ジャックラッセルテリアの販売価格や餌代などお金まとめ

ジャックラッセルテリアはCMでの起用も増えるなど人気急上昇中の犬です。体は小さいですが馬やハウンド犬とも並走できるほど運動神経がいいので、一緒に様々なアジリティを楽しむこともできますよ。

この記事ではジャックラッセルテリアの販売価格や餌代など生涯でかかるお金をまとめています。これから飼育を検討している方は参考にしてみてくださいね。

 

ジャックラッセルテリアの販売価格と年間かかる餌代は?

ジャックラッセルテリア 

子犬の価格

  • 17~25万円程度

年間の餌代

  • 6万円程度

ジャックラッセルテリアの子犬の販売価格は17~25万円ですが、「被毛のタイプ」「模様の入り方」「性別」によって上下します。

例えば目の周りに入る模様(アイパンチ)は、両目よりも片側に入っている方が高くなりますよ。性別によっても値段が違い、メスの方がオスに比べて1~2万円ほど高い値がつきます。

 

年間の餌代

選ぶフードによっても変わってきますが、体重5kg程度であればしつけに使うおやつと合わせて年間で6万円ほどかかります。ジャックラッセルテリアの寿命は15年前後なので、餌代は生涯で90万円ほど見積もっておく必要がありますよ。

 

ジャックラッセルテリア、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ジャックラッセルテリア 

準備しておくもの

  • ケージ
  • トイレ用品
  • 食器類
  • 首輪類
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • おもちゃ

ジャックラッセルテリアを飼育するために必要なものは「ケージ」「トイレ用品」「食器類」「首輪類」「ケア用品」などです。総額で3万円ほどなので揃えてあげてくださいね。

 

ケージ

ジャックラッセルテリアは高くジャンプする子も多いので、ケージは屋根付きのワイドタイプがおすすめです。後や横が板張りになっているものを選ぶと被毛の飛び散りも減るので掃除も楽ですよ。2万円前後で購入できます。

トイレ用品

トイレはトレータイプのものが3000円程度で販売されています。トイレシーツは1袋1000円前後で販売されていますよ。

食器類

食器は噛んだりしても壊れないステンレス製がおすすめです。水入れはお皿だと倒してしまうことも多いので給水ボトルタイプがおすすめです。それぞれ1000円前後で購入できます。

 

首輪類

ジャックラッセルテリアの場合、首輪・ハーネスのどちらでも問題はありませんが、引っ張り癖が強い子も多いのでハーネスがおすすめです。しつけには首輪がおすすめですよ。3000~5000円前後で様々な素材のものが販売されていますよ。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー、リンス」なども忘れないでくださいね。被毛タイプによってブラッシングに必要な道具は異なりますが、スムースコートであれば獣毛ブラシやラバーブラシが必要です。

ワイアータイプで飼い主さんが自分でストリッピングをするのであれば、トリミングナイフが必要になります。ブラシ類はそれぞれ1500円程度、シャンプー・リンスは1500円程度で購入できますよ。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーバッグ」「おもちゃ」などです。災害時の避難や病院へ連れて行く時にキャリーバッグは必要です。価格は3000~5000円ほどなので用意しておくと安心です。

ジャックラッセルテリアは噛む力が強く、大抵のおもちゃを壊してしまうので「ナイラボーン」がおすすめです。噛むだけで歯石と歯垢が取れるのも嬉しいですね。1500円程度で購入できます。

 

ジャックラッセルテリアの飼育はどのくらいお金がかかる?

ジャックラッセルテリア 

飼育にかかる合計費用

  • 200万円

ジャックラッセルテリアの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた20~25万円ほどを見積もっておきます。また、1年でかかる費用は「餌代」「医療費」「ケア用品」「トイレ用品」を合わせた10万円程度かかります。

股関節形成不全や白内障を患いやすい犬種なので、医療費を抑えるためにもペット保険への加入をおすすめしますよ。ジャックラッセルテリアの寿命は15年前後なので、生涯費用は200万円ほどを見積もっておく必要がある計算です。

ジャックラッセルテリアを生涯飼いきれる予算を計算!

ジャックラッセルテリア 

活発で運動神経が抜群のジャックラッセルテリアと様々な事を楽しむためには、潤沢な費用が必要です。いざという時に慌てることが無いように事前の見積もりをして目処をたててから飼育するようにしてくださいね。