紀州犬の年齢ごとの大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

紀州犬は1934年に秋田犬や甲斐犬に次いで天然記念物に指定された日本犬の一種です。凶暴というイメージから敬遠されがちですが、十分なしつけを行い、運動量を確保すれば最高のパートナーになってくれる犬種です。

この記事では紀州犬の年齢ごとの大きさや、餌の内容、おすすめのドッグフード、与えるときの注意点をご紹介しています。

 

子犬の紀州犬の大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

素材 疑問

大きさ

  • 体重:7kg
  • 体高:15cm

おすすめのドッグフード

  • カナガンドッグフード

子犬の紀州犬の大きさは生後3ヶ月で体重7kg、体高15cmほどに成長します。この時期におすすめのドッグフードは「カナガンドッグフード」です。

カナガンは消化吸収率の高いチキンを50%以上も使用しているため、消化器官が成熟していない子犬期でも安心して与えることができます。

犬の苦手な穀物や、体に悪影響を与える人工添加物は一切使用していません。1粒1粒がドーナツ型なので噛み砕きやすく、のどに詰まらせてしまう危険性が低い点も嬉しいですね。

餌は1日3回に分けて与えますが、量は便の形状を見ながら調整するようにしてください。便が硬ければ不足気味、緩ければ与えすぎと判断することができますよ。

ドッグフード以外にミルクを与える場合はエスビラックバウダーミルクがおすすめです。大さじ2杯のパウダーを大さじ4杯分のぬるま湯で溶かして食後に与えてください。

 

注意点

ミルクはフードを成犬用に切り替える時までには止めるようにしてくださいね。

子犬期に十分な栄養を与えることは大切ですが、紀州犬の子犬に過剰な栄養を与えると皮膚病の原因になることがあります。

ドッグフードだけで必要な栄養は摂取できるので、お菓子は与えすぎないようにしてください。

 

成犬の紀州犬の大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

素材

大きさ

  • 体重:13~27kg
  • 体高:43~55cm

おすすめのドッグフード

  • モグワンドッグフード

成犬の紀州犬は体長が43~55cm、体重が13~27kgにまで成長します。

紀州犬の成犬には「モグワンドッグフード」がおすすめです。皮膚の炎症や痒みを抑えてくれる「オメガ3脂肪酸」や、皮膚に乾燥を防いで潤いを持たせてくれる「オメガ6脂肪酸」などがバランスよく含まれています。

餌の量は体重の2%を目安に1日2回に分けて与えますが、運動量などによっても変わってくるので微調整してあげてください。

ドッグフードだけではカルシウムが不足することもあるので「犬用の粉カルシウム」や「煮干しを細かくしたもの」を振りかけてあげることもおすすめですよ。

 

老犬の紀州犬の大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

素材

おすすめのドッグフード

  • モグワンドッグフード

紀州犬の老化は9歳前後から始まります。老犬になっても体重・体高は成犬と変わりありません。成犬時と比べて運動量や代謝が落ちてきた老犬の紀州犬におすすめのフードは、成犬時と同じ「モグワンドッグフード」です。

モグワンは全てのライフステージに対応しているだけでなく、「高タンパク・低カロリー」なので運動量が低下してくる老犬にも安心して与えることができますよ。

体重×70~80kcalを目安に1日2~3回に分けて、ふやかしてから与えるようにしてくださいね。食いつきが悪い場合は、ウェットフードを混ぜてあげると食いつきが改善されることもありますよ。

健康的な生活はドッグフード選びから!

ドッグフード

紀州犬との充実した生活を楽しむためには、しつけや運動以外に食生活にも気を使ってあげることが大切です。愛犬に適したドッグフードを選んで、健康的に過ごさせてあげてくださいね。