ペキニーズは多頭飼いに向いていない?噛み癖・吠え癖は?

気ままな性格で飼い主さんに甘えたがり屋なペキニーズ。信頼関係が構築できたかと思えば、不意にそっぽを向いてどこかに行ってしまうこともあるようですよ。

まるで猫のような性格のペキニーズですが、多頭飼いには向く犬種なのでしょうか。この記事ではペキニーズを多頭飼いする際の注意点や噛み癖、吠え癖についてまとめています。

 

ペキニーズは多頭飼いに向いていない?

ペキニーズ 

多頭飼い

  • あまり向かない

本来、犬は群れを成して生活する習性があり、生活を頬下の犬と共にすることで安心感が得られます。1匹の時よりもストレスが減少したり、共同生活から社会性を学べたりするメリットもあります。

ただ、マイペースなペキニーズにとっては多頭飼いはあまり向きませんよ。まず、プライベートな時間を他の犬に壊されることを嫌う性格をしていますし、比較的孤独を好みます。気が向かないときには飼い主さんの呼びかけにも反応しないほどですよ。

他の犬種がじゃれてきたら嫌がって逃げるか、攻撃してしまうこともあります。また、ペキニーズは飼い主さんの独占欲が強いことでもしられています。他の犬に飼い主さんをとられる嫉妬心からストレスが溜まり、他の犬に襲い掛かることもあるのです。

 

ペキニーズの噛み癖や吠え癖は?

ペキニーズ 

 

噛み癖・吠え癖の原因

  • ストレス

ペキニーズの噛み癖や吠え癖は「嫌なことをされた時」に自らを守るためにエスカレートしますよ。例えばペキニーズは抱き上げられることをあまり好みません。猫以上に嫌がる子も多いようです。無理に抱き上げようとすると防衛反応から手に噛み付いたり、とにかく吠え立てたりしますよ。

普段はマイペースでおとなしい性格からあまり噛み癖や吠え癖は気になりませんよ。ペキニーズの性格を理解して、ストレスを溜めないような飼育を心がけることが大切ですね。

 

ペキニーズはストレスに弱い?

ペキニーズ 

ペキニーズはストレスに弱い犬種としても知られていますよ。毛が大量に抜け「円形脱毛症」になる、テーブルの足や電気コードを執拗に噛み切ろうとするなどの問題行動が確認されます。もしかしたら何らかのストレスを感じている場合があるので注意してくださいね。

 

徐々に愛犬の気持ちを理解してあげる!

ペキニーズ 

ペキニーズを多頭飼いするにはかなり気を使う必要があります。あまりおすすめはできませんが、それぞれに独立した空間を準備したり餌のリズムをそれぞれの一番良いタイミングに合わせてあげたりすれば不可能ではありません。

噛み癖、吠え癖などの問題行動はストレスが原因です。猫のようにマイペースで繊細なペキニーズの気持ちを理解するのは大変ですが、每日近くで接してあげることで徐々にわかってくるはずですよ。