直径20cmほどの大きめのお皿を選んであげてください。それぞれ2000円ほどで購入できますよ。

 

首輪類

コモンドールは大型犬で力も強いので、しっかりした素材の首輪・リードを選ぶことが大切です。

犬種に合わせてオリジナルで作ってくれるお店も多いので、最適なものを見つけてあげてくださいね。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「クッション」「ヘアゴム」などです。大型犬に分類されるコモンドールは堅い床の上などに寝かせていると関節を痛めてしまうことも少なくありません。

毛布を畳んだものやクッションで構わないので寝床や休む所に用意してあげてくださいね。顔も被毛で覆われているので、食事の時に顔回りの毛が汚れやすいです。

顔回りの毛をヘアゴムなどでまとめてあげるとすっきりしますよ。100円ショップなどで手に入る人用のヘアゴムでも代用できますよ。

 

コモンドールの飼育はどのくらいお金がかかる?

コモンドール 

飼育にかかる合計費用

  • 400万円程度

犬の飼育にかかる生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせて60万円ほどを、年間費用は「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」を合わせた40万円ほどを見積もっておきます。

コモンドールの平均寿命は11年ほどなので、生涯費用は60万+40万✕11年=500万円と計算できます。

ただ、「股関節形成不全」や「胃捻転」になりやすい犬種で、「手術代」は大型犬なだけあり膨大にかかります。費用を抑えるために「ペット保険」へ加入する飼い主さんも多いです。

生涯費用の見積もりは500万円以上を考えておくことがおすすめです。

 

飼育は結構たいへん!

コモンドール 

コモンドールは手入れの大変さからペット向きの犬とはいえませんが、海外では安定した人気を保っている犬種です。日本での飼育は少し大変かもしれませんね。

もし、飼育を考えているのであれば事前見積もりをきちんとしてから飼うようにしてくださいね。