キャバリアの飼い方まとめ。性格や特徴、体重、しつけ方は?

キャバリアはかしこくてしつけがしやすいため、犬の飼育経験が少ない初心者の方におすすめの犬種です。

そんなキャバリアの購入を考えている方のために、この記事では性格や大きさ・体重、しつけ方など、飼育方法を詳しくまとめました。

 

キャバリアの性格は?

キャバ 散歩

性格

  • 明るく陽気
  • 飼い主に愛情深い
  • 寂しがり屋

キャバリアは明るく陽気な性格で社交的です。飼い主さんには特に愛情深く接してくれるので、初心者の方にもおすすめな犬種です。

争いごとを好まず、攻撃性もないので小さい子どもや他のペットとも仲良くしてくれます。どんな人にもすぐに慣れてスキンシップを求めにいく一面があるので、番犬としては不向きですね。

非常に寂しがり屋な性格でもあるので、できる限り一緒に過ごす時間をたくさん確保してあげてください。室内飼いが基本となります。

室内では大人しく過ごせますが、遊び好きな性格なので屋外では様々なものに興味を示す好奇心旺盛で活発な一面も見せてくれますよ。散歩中の事故にはくれぐれも気をつけてくださいね。

 

キャバリアの大きさや体重は?

キャバリア

大きさと体重

  • 体高:30cm
  • 体重:6~8kg

キャバリアの大きさは、体高が30cm前後、体重は6~8kgです。体高よりも体長がやや長めでがっしりした骨格をしています。

食欲旺盛で太りやすく、食べ過ぎた場合に便がゆるくなる等の症状が出にくい体質なので、定期的に体重を計って確認しながら体型をキープしてあげてくださいね。

肥満になると、関節疾患や皮膚病などの病気になるリスクが高まりますので、運動と食事のバランスに気をつけてあげることが大切ですよ。

 

キャバリアの特徴は?

キャバリア_子犬

特徴

  • 大きな目
  • 垂れ耳
  • 飾り毛

キャバリアはイギリス生まれで、社交的な性格と見た目の良さから「騎士」という意味のキャバリアと名付けられました。

大きな目と垂れ耳、被毛、飾り毛が特徴的で、脚・胸・しっぽに生えている羽毛のような飾り毛は、知的で優雅な印象を与えます。大きくてキラキラと光る瞳で見つめられたら、トリコになること間違いありませんよ。

美しい被毛も魅力的ですが、毛玉になりやすいので毎日の手入れを忘れないようにしてくださいね。中型犬に分類されますが、室内でも屋外でも飼育できる犬種です。

 

キャバリアの被毛とカラーは?

キャバ 種類

被毛タイプ

  • ストレート
  • ウェーブ

キャバリアの被毛は「ストレート」と「ウェーブ」の2種類があります。どちらも絹のように滑らかな肌触りで、さわり心地がいいですよ。

被毛カラー

  • ブレンハイム
  • ブラックタン
  • ルビー
  • トライカラー

一般的なカラーは白と茶の「ブレンハイム」ですが、ブラックが際立つ「ブラックタン」、赤茶色一色の「ルビー」、黒と焦げ茶と白の3色がミックスされた「トライカラー」などのバリエーションがあります。

毛の色が違うだけで性格や体格には違いはないので、スタンダードなキャバリアが良ければ白と茶の「ブレンハイム」がおすすめです。

 

キャバリアのしつけ方、コツは?

shutterstock_384298108

しつけのコツ

  • ほめて伸ばす

キャバリアは賢く素直なので、子犬がうちに来てからしつけは開始してくださいね。初心者の方にもしつけやすいですが、ワガママな子に育たないよう甘やかし過ぎずに接してあげてくださいね。

しつけ法は大きな声で叱りつけるのではなく、ほめて伸ばすことがポイントです。遊び好きな性格を利用して、遊びながらしつけるのも有効ですよ。

例えば、トイレの場所を教えるときにはお気に入りのおもちゃを使って誘導してあげると早く覚えてくれます。小さな頃から様々な人や犬とのふれ合いを繰り返し、キャバリアが持つ本来の明るく社交的な性格を生かしながらしつけるのがおすすめです。

犬には「寝床では排泄しない」性質があるので、寝床とトイレをケージで囲う方法もおすすめです。

ケージ内のトイレでしか排泄しないことを簡単にしつけられますよ。

 

キャバリアの理想的な運動量は?

キャバ 運動

理想の運動量

  • 1日2回30分程度

キャバリアは鳥猟犬を祖先に持つ犬なので、1日2回30分程度の運動が理想的です。

幼犬期の頃から筋肉を付ける事は大切ですが、過剰な運動は「関節疾患」のリスクを高めますので、成長に見合った運動量をさせてあげるのがベストです。

室内だけでも過ごせる犬ですが、運動不足はストレスになるので週に1度くらいは広い場所でフリスビーを使って遊んだり自由運動などをさせてあげると喜びますよ。

 

注意点

キャバリアキングチャールズスパニエル

散歩の際の注意点としては、食欲旺盛で道端に落ちているものを食べてしまう事があるので拾い食いしないように普段からしつけるようにして下さいね。

 

キャバリアの飼い方、ケアは?

キャバリア

ケアしてあげるポイント

  • 被毛

大きく垂れた耳はキャバリアの特徴ですが、ムレやすく外耳炎になりやすいので、小まめな掃除が大切ですよ。

外耳炎になると、首や耳を振ったり、耳を引っ掻いたり、体を触られるのを嫌がり攻撃的になる場合もあるので1~2週に1度は、耳の中をイヤーローションと綿棒を使って掃除してあげてください。

また、キャバリアは少し目が飛び出しているため、定期的な目の手入れが欠かせません。

ゴミが付きやすく目ヤニが多く出るので、涙やけや病気になる前に小まめに濡れタオルなどで拭いてあげてください。

キャバリアは豊富な被毛と飾り毛があり、抜毛が多いとしても知られる犬種ですので、皮膚疾患を予防するために被毛の手入れが必要です。

子犬の時期は軽いブラッシングだけで十分ですが、生後一年を過ぎた頃からはピンブラシを使った毎日のブラッシングと飾り毛の入念なコーミングを欠かさないようにして下さいね。

 

キャバリアの購入を考えている方へ

shutterstock_166365449

キャバリアを飼育するポイントは、優しさと愛情を持って接してあげることです。キャバリアは利口なので、飼い主の考えていることを理解しようとしてくれます。

常に愛情を持って接していると、キャバリアが飼い主さんの優しさを理解してくれて、良い関係を築くことができますよ。