ラグドールにおすすめのキャットフード5選!生態の価格や飼育費用もご紹介

白くふわふわの毛並みに青い瞳が特徴のラグドールは、日本でも人気の猫種です。穏やかな性格で抱っこされることを好む姿がぬいぐるみのようだと、その名が付けられたと言われています。

体は大きめな種類になりますが、おとなしくのんびりした性格のため、スキンシップが取りやすいでしょう。子どもに抱っこされても嫌がることがなく、初めて猫を飼うという方にもおすすめです。

そんなラグドールなので、飼ってみたいと思う方も多いでしょう。しかし、実際飼うとしたらいろんな疑問が出てくるかと思います。

大きいラグドール、ごはんの量はどのくらい?
どんなキャットフードを選んであげたら良いのだろう?
ラグドールを飼うなら費用はいくらくらいかかる?

一緒に生活することを考えたら、このように考えるのは当然のことです。そこでこんな疑問を解決するために、この記事を読んでみてください。

ラグドールをお迎えするためにかかる費用から、ラグドールに合うおすすめのキャットフードまで紹介しています。他にも特徴に合わせた選び方や、ラグドールと暮らすのにあれば良いものなどもまとめました。

これからラグドールを飼おうとしている方にはもちろん、既に飼っている方にも役立つ情報かと思います!ぜひ参考にしてみてくださいね。

ラグドールに与える1日の食事量や頻度は?

ラグドール 

1日の食事量の目安

ラグドールに与える1日の食事の量は、年齢と体重・活動用などから計算して決まるので、この量を与えなければならないとは決まっていません。

そのための計算方法をいかに記載するので、愛猫のご飯の参考にしてくださいね。

1日の食事量の求め方

  • 1.RER(安静時エネルギー必要量)を求める
    RER=70×体重(㎏)の0.75乗
  • 2.DER(1日あたりの必要なカロリー量)を求める
    DER=RER(70×体重(kg)の0.75乗)×活動計数
  • 3.1日あたりの給餌量を求める
    DER÷フード100g当たりのカロリー×100

ここで使用する活動係数は、猫の状態によって変わります。以下を参考にしてください。

成猫の場合の活動計数

状態 活動計数
成猫 1.4
去勢・避妊 1.2
老猫 1.1~1.6
肥満 1.0
減量中 0.8
安静 0.8~1.0
  • 成猫:1歳以上で健康かつ去勢・避妊をしていない
  • 去勢・避妊:健康で去勢・避妊をしている
  • 老猫:10歳以上
  • 肥満:太りやすい、または少し太っている
  • 減量中:ダイエットの必要がある
  • 安静:ケガや病気で動けない

子猫の場合の活動計数

状態 活動計数
離乳~3か月 3.0
4か月~9か月 2.5
10か月~1歳 2.0

 

妊娠・授乳期間中の活動計数

状態 活動計数
妊娠前期 2.0
妊娠中期 2.5
妊娠後期 3.0
産後授乳期 4.0~8.0
  • 妊娠前期:妊娠1週目~4週目
  • 妊娠前期:妊娠5週目~6週目
  • 妊娠前期:妊娠7週目~9週目
  • 産後授乳期:授乳開始から離乳まで。子猫の数や成長による

1日に与える頻度の目安

ラグドールの食事の頻度は、1回にまとめて与えるのではなく複数回に分けて与えます。その回数については、ラグドールの年齢によって異なります。

年齢による食事の回数の目安は、下の表を見て参考にしてください。

生後2~3ヶ月 4回程度
生後4~6ヶ月 3回程度
成猫 2回程度
老猫 3~4回

ご飯の回数が多すぎたり少なすぎたりするとどうなる?

食事の回数が多くなってしまうと、常に胃が動いている状態になってしまいます。そうなると胃が休まる時間が減ってしまい良くありません。

また、尿路結石のリスクを高める恐れがあります。逆に食事の回数が少なすぎてもいけません。

一度で消化しようとするため、負担がかかってしまいます。さらに回数が少ないとその食事が脂肪として蓄積され、肥満になりやすくなってしまいます。

愛猫の健康を考えるなら、その年齢に適した食事の回数を守るようにしましょう。

ラグドールに合ったキャットフードを選ぶには?

ラグドール 

良質な動物性タンパク質が豊富に入っていること

約4年間の成長期があると言われるラグドール。その間、良質な動物性タンパク質で、筋肉や体をしっかり作っていく必要があります。

また、肉食である猫の栄養源は動物性タンパク質です。そのため、動物性原材料の割合をしっかり確認してあげるようにしましょう。

ただ、動物性と言っても中には低品質のものもあるので注意が必要です。○○ミートや○○パウダーという表記のものは避けるようにしましょう。

きちんと何の肉が使われているのか明記されているかを確認して、高品質のものを与えてあげてください。

全年齢対象のキャットフードであること

ラグドールはおよそ4年かけて成猫になると言われています。しかし、個体によって成長速度も違うので、いつまでが子猫用、いつからが成猫用と切り替えるタイミングが難しいです。

そこで最初から全年齢対象のキャットフードを与えていれば、切り替えるタイミングを気にする必要がありません。全年齢対象のキャットフードは少量で十分な栄養価になっているものが多く、年齢によって与える量を変えていくことになります。

その量をきちんと守り、健康管理をしてあげましょう。

グレインフリーであること

おとなしいラグドールは、あまり運動をしません。動かないけどご飯はしっかり食べるため、太りやすい猫種であると言えます。

そのため、太りにくいキャットフードを与えることが重要になります。そこで低炭水化物のものを選んであげてください。

炭水化物である穀物は太りやすい成分である上、消化機能の低下や高血糖を引き起こす恐れがあります。

ラグドールにおすすめのキャットフード5選

1:シンプリー

シンプリーキャットフード

シンプリーの総合評価

買いやすさ 価格 コスト
定期購入割引
まとめ買い割引
1.5kg
4,356円(税込)
197円

※コスト:1日あたりの価格。体重5kgの去勢・避妊済の成猫を想定し、定期購入割引後の価格で算出。

おすすめポイント

  • グレインフリー
  • 高品質タンパク質が豊富
  • 動物栄養学者と共同開発

ラグドールにおすすめするキャットフードとして、シンプリーを紹介します。シンプリーキャットフードは、動物栄養学者との共同開発して誕生したキャットフードです。健康にはもちろん、美味しさにもこだわって作られています。

栄養バランスの比率はカナガンとほぼ同じですが、お肉よりも消化しやすい魚類だけで動物性タンパク質を補っているので、猫のお腹の健康にも優しいレシピになっています。オーツ麦やオリゴ糖など食物繊維が豊富な食材が豊富に使用されているので、ヘアボール対策はもちろん、毛玉ケアが必要な長毛種にもおすすめです。

さらにシンプリーは、イギリスの品質管理が徹底されている工場で作られています。毎回検査をすることで、品質の安全が保たれているのです。

2:カナガンキャットフード

カナガンキャットフード

カナガンの総合評価

お試しセット

買いやすさ 価格 コスト
定期購入割引
まとめ買い割引

1.5kg
4,356円(税込)
213円

※コスト:1日あたりの価格。体重5kgの去勢・避妊済の成猫を想定し、定期購入割引後の価格で算出。

おすすめポイント

  • グレインフリー
  • 着色料・香料不使用
  • ヒューマングレード

カナガンは、主原料に動物性タンパク源が豊富な鶏肉をメインに使用している高品質キャットフードです。

タンパク質量37%、脂質量20%を超えているので、成長期の猫はもちろん妊娠・授乳中の猫にもおすすめです。また、低GIで腹持ちの良いサツマイモを原材料に使用しているので、肥満が気になる猫にも適しています。

さらに使用している原材料はヒューマングレードの食材です。人間が食べられる、新鮮で上質なものを厳選しているのです。

カナガンはどの年齢の猫にも食べられる、オールステージ対応のキャットフードです。そのため、子猫でもシニア猫でも食べやすいサイズの粒になっています。

3:ジャガー

catfood_jagar ジャガー

ジャガーの総合評価

買いやすさ 価格 コスト
定期購入割引
まとめ買い割引
1.5kg
4,708円(税込)
211円

※コスト:1日あたりの価格。体重5kgの去勢・避妊済の成猫を想定し、定期購入割引後の価格で算出。

おすすめポイント

  • グレインフリー
  • スーパーフード配合
  • 動物性タンパク80%以上

「ラグジュアリーキャットフード」と言われるジャガーは、鴨肉、鶏肉、サーモンなどの良質な動物性タンパク質を豊富に含む原材料を全体の80%以上に使用した肉類主体のキャットフードです。

鉄分やビタミンを豊富に含む鶏肉・鴨肉の他に、オメガ3脂肪酸を含むサーモン・マスを動物性タンパク質源に採用しており、肉と魚の優れたところを併せ持つフードといえます。

タンパク質量40%以上・脂質20%以上の高タンパク・高脂質フードなので、運動量の多い成猫はもちろん、成長真っ盛りの子猫、妊娠・授乳中の猫にもおすすめです。

\キャンペーン実施中 /
ジャガーの初回購入価格が半額に!

初回50%OFF!
\4,280(税抜)\2140(税抜)
※定期購入の初回価格が半額になるキャンペーンです。

詳しくは、「ジャガー公式サイト」をご確認ください。

4:モグニャン

モグニャンキャットフード

モグニャンの総合評価

買いやすさ 価格 コスト
初回半額
定期購入割引
まとめ買い割引
お試しサービス
1.5kg
4,356円(税込)
125円

※コスト:1日あたりの価格。体重5kgの去勢・避妊済の成猫を想定し、定期購入割引後の価格で算出。
 

おすすめポイント

  • グレインフリー
  • 着色料・香料不使用
  • FEDIAFの基準を満たす工場で生産

モグニャンは、全ての基準をクリアしている高級品質のキャットフードです。

主原料である白身魚は、低脂肪でありながら肉食動物である猫に必要な栄養素であるタンパク質が豊富に含まれています。タンパク質量が30%以上と豊富に含まれていながら脂質は13%と控えめなので、完全室内飼いの猫はもちろん、体重管理が必要な術後や肥満気味の猫にもおすすめです。

さらに猫の体に負担がかかってしまう穀物は一切使用していません。保存料や着色料などの添加物も含まれていないのもポイントの一つです。

愛猫にとって良いものは豊富に、害があると言われているものは使われていないモグニャンキャットフード。猫のことを考えて作られている、安心して与えられるフードです。

\pepy見た方限定! /
モグニャン半額キャンペーン実施中!

初回50%OFF!
\3,960(税抜)\1,980(税抜)
※定期購入の初回価格が半額になるキャンペーンです。

詳しくは、「モグニャン公式サイト」をご確認ください。

5:ファインペッツ

ファインペッツキャット キャットフード

ファインペッツの総合評価

買いやすさ 価格 コスト
定期購入割引
お試しサービスあり
1.5kg
3,772円(税込)
170円

※コスト:1日あたりの価格。体重5kgの去勢・避妊済の成猫を想定し、定期購入割引後の価格で算出。

おすすめポイント

  • 無添加・無着色
  • 肉類原材料85%
  • 消化吸収率87%

ファインペッツは主にフランス産のアヒル肉とオランダ産のニシン肉を使用した、「低脂肪・低カロリー」なキャットフードです。

全粒米が含まれているので穀物フリーではありませんが、アレルギー性の低い原材料のみを使用しているので穀物アレルギーを持っていない猫にとっては良質な栄養源となります。消化吸収率が87%と高いので、消化機能が未発達な子猫や消化機能が衰えてくるシニア猫にもおすすめです。

また、使用する原材料にもこだわりがあります。それは人間でも食べられる食材であること、そして中国産原材料を使用しないことです。

すべての原材料を表示しているので、何が入っているのかきちんと確認ができます。愛猫のために安心して食べさせたいと考える方にとてもおすすめです。

ラグドールを飼いたい!子猫の価格や飼育費用はどのくらいかかる?

ラグドール 
ラグドールのみならず猫を飼いたいと思ったときは、まずは生態の価格相場や飼育費用を知ることから始めましょう。それらを知り、今の生活に無理をせずお迎えできるかを確認できれば、より飼うことをイメージしやすくなるかと思います。

また、寿命が10年以上ある動物です。きちんと最後まで責任もってお世話ができるかも、改めて考える必要があります。

ここではそんなラグドールを飼うためにかかる費用や、お世話に必要なものを紹介していきます。

ラグドールの子猫の価格

子猫価格

  • 18万円

ラグドールの販売価格は18万円前後です。ショータイプや良血の子を望んでいるのであれば、ブリーダーや専門業者を介して購入することになります。

ブリーダーから購入する場合、オスは25万円程度、繁殖も視野に入れられるメスはそれより3~5万円程度高く販売されることが多いです。

年間および生涯のご飯代

年間のご飯代

  • 約62,000円

ラグドールは大型猫なので、他の猫と比べると1日の食事量も多めです。1日あたりの給餌量は70g程度、月に約2kgと考えて計算すると、1ヶ月でおよそ5,200円(※)、年間では62,000円になります。しつけのご褒美におやつを与える場合は、年間で5,000~10,000円ほどの「おやつ代」が加味されます。

ラグドールの寿命は14年前後なので、ご飯代は生涯で約87万円を見積もっておくようにしてくださいね。

※シンプリーキャットフード公式ページの1日の給与量の目安表に基づく計算です。

飼育環境を整えるのにかかる費用

準備しておくもの

  • ケージ
  • 食器類
  • トイレ用品
  • ケア用品

揃えておくと便利なもの

  • キャリーバッグ
  • キャットタワー

ラグドールを室内飼育するにあたっては、ペットフード以外にも「ケージ」「食器類」「トイレ用品」「ケア用品」などが必要になります。総額で2万円ほどなので、揃えてあげてくださいね。

ケージ

ケージは無くても飼うことはできますが、ラグドールがリラックスできるスペースを確保するためにもケージは必ず用意してあげてください。予想外の行動をすることがある子猫を留守番させる時や、病気の時などに動き回らないようにしたい時などにも役立ちますよ。

ケージはストレスを感じにくい2段の高さがあるタイプがおすすめです。価格は1万円程度で購入できますよ。

食器類

エサ入れは100円ショップの物でも構いませんが、傷がつきにくい陶器製かステンレス製のものがおすすめです。大型猫で力が強いので水入れは重たい素材にしないと倒してこぼしてしまいます。結束バンドでケージに縛り付けるなどの対策も忘れないでくださいね。

トイレ用品

猫用のトイレは箱型トイレとシステムトイレがあり3~5000円程度で購入できます。猫砂は猫の好みもあるので、様々なものをためして気に入ったものを見つけてあげてくださいね。1袋500円程度なので1ヶ月2袋とすると年間で12000円程度の出費になります。

ケア用品

ケア用品として「ブラッシング用のブラシ」「シャンプー」「爪とぎ(爪切り)」なども揃えてあげてください。ラグドールは他の長毛種に比べると毛玉はできにくいですが毎日のブラッシングは欠かせません。コームやブラシはそれぞれ1500円程度で購入できます。

猫にシャンプーは必要ないと言われますが、換毛期のシャンプーは抜け毛対策にもなります。ペット用のシャンプーは1500円程度で販売されています。また、猫は爪とぎをする習性があるので爪とぎ用の段ボールか専用の爪切りを用意しておくと安心です。価格は1000~1500円程度です。

ペット用化粧水「AVANCE」で皮膚・被毛のケア!
アヴァンスAVANCE

AVANCE(アヴァンス)は天然温泉成分を配合したペット用化粧水で、多くの飼い主さんから支持されている話題の商品です。

「世界最高峰のヘアケアサイエンス」を応用した世界初の育毛技術で、ペットの健康的な被毛環境をサポートします。日々のブラッシングと併用するだけで、まるでトリマーさんに整えてもらったかのような美しい被毛を再現することができますよ。

天然成分のみでつくられた化粧水なので、薬とは違い副作用の心配はありません。プロのトリマーさんや獣医さんもおすすめする商品ですよ。

AVANCEについて更に詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

揃えておくと便利なもの

その他に揃えておくと便利なものは「キャリーバッグ」「キャットタワー」です。キャリーバッグは病院に連れて行く時や災害の時の避難時に必要になります。価格は3000~5000円で購入できるので用意してあげてくださいね。

また、ラグドールは活発な種類ではありませんが、肥満にならないために運動不足解消としてキャットタワーも用意しておくと便利です。体も大きく、高いところを好む子も少ないので高さは必要ありません。価格は10000円前後で購入できますよ。

ペットのにおいの消臭・除菌に「カンファペット」

カンファペット

トイレやケージの気になるにおいには消臭剤「カンファペット」がおすすめです。カーペットやカーテンなどの布製品にも使用できますよ。

カンファペットは「においを香りで上書きする」一般的な消臭剤とは違い、においの発生源であるアンモニア等を分解・変質させて無害化することにより、におい自体を消し去ることが可能となった消臭剤です。

強力な除菌・消臭力があるにも関わらず、ペットにとっては全くの「無害」です。「財団法人 日本食品分析センター」でもその安全性を認められ、原料には全て人間の食品用として認可されたものを使用しています。目の周りやお尻のケアにも使えるため、目や口に入っても安心・安全ですよ。

初回限定で詰替えパックが1個無料になります。

内容量 ボトル300ml
+詰替え用300ml
価格 1,520円

生涯に必要なおおよその飼育費用

生涯に必要な飼育費用

  • 180万円程度

ラグドールの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」「飼育環境」を合わせた20~25万円程度を見積もっておいてください。また、1年でかかる費用は「ご飯代」「医療費(ワクチン代)」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費(ワクチン代)」を合わせて12万円程度かかります。

ラグドールは尿結石や肥大性心筋症になりやすい猫種なので、万が一のことを考えてペット保険への加入をおすすめします。平均寿命は14年前後なので、飼育費用として180万円程度見積もっておく必要がありますね。

大型猫は想像以上に費用がかかる!

ラグドール 
いかがでしたか?ここまででラグドールとの生活がかなりイメージ出来たかと思います。

初心者にも飼いやすい猫種であるラグドールですが、大型種ということもあり想像以上に飼育費用はかかります。飼育を始めてから後悔することがないように事前の見積もりは必ずするようにしてくださいね。

また、さらに言えば食事も重要です。愛猫と少しでも長く一緒に過ごしたいなら、キャットフード選びが肝心です。人間同様、食べるもので体はつくられます。

毎日食べるものだからこそ、良質なものを与え、健康な体づくりができるようにしましょう。愛猫の健康は飼い主のあなたしか守れません。

この記事がラグドールとの生活に役立てたら幸いです。

↓別のラグドールの記事を読む↓