健康でなつきやすい!ソマリの子猫の選び方や、歴史は?

アビニシアンの長毛種として知られるソマリは、活発で人懐こい性格から人気が急上昇している猫です。高貴さと優しさの中に野生味を感じさせる外見も多くの人を魅了していますよ。

この記事では、ソマリの子猫の選び方や歴史を紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ソマリの子猫、選び方は?

ソマリ

健康なソマリを見分けるポイント

  • 被毛のティッキング
  • 体つき

ソマリの子猫を購入する時に見るべきポイントは「被毛のティッキング」「体つき」です。

1本の毛に数食の色が交じり合い縞模様のようになっている状態のことを「ティッキング」といい、綺麗に表れているソマリは栄養状態もよく健康的な子猫だといわれています。

しなやかな体つきが特徴なので、子猫もスレンダーでしなやかな体つきをしている子猫も健康的だといわれています。

はち切れるような弾力のある体つきと太くてガッチリしている足をしており、抱き上げた時にずっしりとした重さを感じる子を選ぶようにしてくださいね。

 

その他みるポイント

このほかに見るべきポイントは、子猫一般的にいわれることですが「肉球」「目」「お尻周り」「耳の中」などがあります。

健康な猫の肉球は柔らかく、弾力があります。目に瞬膜が出ていたり、涙目、白めの充血、目ヤニが目立つ子は避けてください。栄養失調だったり猫風邪をひいている可能性があります。

お尻周りが汚れている場合は、慢性的な下痢になっていることも考えられますよ。耳の中が汚れている場合は耳ダニになっている可能性がありますよ。

 

ソマリの選び方、なつきにくい子猫の行動や特徴は?

ソマリは人懐こい性格をしている子が多いですが、神経質だったり警戒心が強い子もいます。子猫の入っているケースやサークルに近づいたり手をさしのべたりしたときに、「怯えている」「噛もうとしてくる」子はなつきにくいといえます。

懐くまでに時間がかかるので、愛情を込めながら辛抱強く飼う必要がありますよ。

 

ソマリの歴史は?

ソマリ

ソマリの歴史は諸説あるので、この記事ではアメリカにおけるソマリの歴史をまとめています。

カナダでソマリの育種が始まったとほぼ同時期の1960年代初頭に、長毛のアビシニアンはイブリン・メイグによって生み出されました。

「ジョージ」と名付けられた子猫は友人を通じて一般の飼い主に譲渡されましたが、猫アレルギーだったためメイグの保護施設に持ち込まれます。

メイグは持ち込まれた長毛のアビニシアンに感心するとともに、その子が「ジョージ」だと知ってショックを受けました。

その後、メイグは「ジョージ」と同じロングヘアーのアビニシアンが猫愛好家に受け入れてもらえるようにと育種を開始したのです。近年の研究結果によると、ソマリが長毛になったのは異種交配が原因ではなく突然変異であったことが分かっています。

初めの頃は否定的な意見が多かったソマリでしたが、現在ではカナダ・アメリカなど世界中で猫種として登録されておりアビシニアンと同じように世界中で愛されていますよ。

 

健康的なソマリを選んでペットライフを満喫しよう!

ソマリ

犬のような猫といわれるほどコミュニケーションが取りやすいソマリですが、一目ぼれでの購入はおすすめできません。この記事で紹介した子猫を選ぶときのポイントを参考にして、健康で飼いやすいソマリとの充実した生活を楽しんでくださいね。