グレインフリーのドッグフードの特徴や人気のおすすめ3選

最近では人間だけでなくペットに対する健康志向も高まってきています。愛犬に安心な食べ物を食べさせるために、グレインフリードッグフードを選ぶ飼い主さんも多くみられますよ。

この記事ではグレインフリードッグフードとは何か、特徴、選び方、おすすめのグレインフリーフードについてまとめました。

 

グレインフリードッグフードとは?特徴は?

ドッグフード出典:petfun.jp

グレインフリー

  • 原材料に穀物を使用していない

グレインフリードッグフードとは「穀物不使用」のドッグフードのことを指します。

近年になってプレミアムフードともよばれるグレインフリーフードが増えた背景にはアレルギー対策があるといわれていますよ。

犬は穀物を消化するのが苦手なので、摂取すると「消化器官への負担」「皮膚アレルギー」などを起こすことがあるのです。毎日同じフードを食べる犬にとっては、害になるものを食べ続けることになるので飼い主さんが気をつけてあげてください。

 

穀物を入れているドッグフードもある

犬の体に悪い穀物をドッグフードに使う理由は「値段が安く、かさ増しができる」「ペットフード安全法で禁止されていない」からです。

肉や野菜、魚などの原材料に比べて穀物は比較的値段が安いので、会社にとって莫大な利益を生み出すことができます。穀物を使用しても法律違反にはならないことも背景にあるといえますよ。

 

グレインフリーのドッグフード、選び方は?

ドッグフード

確認したいポイント

  • 香料
  • 着色料
  • 防腐剤

ドッグフードはグレインフリーであっても、体に悪い成分が入っていることはあります。体に悪い成分である「香料」「着色料」「防腐剤」なども使われていないかチェックしてあげてくださいね。

 

香料

犬は匂いの強い食べ物を好むので、香料を入れることにより食いつきを良くします。栄養もないので、香料を使っている商品を選ぶメリットは何もありません。

 

着色料

着色料はドッグフードの見た目をよくするためだけに使われている成分です。栄養もありませんし、毒性が確認されているものも多いので着色料が入っていない商品を選んであげてくださいね。

 

防腐剤

ドッグフードが腐らないようにするために使われるのが防腐剤です。

発がん性が疑われている「BHA」「BHT」「エトキシン」などを避け、「ローズマリー」や「ミックストコロフェロール」などの天然由来の酸化防止剤を使っている商品を選んであげてください。

犬は人間に比べて4倍のたんぱく質を必要とするので、グレインフリーを含めた総合的に栄養価の高いフードを選ぶことが、病気予防だけでなく長生きにも大切な要素だといえますね。

 

グレインフリードッグフード、人気のおすすめランキング3選!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーフード3選

  • 1. カナガン ドッグフード
  • 2. ナウ・フレッシュ
  • 3. オリジン

 

おすすめのグレインフリーフード1. 「カナガン ドッグフード」

カナガンのドッグフードは、犬に必要な栄養素を動物性たんぱく質60%、野菜等の植物成分が40%の比率で配合されています。グレインフリーで高タンパク・低炭水化物なので犬の体にも優しいですし、小粒タイプなので小型犬でも食べやすいです。

全てのライフステージ対応ですし、犬の食べつき・消化吸収もいいので給餌量を調整するだけで愛犬の健康維持が出来ますよ。

dog1_canagan カナガン ドッグフード

『カナガンドッグフード』の購入サイトへ

 

おすすめのグレインフリーフード2. 「ナウ・フレッシュ」

ナウ・フレッシュは、新鮮な原材料を使用することにこだわり抜いたドッグフードです。新鮮素材の栄養を損なわないように製法にもこだわっているので、犬に必要な栄養素を十分に摂取することができます。

犬が苦手とする穀物を一切使用していないので(グレインフリー)、穀物アレルギーの心配もありませんよ。

 

Amazonで商品を確認する

 

おすすめのグレインフリーフード3. 「オリジン」

オリジンは肉類80%:フルーツと野菜20%:穀物0 の割合で配合した、動物本来の食事を再現するグレインフリーのドッグフードです。

主原料に新鮮な肉をふんだんに使用しているので、犬に必要な栄養素である動物性たんぱく質を豊富に摂取できるようになっていますよ。

オリジン パピーラージ

オリジンの購入サイトへ

愛犬の健康は食事選びから!

ドッグフード

愛犬の健康を考えているのであれば、グレインフリーのフードを選んであげることをおすすめします。一般的なフードと比べると高価ですが、食事面で防げる病気も多いです。

愛犬がアレルギーなどで生涯苦しむことが無いように、食事面でもしっかりサポートしてあげてくださいね。