ボーダーコリーの販売価格・おすすめドッグフード・餌代などお金まとめ

ボーダーコリーは全犬種の中で最も知能が高いとされる犬です。

運動能力にも長けているので、訓練競技会やアジリティ・ディスクドッグの大会を一緒に楽しむこともできます。

この記事ではボーダーコリーの販売価格やおすすめドッグフード、餌代など生涯でかかるお金をまとめました。

 

ボーダーコリーの販売価格は?

ボーダーコリー 

子犬の価格

  • 15~20万円

ボーダーコリーの子犬の販売価格は15~20万円です。

一般的な「ブラック&ホワイト」以外のカラーや、顔にブレーズ(顔の白いライン)が入っている子は値段が高くなる傾向があります。

血統や両親のドッグショーでの成績によっては30万円を超えることも珍しくありません。

ボーダーコリーをはじめ犬によって致命的な病気になりうる「CL症」「TNS」「コリーアイ」などの遺伝病を持っている子も多いです。入手前に親犬や兄弟犬の健康状態を確認させてをもらうことがおすすめです。

 

ボーダーコリーのおすすめドッグフードや餌代は?

ボーダーコリー

活発に動き回ることが大好きなボーダーコリーは、股関節形成不全になりやすい傾向があります。

肥満は関節系の疾患の引き金になるだけでなく症状を悪化させることにも繋がるので、普段の食事で体型を維持してあげることが大切です。

アトピーやアレルギーなどの皮膚病にもなりやすいので、穀物や人工添加物を使っていないフードを選んであげることも忘れないでくださいね。

 

おすすめドッグフード

ボーダーコリーには、「モグワンドッグフード」がおすすめです。

モグワンはチキン生肉や生サーモンなどの良質な動物性タンパク質が豊富に含まれる食材を50%以上も使用しているので、少量で十分な栄養素を補給することができます。脂肪分も12%とプレミアムドッグフードの中では低めなので、肥満になりにくいです。

足腰のケアに最適な「グルコサミン・コンドロイチン」皮膚や被毛の健康維持に効果がある「オメガ3脂肪酸」も配合されていますし、様々な皮膚トラブルの原因になる穀物や人工添加物は不使用です。

関節や皮膚のトラブルになりやすいボーダーコリーには最適なフードといえます。

モグワンドッグフード
商品名モグワンドッグフード
内容量1.8㎏
特徴100%無添加、動物性タンパク質50%以上、グレインフリー(穀物不使用)、手作りのようなおいしさ
通常購入価格3,960円(税抜)
定期購入価格3,564円(税抜)

 

pepy限定!全額返品保証を実施中!

この記事からモグワンを購入し、満足頂けなかった方を対象に「全額返金キャンペーン」を実施しています。概要は以下のとおりです。

 

返金条件

・返金をご希望の場合は、商品到着後30日以内に、ナビダイヤル「0570-200-012」までご連絡ください。

・商品を送っていただければ、商品代金を全額お返しいたします。

・返送料はお客様ご負担でお願いいたします。

・2袋以上ご注文の際は、未開封のものも含む商品をすべてご返送ください。ただし、使いかけの商品で返品をお受けできるのは1袋のみです。

・2袋以上開封し返品をご希望された場合、2袋以降の商品は代金をお支払いいただくことになりますのでご注意ください。

 

年間および生涯の餌代

年間の餌代

  • 約24万円

ボーダーコリー※1におすすめのモグワン(1.8kg 3960円)で計算すると、月に18000円※2ほどかかります。しつけに使うおやつ代と合わせて月に約20000円ほどなので、年間で24万円かかる計算です。

ボーダーコリーの寿命は約13年なので、生涯かかる餌代は約310万円と試算できます。

※1 体重を15kgと仮定
※2 モグワンドッグフード公式ページの1日の給与量の目安に基づく計算です。

 

ボーダーコリー、飼育環境を整えるのにかかる費用は?

ボーダーコリー

 

準備しておくもの

  • ケージ
  • 床材
  • トイレ用品
  • 食器類
  • 首輪類
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • 食器台

ボーダーコリーを飼育するために必要なものは「クレート」「食器類」「首輪・ハーネス、リード」「トイレ用品」「ケア用品」などです。

総額で5~6万円ほどなので揃えて上げてくださいね。

 

ケージ

運動能力に優れているボーダーコリーには屋根のあるケージがおすすめです。

中にベッドとトイレを設置しても十分な広さが確保できるほどの大きさが最適で、3万円ほどで購入可能です。

 

床材

ボーダーコリーは股関節形成不全などの関節疾患になりやすいので、フローリングなどの滑りやすい床には対策が必要です。

カーペットやペット専用の滑り止めつきマット・専用の床材などを用意してあげてくださいね。マットは20畳で4万円ほど、ワックスは1万円ほどで販売されています。

 

トイレ用品

トイレは大きいサイズのトイレトレーが5000円前後、スーパーワイドサイズのトイレシートは24枚1500円程で売られていますよ

 

食器類

食器は衛生的で壊れにくいステンレス製がおすすめです。

直径20cmほどの大きさのものを選んであげれば「胃捻転」の予防にもなります。

水飲みは、ボウルタイプだとイタズラで倒されてしまうこともあるので給水ボトルタイプがおすすめです。食器は2000円程度、給水ボトルは1000円程度で購入できます。

 

首輪類

ボーダーコリーは引っ張り癖がある子も多いので、チョークチェーンかハーネスがおすすめです。

3000~5000円前後で様々な素材のものが販売されています。

 

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「イヤークリーナー」なども忘れないでください。

ダブルコートで抜け毛が多いので、毎日のブラッシングが欠かせません。ピンブラシとコームはそれぞれ1500円程度で揃えられます。

ボーダーコリーの垂れ耳は汚れがたまりやすいので「外耳炎」になりやすいです。予防に効果的なイヤークリーナーは1,200円前後で購入可能です。

 

そのほか揃えておくと便利なもの

上記以外に揃えておくと便利なものが「キャリーバッグ」です。

災害時の避難や病院へ連れて行く時に欠かせないキャリーバッグは、3000~5000円ほどで購入できるので用意しておくと安心です。

食器台を設置してあげると、食事の時に体にかかる負担を減らしてあげることもできます。

 

ボーダーコリーの飼育はどのくらいお金がかかる?

ボーダーコリー

飼育にかかる合計費用

  • 335~400万円

ボーダーコリーの生涯費用は「初期費用」+「年間費用」✕「寿命」で計算することができます。

初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた35万円ほどを見積もっておきます。年間費用には「餌代」「医療費」「ケア用品」「トイレ用品」が含まれ、合わせて20万円程度です。

ボーダーコリーの平均寿命は15年ほどなので生涯費用は35万+20万✕15=335万円と計算できます。

ただ、事故や病気などで医療費が加算されますし、その他予想外の出費は考慮しておいたほうがいいですよ。例えば「胃捻転」にかかると、手術代だけで50万円ほどかかってしまいます。

医療費を抑えるためにも、ペット保険への加入も検討してみてくださいね。

 

生涯費用は少し多めに見積もることが大切

ボーダーコリー 

一度飼育を決めたら最後まで責任を持つことが飼い主さんの責任です。

ボーダーコリーと共に生活していくうえで、何にどのくらいお金がかかるのかを把握しておくことが大切ですよ。