犬にたまねぎ、チョコレートはNG!食べてはいけないものまとめ

犬向けのごはんは、さまざまなドッグフードやおやつが売られていますが、「大好きな犬には手作りごはんを作ってあげたい!」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

手作りごはんを、犬がおいしそうに食べてくれると嬉しいですよね。ただし、人間が健康上食べても問題がなくても、犬にとっては危険な食べ物もたくさんあります。

今回は「犬に食べさせていいもの」、「食べさせてはいけないもの」をご紹介します。

 

人間の食べる「加工食品」は犬に食べさせてはいけない

犬_餌

ほとんどの「人間の食べる加工食品」は犬の健康上、あまり良い影響がありません。

お茶や牛乳などの飲料もふくみます。化学物質が含まれているほか、味付けが濃すぎたり、カロリー多過であるために犬の健康に悪影響をもたらしてしまうのです。

「人間のごはんの余りをあげよう」ではなく、犬には犬に合った食事をさせてあげることが大切です。

 

犬の命に関わる食べ物1.たまねぎなどのネギ類

タマネギ

「たまねぎ」は人間にとってはおいしい食材ですが、犬にとっては命に危険を及ぼす食べ物です。

犬がたまねぎを摂取すると赤血球が壊れてしまいます。怖いことですが、「血が溶けてしまう」ということです。「ねぎ」「にんにく」も同様の理由で与えてはいけないものです。

そのまま食べるのはもちろんですが、たまねぎのエキスがしみ出たスープやコンソメが入っている料理も危険です。たまねぎを切ったまな板で、そのまま犬用の食材を切ることがないように気をつけてくださいね。

 

犬の命に関わる食べ物2.チョコレート

チョコレート

チョコレートは「人間の食べる加工食品」のひとつですが、その中でもとくに危険度が高い食べ物です。

チョコレートに含まれる「カカオ」は、犬にとっては中毒症状を起こす物質です。わずかでも致死量に至るので、間違って食べることのないよう気をつけてくださいね。

 

そのほかの犬の命に関わる食べ物

意外と知られていませんが、犬に与えると命に関わる食べ物として「ブドウ」もあります。

ブドウは犬にとって、中毒症状を引き起こしてしまう危険な食べ物です。ほかには「アボカド」も犬に与えてはいけません。脂肪の含有量が多く、食べ過ぎると、エネルギー過剰摂取や下痢、膵臓への悪影響などがあります。

「マカダミアナッツ」などのナッツ類も中毒症状を起こす可能性があるので、与えないようにしてください。

 

犬が食べていいものは何?

shutterstock_154188704

犬が食べていいものとしては、まず、お肉類は「牛肉」「豚肉」「鶏肉」「魚」は食べても問題ありませんが、必ずしっかり火を通してくださいね。脂の部分は、犬にとってはカロリーが高すぎるので避けてください。

野菜では「かぼちゃ」「きゅうり」「レタス」「ブロッコリー」「白菜」「もやし」は食べても大丈夫です。「サツマイモ」や「キャベツ」も食べていいものですが、あげすぎには注意したい食べ物です。

フルーツでは、「リンゴ」「メロン」「ナシ」「みかん」「柿」「スイカ」は食べても大丈夫です。果実のみ与えるようにして、種は与えないように気をつけてくださいね。なお、柿は「干し柿」の場合は与えてはいけません。

 

犬にもアレルギーがある!

犬にも「食物アレルギー」があり、他の犬が食べられるものでも、飼い犬にとっては危険なこともあるのです。

「バナナ」「キウイ」「桃」「いちご」などは、犬にアレルギーがあることも多いので、アレルギー検査をしてから与えるようにしましょう。初めての食品をあげる時は少量からあげるようにしてくださいね。

どんな食べ物でも、長期間にわたって大量に摂取すれば害となってしまうことがあります。人間も同じことですが、バランスのとれた食生活になるよう、気をつけてあげてくださいね。